読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

   民数記

道草くって40年(音声・民数記)

道草くって40年! ええっ! ひよこも道草ってとっても好きだけど、 4,40年は長すぎない?! それに砂漠だし! やだ! でもこの民はぐるぐると・・ 約束の地にたどり着くのは大変です。 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【民数記 01】 - YouTube

今日でおしまい民数記・ 

カナンの地・12部族分割の図です。 マナセとダンは二箇所づつあります。 33章は出エジプトからの回想で始まっています。モーセは神様の命令によって、その道順と出来事を記録しておきましたから いつでも正確に神様の恵みを確認できたし、 他の人にそれ…

モーセの声は響き渡って・・

モアブ草原のアラバ渓谷のとある広場に 120歳のモーセは立っていた。 その肌は赤銅色に日焼けし、つやつや輝いていた。その日は、ホレブ(シナイ山)を出発してから 40年目の2月15日のことでした。 モーセを囲む彼らは、エジプトを出たときの民とは…

モーセ、最後のお勤め・・

次期指導者も決まり、モーセの心配は一つ取り除かれました。新しい人口調査も終ったので、神様は言われました。 「さあ、わたしのためにミデアン人と戦うのだ」 というのも、 彼らの女たちにそそのかされたイスラエルの若者が 神様の怒りに触れて亡くなり、 …

後継者ヨシュア

神様はモーセにアバリム山に登るようにと指示しました。 そこに登ると、うるわしい景色が何処までも広がっていました。 モーセはすでにその地に足を踏み入れることを許されていない己を知っていましたから 胸が締め付けられるようなおもいでした。吹き付ける…

二回目の人口調査

民数記の始まりは人口調査からでした。あれから・・・38年 エリコを望むヨルダンのほとりのモアブ草原で 第二の人口調査をおこないました。 あの時はモーセとアロンが指導しておこないましたが 今回はモーセと アロンの子の祭司エルアザルによって行われま…

名門の子・ジムリの虚しい結末・・・

月明かりの中 宿営の外の、汚れたものを捨てる場所で人影が動いた。マントを深々と被っていたが、それは若い女だった。 彼女は女主人の命令で 男でも来ることを恐れるこの場所に たった一人で来ていた。女主人の息子ジムリの姿を確かめ 母親である女主人に報…

神の言葉を曲げて語ることは出来ません・・

三度、生け贄をささげたバラムは もう、神様にお伺いをすることはなかった。 「イスラエルを呪ってください」と祈っても、その答えはわかっていたからだ。彼が、イスラエルの宿営をしばらく眺めていると 神の霊が彼に宿り 激しい感動の波に押し出されるよう…

ロバが話す!!

バラムは乾いた土に鼻をこすりつけるようして、ひれ伏していた。目の前に剣を振りかざした主の使いが立っていた。 もし彼のロバが話しかけなければ、鞭を強くして、この細い道を押し進むはずだった。 ロバが話す??? ばかな。 何を考えていたのだ。 確かに…

蛇をみあげよ!!

アロンの死はモーセにとって、痛手だった。 しかしそれ以上に、 己の命が尽きる日も間じかに迫ったことを感じると、 彼の心も体もふつふつと燃え上がるものがあった。 新しい指導者の育成をさらに強化した。 ある時、ネゲブに住んでいたカナン人アラデの王は…

アロンの後を引き継ぐ者は・・

イスラエルの民は40年間荒野を歩き回り、世代交代が行われてゆきました。新しい年になって彼らはチンの荒野につき、 カデシにテントを張ったときには、40年間の終りのほうでした。そして、そこで女預言者ミリアムが息を引き取りました。そのころ、また、…

汚れた人の友達も汚れた人、その汚れた人の友達も汚れた人、その・・・????

これで契約の箱には以下の三つが保管されました。 ==== 一番最初にマナの入ったつぼが納まり ==== (「これは何だ?」とは・・何だ??) http://d.hatena.ne.jp/pypyhiyoko/20100807/p3 ==== 二番目に 契約の板が納まり

芽を出したアロンの杖

祭司職に対するレビ人たちの反乱と、 レビ人陣営の指導性にたいする、ルベン部族の反逆は、 神様の厳しい裁きで静まった。主はモーセに言われた。 イスラエルの12の族長から杖を集めなさい。 その杖にそれぞれの名前を彫らせなさい。 レビ人の杖はアロンの…

オンは何処に行ったのぉぉ・・・

オンは何処に行ったのぉ・・・ あんな騒ぎの中、オンの名前が出てこないのよね。 彼はきっと民衆の中に紛れ込んだのね。 ** オンは不満だった。 なくなってしまった同志たちのことで・・・彼は助かった命を、亡くなった同志のために捧げようと決めた。 一…

大変なことになってきましたぁぁ・・・

わあアアぁ 大変なことになっていますよ。 これは荒野の何処ででしょうね。 聖書には場所が記されていません。 今までの暴動とは、その内容がちょっとちがうようです。 宿営地が殺気立っていますね。 人々の目が冷たく光っています。 今回は一体何なのでしょ…

青き房を見よ!!

