読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

   ヨブ記

試みの時、耐える力と知恵とを、・・・   真打登場!!

エリフは倒れながら自分の語った言葉に酔っていた。 確かにね、ぴょ! 彼の語った言葉はとっても素敵! 若さの放つ感受性は、 微かな空気の揺らぎにも、心底、心震わせる。 透き通った暁のきらめきは、ためらいがない。 闇の中を突き進んで、 溶け込んでいた…

俺にもひとこと言わせてくれ!

膝がしらが震えている。 声が少し上ずっていたかもしれない。 ぶっ倒れそうな緊張感に、心臓が爆発しそうだ。 初めは物陰に隠れるようにして、 ヨブと三人の友人の話に耳をそばだてていた。 彼らの言葉を聞き漏らすまいと凝視した。 それが、失望の苛立ちに…

答えが見つかるまで、言い続けるぞ!

君は神に反抗するおしゃべりな反逆者だ。 昔から悪人が苦しむのは決まっているじゃあないか! 罪を罰するのは神のためか?そうじゃあない、人のためだ。 よしてくれ!! 神様は私に理由も示さずに私の敵となっておられるのだ。 私は今、神様が私の証人となっ…

いる!いない?いる!いない???どっちなんだ!?

ゾパルは風が過ぎ去るのを待って声を上げた。 彼は忍耐強く自分の時を待っていたのだ。 二人の友がヨブにやり込められているのを聞いていた。 歯痒くて、不愉快だった。 あくまでも自分は「潔白だ」と言い張るヨブ。 彼はあんなに強情っぱりだったかしらん?…

そんなことは百も承知だ! しかし・・・

ビルダデはイラついていた。(# ゚Д゚) 「神は不公平だ」とヨブが口にしたからだ。 いつまでグダグダ言っているんだ! お前に非がなくても息子たちはどうだ。 お前が彼らのすべてを逐一見張っていたのか? とにかくだ、神様に許しを請うのだ。 昔の人の知恵によ…

まずい!? 生卵の白身が?!

『生卵の白身ほどまずいものはない。 それを見ると食欲がなくなり、 食べようと思っただけで吐き気がする!」*1 前回登録した聖書の個所でヨブさんが ちょ、ちょっと待って、ヨブさん!!と呼ぼうとしたけど、 あの状態の彼に言葉をかける勇気もなく、 それ…

苦しみの意味って何だ?!教えてくれ!!!

ああぁ・・・可哀そうなヨブさん! 沢山の友人の中から振るいにかけられて、選ばれた彼らは真の友達。 どうかどうか、ヨブさんを助けてあげて! ヨブさんの悲痛な叫びが耳について、 ひよこはとっても悲しくて、ピヨピヨしているうちに え!!前回投稿日から…

死ぬことを願って・・・

次々と悲報が飛び込んできた。 家畜が奪われ、牧童たちか殺された。 それから子供たち全員が建物の下敷きになって死んだと聞いた時、 ヨブは言った。 『我裸にて母の胎を出でたり 又裸にて彼処(かしこ)に帰らん。 エホバあたえエホバ取り給うなり エホバの…

あまりの悲惨さに、言葉もなく、ただよりそって・・

はて? エリパズは首をかしげた。遅いのだ。もうとっくにヨブからの招待状が届いてもいいころだった。毎年気の合った仲間が集まって、互いに情報を交換したり、意見交換をしながら親交を暖めていた。 どうしたのだ? そんなエリパズの元に、ビルダデの使いが…

答えのない迷路に迷い込んで・・(音声・ヨブ記)

な、何故こんなことが?! ど、どうして?! 平和につつましく生きてきたはずの私。 それなのに、突然、天が裂け、 その隙間から巨大な手が伸びて、 私の心の臓を鷲づかみにして、 振り回して笑う。 答えのない迷路の中で、 夜ごと一人で 泣き叫んでいるあな…