ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ハムの告げ口・・

エデンの園を、神様との約束を破ったため追い出された、アダムとエバ。

その家族が増え広がって、またまた罪が蔓延し、大洪水によって滅ぼされます。

そんな中ノアの家族だけは、箱舟に乗って難を逃れ、

祝福されて繁栄してゆきました。

どうしたわけでしょうか・・その日・・

ノアはぶどう酒を飲んで酔いつぶれてしました。

気が緩んだのか、すっぽんぽんだったわけ・・

それを、末っ子のハムが見て

     『父ちゃんが丸出しで寝てるよぉ・・可笑しいなぁ・・」

それを聞いた兄ちゃんたちは

父の恥を見ないようにして布をかけてあげたんだとか・・・

そのことのゆえにハムの家系は呪われてしまうんですねぇ・・

他の子孫たちは地に増え、東の方にある、バビロンの地に住みつきます。

特に兄セムの家系からアブラハムがうまれ、神様のお目にとまります。

それはともかく、その頃は言語は一つ、

新しい町を建設しようと話が進みました。

計画は瞬く間に進み、

さらに勢いに乗って高い塔を建て、神のようになるんだと張り切り出しました。

そんな人間の高ぶりが神様の耳にとまります。

     『やれやれ困ったものだ。

      このまま思いどうりに事が運んだら、何をしだすか分かったものではない

      言葉を乱そう。そうすれば、建設は進まず、人々はばらばらになるだろう』

そして、その通りになちゃいましたぁぁ・・

この都の名前が バベル「(混乱)の意」です。


・・・

音声もありま~す!!

http://www.youtube.com/watch?v=BJogOI0Z5pI




(●^o^●):::::::

     あの時のまま、世界中が一つの言葉で統一されていたら・・・

     ああぁ・・語学で苦しまなくってもいいのになぁ〜

     あの時のまま、世界中が一つの言葉で統一されていたら、

     戦争とかの争いはもっと減っていたかもしれませんねぇ。

     あのまま塔が完成していたら、もぉっと恐ろしいことになっていたのでしょうか??

     一つ屋根の下に住んでいても、同じ言葉を使っていても、

     肌と肌とを温めあっていても、心が遠く離れているとしたら、悲しいですね。


     あなたの言葉が人の徳を高める言葉となりますように。

広告を非表示にする