読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

捕囚の果てにかすかな希望が・・・

ヒゼキヤ王の子のマナセ。 マナセ王の子のアモン。 アモン王の子のヨシヤ。 ヨシヤ様。 8歳ですって!! 王位に就かれたのがです。 父君は道をはずし、その目に余る行為に、 業を煮やした家来たちによって暗殺されています。 息子ヨシヤは優秀な養育者によ…

すべてのおきてと定めとに従うなら・・・

ヨタム王の子のアハズ。 アハズ王の子のヒゼキヤ。 ヒゼキヤ王の子のマナセ。 父王があまりにも偉大すぎたのか、 息子マナセは父に背を向けて歩きました。 なんと神殿の庭に偶像の祭壇を築き、 神殿にその像を安置してしまいました。 占い、魔法、まじない、…

試みられる私は、はたして・・・

ヨアシ王の子のアマジヤ。 アマジヤ王の子のウジヤ。 ウジヤ王の子のヨタム。 彼の父の失敗は傲慢と自尊心でした。 ヨタムは父の失敗から注意深く離れ、 主の良しとされることをしました。 大きな建築工事をいくつもこなし、 勇敢に敵と戦って国力を強めまし…

傲慢になるな・・・わかっちゃいるけど・・

息子アハジヤの死を聞くと、母親のアタリヤは席を立った。 息子の死を嘆くことよりも早く、彼女の脳裏に閃いたのは、 幼い王子たちに代わって、自分が政権をとることでした。 だから、 アハジヤの子の王子様たちは?って探し回っても無駄。 哀れ、アタリヤの…

ソロモン、レハベアム、アビヤ、アサ、ヨシャパテ、ヨラム、アハジヤ、さて、その次は?

ソロモンの子レハベアム。 彼は、愚かな王だった。 彼の代で、瞬く間に輝ける王国はその頂点から転げ落ちたのだ。 12部族中、10部族が彼に失望して離れ、 エジプトの王、シシャクが財宝を奪って行った。 老いて気弱になった父が、妻たちの偶像に寛容にな…

キラキラと神殿と宮殿が輝いて

朝日を浴びてキラキラと神殿と宮殿が輝いています。 人づてにその素晴らしさは周辺諸国にも広まってゆきました。 ある夜のことでした。 ソロモンに神様が語りかけられました。 『あなたがもし父ダビデの歩んだように わたしの定めとおきてとを守るならば、 …

神の霊が宮に満ちて・・

今日から歴代志Ⅱです。 ソロモン王の時代ですう~。 いよいよですね、神殿建築が始まります~。 その前に。 ソロモンは即位後、イスラエルの人々を引き連れて、 ギブオンの聖所で神様を礼拝しました。 その夜、神様がおっしゃいました。 「お前のほしいもの…

サウルからダビデへ・・関係ないけど雲の写真、目がくっきりと!

ははは、はぁ~! ぴょンぴょンぴょんと、カタカナの海を飛び越えて、 9章まで飛び越して、10章で~す。早いでしょ! 散々ダビデを追い回したサウル王様の 最後を書かなければなりませんが、 結構かわいそうな場面です。 息子ヨナタンの戦死を知らされて…

振り出しに戻って・・・☆

沢山名前が出てきたので、書き出してみたけど、 途中でつながらなくなってしまった。 でも、 マタイの福音書の始めに出てくる名前とかが重なっていたので・・ やれやれです。 以前もやったかもしれませんが、 聖書に登録されている66冊の名前を鉄道唱歌で…

私は苦しんで・・・

『どうか、あなたが豊かに私を恵み、 私の国境を広げ、 あなたの手が私と共にあって、 私を災いから免れさせ、 苦しみを受けさせられないようにしてください』 カタカナ攻めの中にオアシスが。 ヤベツの祈りだ。 なんでも彼の生れるとき、難産だったらしくて…

急に暑さを感じてしまった!!

列王記も先週で終り~~!! 次は歴代志。 ややっ!! カタカナ文字の羅列!! こ、これはどうしたものでしょうか! マタイによる福音書は、アブラハムから始まっているけど、 これは、アダムからです! それに内容的にも、今までの記事とダブっているし~~…