読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

   列王紀

エリシャ、師の後を継いで・・(音声・列王記下)

見た目、清楚でかわいい~! なんて思ったら、 眉毛とお目々がぁ~~!あわわわ。。。。。 ほっとするのは、 かわいい白くまちゃんの登場!! さしもの王国も世代交代で失敗。 12部族も、北と南に分かれて・・ 預言者エリシャはいずこに・・・・ 聴いてわ…

大金持ちのお坊ちゃま・・(音声・列王記上)

偉大なるダビデ王の息子、ソロモンのお話。 大金持ちのお坊ちゃま、 だけど、しっかり政務をこなして・・・。 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【列王記上 01】 - YouTube

微かな望みを胸に・・・・

ユダの王エホヤキンがバビロンに連行されて37年目。 その年の、ユダヤ暦で12月27日のことです。 エホヤキン王は獄家から開放され、 他の捕囚の王様たちとは違う扱いを受けることになりまた。 とゆうのも、 ネブカデネザル王の息子、エビルメロダクが、…

マナセの罪、赦さじ!!

全く惜しいお方を失ったものです。 彼の死は、彼の成しえた宗教改革を頓挫させました。 偉大な業績を残したまま逝ってしまった父。 それは、王子様たちにとって、 神様がユダを見捨てたように思えたのでしょうか。 そろいもそろって、父君の顔に泥を塗るよう…

主に寄り頼んだ王はヨシヤの先にはなく・・・

ヨシヤ様!なぜですか?親切なネコ王の忠告を無視し、変装までして、彼を追いかけたのですか!!(涙)

北も南も、大掃除!

8歳で王となったヨシヤ王は右にも左にもそれることなく・・ やっぱり側近がしっかりしていたんだね。 お父上もお爺様も悪名高き王様でしたけど、 曽祖父のヒゼキヤ王の宗教改革で目覚めた人たちによって 幼子はスクスクと成長なされました。 だから、在位1…

神様は、悔い改める人の涙には滅法弱いのですぅ・・・・

ああ!!なんとゆうことでしょう・・・ 父が築いた砂山を息子が足で踏み崩してしまうなんて!! (о゚∩゚о) !! ヒゼキヤ王の息子マナセは12歳で王となりました。 ヒゼキヤは息子に10年間も王としての見習い期間を設け 共に国務にあたってきました。 それ…

100年後のことなんか・・・

「あなたは死にます。 遺言をお書きになることをお勧めします。」 体中に大きな吹き出物が出来、 そこが膿んで、高熱にうなされている人に、 面と向かって宣言できる人は、この人しかいません。 イザヤです。 それを聞いて、「イヤジャー!!」と 壁に頭を叩…

主の使いが働かれて・・

「恐れるな!」 イザヤから知らされた神様の言葉に、 体が震えるほどの励ましを受けた王ヒゼキヤ。 今日もまた、神殿に出かけて行こうとする王の前に、 見張りの兵が飛び込んで来た。 敵の陣営が騒がしくなっています! エチオピアがアッスリアに宣戦布告し…

恐れるな!!

ヒルキヤの子、宮内卿エリヤキムと書記官セブナ、 それにアサフの子、史官のヨアは、 ラブシャケの品のある顔立ちと物腰、それに流暢なへブル語に驚いた。もしかしたら、捕囚として連れて行かれた、 イスラエル出身の貴族の血を引く者かも・・ 三人はそんな…

ししが暴れて・・・

ああ!悲しいかな!幾度となく、預言者を通し語られた警告にも耳を貸さず、偶像から脱し得なかったイスラエル。十年前に捕囚されたガリラヤ地方の民に続いて、サマリヤの人々も、アッシリアの地にばら撒かれるようにして、住まわされた。このとき、南ユダに…

警告のシグナル響かせても・・・

ユダの王アハズの治世第12年、ホセアがサマリヤでイスラエルの王となり、9年間王位にあった。その間、先祖の悪習慣を続けていたが、歴代の王たちよりはましだった。おや、またアッシリアが攻めてきました。当時、中近東における最大の強国アッシリア。王…

アハズ王、暴走!!

お誕生日おめでとうございます。王子アハズは19歳の誕生日を迎えた。最近、彼には気がかりなことがある。 父ヨタムの健康のことだ。 父は祖父王の遺言を守り、規則正しい生活と、与えられた職務を粛々とこなしていた。長い間念願だった神殿の「上の門」も…

ヨタム、父の後を継ぐ!

