読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

私は昔のことを思い出し・・

詩篇143: 私は昔のことを思い出し、 あなたのなさったすべてのことを思い巡らし、 あなたの御手の業を深く味わっています。 私は、あなたに手を差し伸べ、 私の魂は、乾ききった地のように、 あなたを慕います。 現代訳 I remember the days gone by: I …

感謝にあふれて過ごすために・・

私は神様に祈りました。 「神様。あなたは唯一の隠れ家です。 あなただけが、無事に守ってくださるのです。 窮地に追い込まれた私の叫びを聞いてください。 迫害する者どもの手から、 救い出してください。 相手は強すぎて、とても手に負えません。 どうか、…

愚痴を悩みをさらけだして・・・

私は主に向かい、声をあげて叫びます。 声をあげ、主にあわれみを請います。 私は御前に自分の嘆きを注ぎだし、 私の苦しみを御前に言い表します。 私の霊が私のうちで衰え果てたとき、 あなたこそ、私の道を知っておられる方です。 新改訳 私は声を出して、…

おお!の~お!おの・・こ!!

詩編:141より 正しい者が愛情をもって私を打ち、 私を責めますように。 それは頭に注がれる油です。 私の頭がそれを拒まないようにしてください。 新改訳 神様を敬う人の厳しい忠告は、 親切心からでたものです。 非難されるように感じても、 結局は薬と…

出来る?出来ない? 口に封印。

主よ、わたしはあなたに呼ばわります。 私の祈りを、 見前に捧げる薫香のようにみなし、 わたしのあげる手を、 夕べの供え物のようにみなしてください。 主よ、わが口に門守を置いて、 わがくちびるの戸を守ってください。 悪しき事にわが心を傾けさせず、 …

彼の支えとなったのは・・

詩編140 『わたしは主に言います。 「あなたはわが神です。 主よ、わが願いの声に耳を傾けてください。 わが救いの力、主なる神よ わたしは主が苦しむ者の訴えを助け 貧しい者のために正しいさばきを 行われることを知っています。 正しい人は必ずみ名に…

心の内を知るって・・・  139

神よ、 どうか、わたしを探って、わが心を知り、 わたしを試みて、わがもろもろの思いを知ってください。 わたしに悪しき道のあるかないかを見て、 わたしをとこしえの道に導いてください。 (口語) 神よ ねがはくは我をさぐりて わが心をしり 我をこころみ…

試みの時、耐える力と知恵とを、・・・   真打登場!!

エリフは倒れながら自分の語った言葉に酔っていた。 確かにね、ぴょ! 彼の語った言葉はとっても素敵! 若さの放つ感受性は、 微かな空気の揺らぎにも、心底、心震わせる。 透き通った暁のきらめきは、ためらいがない。 闇の中を突き進んで、 溶け込んでいた…

俺にもひとこと言わせてくれ!

膝がしらが震えている。 声が少し上ずっていたかもしれない。 ぶっ倒れそうな緊張感に、心臓が爆発しそうだ。 初めは物陰に隠れるようにして、 ヨブと三人の友人の話に耳をそばだてていた。 彼らの言葉を聞き漏らすまいと凝視した。 それが、失望の苛立ちに…

答えが見つかるまで、言い続けるぞ!

君は神に反抗するおしゃべりな反逆者だ。 昔から悪人が苦しむのは決まっているじゃあないか! 罪を罰するのは神のためか?そうじゃあない、人のためだ。 よしてくれ!! 神様は私に理由も示さずに私の敵となっておられるのだ。 私は今、神様が私の証人となっ…

いる!いない?いる!いない???どっちなんだ!?

ゾパルは風が過ぎ去るのを待って声を上げた。 彼は忍耐強く自分の時を待っていたのだ。 二人の友がヨブにやり込められているのを聞いていた。 歯痒くて、不愉快だった。 あくまでも自分は「潔白だ」と言い張るヨブ。 彼はあんなに強情っぱりだったかしらん?…

そんなことは百も承知だ! しかし・・・

ビルダデはイラついていた。(# ゚Д゚) 「神は不公平だ」とヨブが口にしたからだ。 いつまでグダグダ言っているんだ! お前に非がなくても息子たちはどうだ。 お前が彼らのすべてを逐一見張っていたのか? とにかくだ、神様に許しを請うのだ。 昔の人の知恵によ…

まずい!? 生卵の白身が?!