契約の箱が動かない、 モーセが動かないってことは、 神様が賛同していないってことで 微力なイスラエルの民の山登りの結果は知れていました。 ほら、やっぱりね。 彼らが山を登りきらないうち その山に住んでいたアマレク人とカナン人が下ってきて 彼らを打…

偵察隊の報告に引き回される民

さて、モーセの命令によって、各部族から選ばれた12人が、偵察隊として組織されました。 モーセは彼らに行くべきルートを指示すると、彼らは夜、密かに旅立って行った。まずネゲブに行って山に登り、チンの荒野からハマテの入り口に近いレホブまで探りを入…

モーセは特別なのだ・・

モーセの不安は飛び込んできた若いヨシュヤの言葉ではっきりした。 激しい勢いで伝染病が広がっているとゆうのだ。 すでに死人も出ていた。モーセは神様の前に静まりました。 神様の怒りだ。 民の中に蔓延していた不満の種火を消しているのだ そのことが分っ…

三日といわずに・・・

妻の視線を感じたモーセは 「さあて、明日も忙しくなるぞ」 と大きな伸びをした。日ごろ彼女には言い知れない苦労をかけて来た。 だからと言って、あえて口にはしなかった。 自分の気持ちは分っているはずだ、とも思っていた。仕事に追われて 家のことはすべ…

アロン、お前もか!!

モーセが選んだ長老70人が直ちに集められ、会見の幕屋の回りを取り囲んだ。 (といっても二人だけは都合で出席できなかったのですが・・)モーセが、会見の幕屋の中に入ると、神様は語られました。 『私は、お前に与えた霊と同じものを、彼らの上にも注ごう』…

わぁぁぁぁ・・神さまって、かっこいいぃぃぃ・・・・・・                 (≧∇≦)ノ彡 バンバン!

お手並み拝見と思っていたのに・・・指導力を発揮してきた彼が、ここに来て弱気になってしまいましたよ。 ホバブ(モーセの妻の兄弟・義弟)に去られたことが、彼にとって痛手だったのだろうか? モーセ!! どうしたのぉ・・・それがね、彼の引き入るイスラ…

希望の旅立ち・三日進んで・・

出立の準備に追われる、そんな慌ただしい中で モーセは妻の兄、ミデアン人のリウエル(イテロ?)の子ホバブに言った。 妻の父イテロはかって、モーセにその荷を軽くするようにと助言したことがあった。 その後、彼は娘と孫をモーセに引き渡して帰っていった…

ついに時が満ちて・・・   (*ゝω・)ノ

エジプトを出てから二年目の正月、 イスラエルの人々は過ぎ越しの祭りをしました。それは神様がお定めになったもので ユダヤ暦の1月の14日の夕暮れでした。大切な儀式の時でも、いや、だからこそでしょうか 神様のきびし〜い掟によって 参加することの出…

落成式

今日の箇所は以前登録した箇所の補足です。 会見の幕屋が完成し、www(^▽^) モーセは一人その中に入って清めの油を振り掛けました。これで彼は 神様にお伺いを立てるたびにシナイ山に登ることも無くなりました。 彼だって、もうだいぶ身体を酷使している…

せんえつですが・・これから大胆なことを企てておられる方がおられましたら・・

神様はご自分が住まわれる幕屋だけでなく、 選民イスラエルの人たちが天幕を張るその場所でさえ 神様の基準に達しない汚れた者をおくことを拒まれました。だから、ある一定期間が過ぎるまで、宿営の外に出されたのです。 たとえば、死体にふれた人とか・・とこ…

選ばれたレビ人

この前、数えなかったレビ人のことですが・・・祭司はアロンとその子供たちが勤めていました。 彼の二人の子どもはご奉仕中に規則を破り、死んでしまっていました。 二人に子どもでもいれば、祭司の勤めを継ぐことが出来たのですが あいにくと子がおりません…

民数記はじまりぃ〜〜

民数記とあるように、ここでは人口調査をしました。 初めに部族の代表を選び、その人に指示をして調査をしました。 といっても女、子どもや年寄りは数には入っていません。二十歳以上の男子の数を部族ごとに数えました。 その結果、60万3550人とでました。 …