勢いに乗って輝ける父親の背は、あまりにも大きくてまぶしく、 息子としてのヨタムは、力のない惨めな存在だった。(_ _|||) でもヨタムは若かったし、内から沸き起こってくる制御しがたいエネルギーに、 時に翻弄されることで、父親の重圧から逃れていた。 …

祭司と王様、同名?

「『息子よ、父の二の舞を踏むな。 高慢になるな。 偶像から離れよ!』アザリヤ様、忘れてはなりませんぞ!」預言者ゼカリヤも、そういい残して亡くなりました。 辛口の助言者。 時に煙たくて・・ その死を嘆きつつ、なぜかほっとする・・ちょ! ちょっと、 …

ちょ! ちょっと、 まった〜ぁ!!

イスラエルの新しい王様はヤラベアム様! イスラエルの初代王様もヤラベアム様。 彼、北王国の首都をシェケムに置いた。 さて礼拝所はどうしょう。 規定のエルサレムまで民が出掛けて、 戻ってこなかったらどうしよう。 エルサレムは遠すぎる! そうだ、民の…

あなたが選んだ道は

シラに下る道にあるミロの家で ユダの王ヨアシに止めを刺したのは 彼の腹心だった。それで、彼の息子アマジヤは イスラエルの王ヨアシ在位2年目に ユダの王となった。『父は子のゆえに殺されべきではない。 子は父のゆえに殺されるべきではない。 おのおの…

なぜ止めた!!重篤のエリシャ、叫ぶ!!

前回、育ての親とも言うべき祭司エホヤダの死に 落胆したヨアシ王のことを書きましたが、 今回は、凛々しく成長したヨアシ王の在位23年目に戻ります。 ご自分の指揮のもと 神殿の修理の献金集めが始まった頃 お隣、イスラエル王国に新しい王様が誕生してい…

神殿は守られたけど・・

ああ、なんとご立派になられたことだろう。祭司エホヤダの目頭が突然熱くなった。 おや、おや、私たちは彼から怠慢を指摘され、 今怒られているところだったな。 小さな可笑しみが彼の口の端にのぼろうとしたのを、 エホヤダはくっと奥歯を噛んでこらえた。…

え!! 可愛くないの??孫ですよ!!!

・・・・・エホシバは絶句した。アタリヤ様が、王子様たちの暗殺を、 企んでおります!!彼女の部屋に忍び込んできた者が 押し殺した声で言ったのだ。アハジヤ・・・つい最近、エヒウに殺された兄弟の名だ。ユダの王だった。 その息子たちをですか!? お母…

こんな人も神様はもちいられて・・・

わぁぁぁぁあ・・ どうしょう・・・ お弟子さんが慌ててて、 間違った人に、間違って油を注いだのでは?え! そんなことは無いって! 神様のお告げだっておっしゃるのね。 預言者エリシャの使者は、 肩で息をしながら、 軍事会議真っ最中の、その部屋の扉を…

あのサウル王家を滅ぼしたようには

イスラエルの王様は今、アハブの子のヨラム。 王様になって5年目です。 と、この年、お隣のユダ王国では、 ヨシャパテ王にかわり、32歳の息子ヨラムが王様に。で、どちらの王様もヨラム様。 それで二人とも親近感を覚えて仲良しに。親密の証にと、 イスラ…

119:一日七たび・・

わたしはあなたの正しいおきてのゆえに、 一日七たびあなたをほめたたえます。 口語訳Seven times each day I thank you for your righteous judgments. TEV

あなたは王になる!!

なんと、エリシャさんはサマリヤからダマスコヘ。 これには神様のご計画があったみたい。彼がダマスコに着くと、すぐにスリヤの王様の耳にも入った。。 といっても彼は今、病床にあって、身動きが取れません。 死者をも生き返らせるという神の人の到来に、 …

あ!この人です!

吹雪いています。それでも、こんな日は心が騒いで、 まだ踏み固められていない場所を探して、 小一時間ほど歩いてきました。屋根に積もった雪が強風で吹き上げられては、 温泉宿の湯煙のように降り注いで幻想的です。 愛犬家がリードを長く伸ばして、 その先…

果たして敵の罠なのか?