『生卵の白身ほどまずいものはない。 それを見ると食欲がなくなり、 食べようと思っただけで吐き気がする!」*1 前回登録した聖書の個所でヨブさんが ちょ、ちょっと待って、ヨブさん!!と呼ぼうとしたけど、 あの状態の彼に言葉をかける勇気もなく、 それ…

苦しみの意味って何だ?!教えてくれ!!!

ああぁ・・・可哀そうなヨブさん! 沢山の友人の中から振るいにかけられて、選ばれた彼らは真の友達。 どうかどうか、ヨブさんを助けてあげて! ヨブさんの悲痛な叫びが耳について、 ひよこはとっても悲しくて、ピヨピヨしているうちに え!!前回投稿日から…

死ぬことを願って・・・

次々と悲報が飛び込んできた。 家畜が奪われ、牧童たちか殺された。 それから子供たち全員が建物の下敷きになって死んだと聞いた時、 ヨブは言った。 『我裸にて母の胎を出でたり 又裸にて彼処(かしこ)に帰らん。 エホバあたえエホバ取り給うなり エホバの…

あまりの悲惨さに、言葉もなく、ただよりそって・・

はて? エリパズは首をかしげた。遅いのだ。もうとっくにヨブからの招待状が届いてもいいころだった。毎年気の合った仲間が集まって、互いに情報を交換したり、意見交換をしながら親交を暖めていた。 どうしたのだ? そんなエリパズの元に、ビルダデの使いが…

それはこの男です!!

はっ! アハシュエロス王は突然目が覚めた。 外はまだ真っ暗で、 床についてからいくらも時が立っていなかった。 こんなことは未だかってなかったことで、 王は寝返りをうって、目を閉じた。 しかし、頭はさえるばかりで、 とうとう横になっているのが辛くな…

どうぞお二人でいらしてくださいませ

王妃エステルが身をかがめている王宮の内庭の先には、 王の謁見の間があった。 王は玉座に座してふと見ると、王妃エステルが内庭に入っているのがわかった。 はて?王は不審に思いながらも、手にした金の笏を急いで延ばした。王が笏を差し伸ばさなければ、た…

愛が目覚めたいと思うときまではj・・・(音声・雅歌)

壁ドンどころではありませんよ! 聖書の中にこんな箇所があるなんて!! 驚き桃の木山椒の木!! ふ、古い、ふるすぎまする~う。 目からうろこの聖書箇所! あのソロモン様が書かれたとか。 シュナミの女は 老いたダビデ様の湯たんぽ代わりに選ばれた、 絶…

富と権力と知恵を手にしてもなお悩むことは・・・(音声・伝道の書)

あのソロモン様が、 その名声を当時の全世界に鳴り響かせていたとき、 ふとよぎる彼の顔の憂いの影を、見た人がいたのか? 地面をつついて命をつないでいるひよこにとって、 贅沢な悩みだと・・ぴよ、ぴよ。。 「生きるって何だろう?」って、 ひよこだって思…

今、そのことのために命を賭して・・・・

まぁぁ!! 王妃エステルの身の回りの世話をする侍女たちは、ため息をついて顔を見合わせた。 今日、王妃の身支度にはいつもより時間をかけた。王妃はこの日のために身を清め、三日間の断食をした後だった。そしてさらに身を清めて、 真新しい王妃の衣装をま…

人の口の言葉は・・(音声・箴言2,3)

人の口の言葉は深い水のようだ、 知恵の泉は、わいて流れる川である。 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【箴言2】 - YouTube 金や銀は、 火で精錬されるが、 人の心は、 他人の賞賛にどう反応するかで試される。 国が乱れると、 次から次へと指導者が変わ…

おろかな者を百回むち打つよりも・・・(音声・箴言)

生みの親の言うことを聞き、 年老いた親を大事にしなさい。 正しい人は、親を大いに楽しませ、 賢い人は、親を喜ばせる。 あなたの父と母を喜ばせ、 あなたの産んだ母を楽しませてあげなさい。 思慮ある人は、危険を見ると、これを避け、 未熟な者は、進んで…