サマリヤの町の門は堅く閉ざされて、 不気味な沈黙があった。おい、どうする。何をためらっているんだよぉ、、、 お前が言いだしっぺだろ。ああ・・・ おおいぃぃぃぃ〜〜!! おおいぃぃぃぃ〜〜!! いつの間にか四人は声をそろえて叫んでいた。 小さかっ…

食欲が満たされて・・・

ははは! やつらはもはや、三日と持つまいよ! サマリヤの現状を知っているスリヤ陣営では、 町の門、突破の話題一色だ。それにしても、しぶといではないか?エリシャが何かをすると、期待しているからな。自分の子供が居なくなってもかい?ははは! それで…

明日の朝にはわかること!

ほらね、スリヤのベネハダデ王は怒りをこめてサマリヤを包囲。 ( ̄∇ ̄;)怒りをこめて?だってね、エリシャを捕らえようと派遣した兵士たちが ニコニコ顔で帰ってきて、 あの預言者って凄いな、 何て話すのを耳にしたからです。こしゃくなことを!!o(▼皿▼メ…

十分に飲み食いさせて送り返すのです。

ぶわぁぁぁぁあ!!ひれ伏す従者の体が浮き上がるほどの 強い風圧が一瞬襲って消えた。 驚いて身を起こした彼の目前に、 敵は迫っていたが殺気は消えていた。彼らの目をくらましてください!!ほんの数秒前、 エリシャが発した言葉だ。彼は知らなかったが、 …

おお!! 火の馬! 火の戦車だ!

なに!!また先手を打たれたと!!スリヤの王様はこのところイライラしていた。 それもそうだろう。 イスラエル攻撃計画を立てても、 ことごとく見破られて、 空振りに終わってしまうからだった。スパイがいる! 王は信頼できる家来に、部下たちの身辺を秘か…

これはぁ〜!イソップ物語!?

ゲハジの事件があった後も、 預言者学校は何とか続いていました。それどころか建物が手狭になるほど、 たくさんの人々が集まってきたようです。 ナアマン将軍は自分に起こった癒しの業について 話をしながら帰って行ったので、 それで、預言者学校への関心が…

私の心は、あなたと共にそこにいた。

どうか、これらの品物をお納めください。 私の病が癒され、 真の神様に出会うことが出来たのですから。いえ、私の神様は そのようなものを求められる方ではありませ。 ゲハジはそんな会話を聞きながら思ったものだ。相手は喜んで差し出しているのだもの、 先…

ああ!! 何てことだ、私の罪は許されて・・・

見渡す限り、遮るの物の何も無い場所。 背の低い雑草のたぐいがあたりを覆っているだけ。 そして、その先には、 まだ誰の足跡も付いていない白い砂地が水際まで続いている。彼は馬上でしばらく行き交う風の音に耳を澄まし、 キラキラと戯れながら時をかけて…

その言葉、偽りあらば・・・・

ゲハジはその日、そわそわとして気が落ち着かなかった。 スリヤ王の覚えめでたいナアマン将軍がやってくるからだ。彼はスリヤの王が書いた、とんでもない難問を携えて、 イスラエルのヨラム王のもとにやって来た。 現在も緊張関係にある国からの訪問者は、 …

あのね、エリシャさんもやっちゃいました〜ぁ!!

エエッ!! ここには五つのパンと二匹の魚しかありません!! これで5000人以上の人たちの腹を満たせと???どう考えたって、首をひねったって、出来るわけがありません。 逆さになって、 一回転したって、 どうしょうもありません。でも、やっちゃった…

あなたが一緒でなければ、私は家には帰りません!

ハクチョ〜^^^〜〜ン!!!部屋の中に可愛いくしゃみが七回も続いて、 子供が、ベットの上で目を開けた。 エリシャは部屋のドアを開けてゲハジに言った。 母親を呼んできなさい。!! 転げ落ちるようにゲハジが階段を駆け下りると、 入れ替わるように母親…

あなたのために何かをしたい。

風が心地よかった。 静かに目を閉じて、 エリシャはこの家の女主人のことを思っていた。 あたえられた部屋はいこごちがよく、食事はおいしかった。 いつしか、これが当たり前のようになって、 彼はふと気づいたのだ。 何か、お礼をしなければ・・ 彼は目を開…

ギザギザ耳の白ちゃん、得意顔

あら、白ちゃん、またあの人たちが・・小さな土埃をまとわり付かせながら、その人たちは通り過ぎていった。 いつの頃か、彼女はその人たちに向って軽く頭を下げるようになって、 相手も、軽く頭を下げるようになった。 周期的に彼らは彼女の家の前の道を通っ…