堪忍袋の緒も切れて・・・

二日目のことです。すべての民の家長たちは祭司やレビ人と共に書記官エズラのもとに集まりました。昨日聞いた律法を、もっとくわしく知りたかったからです。するとそこに、七月の祭の間、仮庵(かりいお)に住むようにと 書かれているではありませんか。彼ら…

財産は親から譲り受けることが出来るが・・・(音声・箴言)

白髪は栄光の冠、 その先を行く輝ける人は??????? さらなる高みへ。。。。 財産は親から譲り受けることが出来るが、妻は・・・ 買い物では難癖付けて買っておいて、そのくせ・・・ 家の中で争いを好む女と一緒にいるよりも、・・・・ はははぁ!こん…

金言満載の宝石箱をあなたに・・(音声・箴言1)

箴言って日めくりカレンダーのようです。 短い言葉の中にこめられた内容が深い。 かめばかむほど、ジワリと来ます。 だから、毎日ほんの少しづつでもOK! 実践的で、即実行!! なんてことも・・・ まだ心が柔らかいとき、 人生の荒野を一人で歩き出す前の…

喜べ!元気が出るよ! 何を喜ぶの???

久しぶりに顔を上げて朝の光りの中に身をおいたネヘミヤ。このところ、貧しい者たちの訴えに、どのように対処しようかと思案していた。ひざまずけば、そのことが口をつき、神様のお心を探った。そんな日々の後、言うべき言葉、すべき事が見えてきて、彼は頭…

あなたは数えきれないほど何度も私を・・

神よ、あなたのもろもろのみ思いは、 なんとわたしに尊いことでしょう。 その全体はなんと広大なことでしょう。 わたしがこれを数えようとすれば、 その数は砂よりも多い。 わたしが目ざめるとき、 わたしはなおあなたと共にいます。 口語訳 主よ。 あなたが…

皮肉を言ったりしますが、おべっかは使いません。 (音声・イザヤ書)

あら! 預言者イザヤさんのお名前がこんなところに・・なつかしいわぁ~! たしか、お名前には「主(しゅ)の救い」という意味があるんでしたね。 預言者が働き出したのは幼いサムエルちゃんの物語が始まったあたり、サムエル記のころからで、ダビデ、ソロモ…

139:まだできあがらないわたしのからだを・・・

あなたの目は、 まだできあがらないわたしのからだを見られた。 わたしのためにつくられた わがよわいの日の まだ一日もなかったとき、 その日はことごとくあなたの書にしるされた。 口語訳

困難に効く薬は・・祈り

また書いてしまったけど、ああなんて不思議なんでしょう!! 約50年間のバビロン捕囚後には必ず故国に連れ戻すと 預言者の口を通して明らかにしていたとはね。 バビロンを倒したペルシャのクロス王のおかげ。 クロス王を用いた神様のおかげ。 民の悔い改めの…

わたしの涙と叫び・・受け止めてくれる人がいるだろうか・(音声・詩篇5)

わが魂は悲しみによって溶け去ります。 み言葉に従って、わたしを強くしてください。 詩篇:107篇~118篇 119篇~129篇 130篇~139篇 140篇~150篇 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【詩編5-01】 - YouTube

わたしの喜びのみなもとは・・(音声・詩篇4)

詩篇: 90篇~ 99篇 100篇~106篇 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【詩編4-01】 - YouTube

あなたの口を大きく開けよ・・(音声・詩篇3)

詩篇74~81 82~89 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【詩編3-01】 - YouTube

悩めるときのいと近き助けは・・・(音声・詩篇2)

聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【詩編2-01】 - YouTube

部屋の片隅で震えているあなたへ(音声・詩篇1)

あまりにも深い暗闇の中で 光りを見失った私 舌はのどの奥におさまって びくともしない 助けを呼ぶ声も萎えて 部屋のすみで震える私。 闇の中で風に揺らぐともし火 大きな輝く光へと導く望み 命のともし火 私の心の叫び 詩篇。 詩篇: 1篇から 9篇まで 1…

黄門さまの印籠よろしく・・・

故国エルサレムで神殿が再建築され、 規則正しく礼拝が成されるようになったとの吉報は、 バビロンにいる同胞に、故国帰還の思いをさらに募らせました。 あっとゆうまに月日は流れたそんなある日、 バビロンにとどまっていた祭司、アロンの血を引くエズラの…

答えのない迷路に迷い込んで・・(音声・ヨブ記)

な、何故こんなことが?! ど、どうして?! 平和につつましく生きてきたはずの私。 それなのに、突然、天が裂け、 その隙間から巨大な手が伸びて、 私の心の臓を鷲づかみにして、 振り回して笑う。 答えのない迷路の中で、 夜ごと一人で 泣き叫んでいるあな…

王の心は主の手のうちにあって・・

「神様! 神殿建築を再開させてください。」 それは、 祈りのたびごとに、口をついて出る言葉だった。 すでに宮の建設は二年も中断していた。 ある日、預言者ハガイと、ゼカリヤは、 祈りの中で神様からのお言葉を頂いた。 「民を励ませ! 神殿建築を再開さ…

このためにあなたは選ばれた・・(音声・エステル記)

今尚続いている、プリムの祭の起源となったお話です。 ペルシャがバビロンを滅ぼしてのにち、 有志のユダヤ人はエルサレムに帰って行きましたが、 まだ沢山の同胞が捕囚の地に残っていました。 ひょんなことから、 ペルシャの王クセルクセス王(アハシュエス…

139:あなたは最もよくわたしを知っておられます。

あなたはわが内臓をつくり、 わが母の胎内でわたしを組み立てられました。 わたしはあなたをほめたたえます。 あなたは恐るべく、くすしき方だからです。 あなたのみわざはくすしく、 あなたは最もよくわたしを知っておられます。 口語訳

また会いましょう!!

「7月にまた会おう!!」 懐かしいエルサレムのその場所で、 そんな言葉を掛け合いながら、 彼らは自分の故郷へと散って行った。 それはバビロンからの長旅のあとのことで、 祭司やレビ人、それに一部の一般人は エルサレムや近場の村々に住むことにして、 …

大奮闘!ネヘミヤさん!(音声・ネヘミヤ記)

今回はアメリカ第16代大統領のお顔を拝借。 いつ見ても凛々しいお顔です。 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 ネヘミヤ記 - YouTube

139:やみも光も・・

「やみはわたしをおおい、 わたしを囲む光は夜となれ」 とわたしが言っても、 あなたには、やみも暗くはなく、 夜も昼のように輝きます。 あなたには、 やみも光も異なることはありません。

エレミヤの預言が・・

「ペルシャ王クロスの元年に主は・・・私に命じられた。」 ふむふむ、え! どっかで読んだような?? 終ったばかりの「歴代志・下」の最終章にあった言葉では! 一体何を命じられたのでしょう? 「主飲み屋を」 え!え!変換間違いだ! 「主の宮を建てよ!」…

え!本当なの!ほっぺつねって!(音声・エズラ記)

思いもかけない帰還の話。 神殿建築の許可も下り、 心躍る彼ら。 しかし、 エズラ記の最後は厳し~い!! 聴いてわかる聖書 ダイジェスト版 【エズラ記 前編】 - YouTube

139:わたしがあけぼのの翼をかって

わたしがあけぼのの翼をかって 海のはてに住んでも、 あなたのみ手はそのところで私を導き、 あなたの右のみ手はわたしをささえられます。 口語訳 たとい朝風に乗り、 地球の果てまで飛んで行こうと、 神様の力強い腕は、 私を導き、支えてくださいます。 リ…

捕囚の果てにかすかな希望が・・・

ヒゼキヤ王の子のマナセ。 マナセ王の子のアモン。 アモン王の子のヨシヤ。 ヨシヤ様。 8歳ですって!! 王位に就かれたのがです。 父君は道をはずし、その目に余る行為に、 業を煮やした家来たちによって暗殺されています。 息子ヨシヤは優秀な養育者によ…

エリシャ、師の後を継いで・・(音声・列王記下)

見た目、清楚でかわいい~! なんて思ったら、 眉毛とお目々がぁ~~!あわわわ。。。。。 ほっとするのは、 かわいい白くまちゃんの登場!! さしもの王国も世代交代で失敗。 12部族も、北と南に分かれて・・ 預言者エリシャはいずこに・・・・ 聴いてわ…

139:あなたはそこにおられます

わたしはどこへ行って、 あなたのみたまを離れましょうか。 わたしはどこへ行って、 あなたのみ前をのがれましょうか。 わたしが天にのぼっても、 あなたはそこにおられます。 わたしが陰府に床をもうけても、 あなたはそこにおられます。 Where could I go …