家族が力をあわせれば・・・

彼女は何かよからぬことでも行うかのように、 あたりに目を配って、 それから、そっと両手でドアを閉めた。夫が突然亡くなって茫然自失の日々。 そんな彼女の前に、目つきの鋭い男たちが現れた。昼と無く、夜となく、彼らはやってきて、 彼女がドアを開けな…

この勝負の行方や如何に。

イスラエルの連合軍があたふたとモアブから去ってゆくと、 メシャ王は碑文を建てることを思いついた。 石工たちは王の命じたままに 高さ1.2メートル、幅60センチ、厚さ35センチの 黒く光る立派な玄武岩の表面に文字を刻み付けていった。 今回の戦のき…

エリコからべテルへ

エリヤは一枚の衣をこの地上に残して、 跡形も無く掻き消えてしまった。 エリコの町はその話題で溢れていた。 なんでも弟子のエリシャさんがその後を継がれ、 ヨルダン川の水を止め、川底を歩いて帰って来られたとか・・ そんなことが出来るものかねぇ? モ…

エリヤの神よ!

ビリ! ビリ、ビリッツ!唇が歪み、奥歯がギリギリとなる。 青筋が手の甲に浮かびあがり、 エリシャは着ていた着物を裂いた。大きく踏ん張った足元には 師エリヤの外套が無造作に置かれていた。そのまま、彼は動かなかった。 どのくらい時が過ぎたのだろうか…

イスラエルの戦車よ! その騎兵よ!

川を渡りきって 背後に目をやったエリシャはギョッとした。 ヨルダン川が、何食わぬ顔して、静かに流れていたのだ。彼は、足元に水が迫って来はせぬかと、 慌てて後ずさった。 そして、 そのまま気ぜわしくエリヤの姿を探して、 走った。 何を慌てているのだ…

知っています。でも・・・

『エホバ大風をもてエリヤを天に昇らしめんとし給ふ時・・』その『し給ふ時』とは、 それは預言者仲間には知らされていたのでしょうか? いたのでしょうね。べテルで、預言者のお喋りさんが、 「わし知ってるでぇ〜〜」と、軽率にエリシャに擦り寄ってきたの…

誓ったのです。

『主がつむじ風をもってエリヤを天に上らせようとされた時・・』え!神様、あなたはエリヤさんを召されるのですか?なんて唐突なんだろう。 いや、唐突でないかも。カルメル山での熱い戦いも一過性だった。 人々の驚嘆のため息と熱い眼差し、拍手喝采。 すべ…

エリヤ再び

沖縄では梅雨明け宣言が出されたとか。 こちらはもう少し、 蒸し暑さとお付き合いをして行く事になりそうだ。ひよこのお散歩も、いよいよ「列王紀」の後半に突入です。 アハブ王に続き、 その子アハジヤが北イスラエルの王様になりました。それにしても、 た…

真っ赤な夕日の中で・・

ミカヤは二人の王の前に出ると、 いんぎんに頭をたれて、挨拶をした。 「ミカヤよ、 われらはラモテ・ギレアデと戦って 勝算はあるか、ないか」ミカヤはニコリと笑って言いました。 「大勝利、間違いございませんぞ。 神様が助けてくださいますから」 アハブ…

王は死んだ。家に帰れ。

その日、アラム王の武装は軽装だった。 周囲の兵士たちと然して変わらず、 ごく普通の戦車に乗っていた。 いつもはまがまがしく王の周りを取り囲むべき 親衛隊の姿も目に入らなかった。 「目指すはアハブ王のみだ!! 他の小者には構うな。」 それが敵陣を探…

王妃イゼベルの策略

イゼベルは満足そうに鏡の中の自分に見入っていた。 年月を重ねたけど、 それなりに落ち着きのある美しさが身についていると思った。 体形は輿入れした当時と然して変わらず、 目の輝きも衰えていない。 髪飾りが、綺麗にまとめ上げられた髪につけられた。彼…

神様のお言葉をお忘れか?

アハブ王は手入れの行き届いた王宮の庭で、 地続きのブドウ畑を見ていた。 以前その畑を見学したが、 日当たりもよく、そこから眺める景色は格別だった。 ほしいなと彼は思った。突然、王はフルフルと首を振った。 それから、あごの下のたるんだ皮膚を右指で…