読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

サライ、ハガルをさしだす・・・

サライは焦っていた。
あれから10年。何も変わらなかった。
    わが家は祝福され、星の数ほどにも増え広がるというのに・・・・

彼女は悩みぬいた末
エジプトから連れてきた女奴隷ハガルを、
夫の側女として与えることにしました。
若いハガルはすぐ子供が授かり、サライはほっとします。

しかし、日に日に満ち足りてゆくハガルを見るにつけ、
サライは、自分の存在を否定されているような気がしてなりません。
そうして、ハガルの立ち振る舞いのことごとくが、
自分を見下げているように感じられました。
堪りかねたサライは、アブラムに言います。

     「あなた、ハガルを叱ってくださいな。
      あの子はわたしが主人だということを忘れているんだわ。
      あなたも、あなたよ。ハガルに甘すぎますよ!!」

アブラムはそんな妻の言葉にくさくさしていましたから

     「おまえの奴隷じゃあないか。勝手にするがいいさ!!」

と、突き放しました。
サライはぷりぷりしながら夫のもとをさると、
ハガルを自分の目の届くところにおいて、絶えず責め立てました。

ハガルは逃げました。行くあてなどありはしないのに・・・・。
  喉が渇き
  疲れ果て
  荒れ野をさ迷って
泉を探しあて近寄ると、そこに主の使いが立っていました。

     「ハガル。どうしたのだ」

主の使いが優しく言いました。
ハガルは心細さから主の使にすがり付きたいほどでした。

     「女主人のいじめに耐えられなくて・・」
     「辛抱するんだよ、ハガル。
      あなたの子孫は神さまに守られているよ」

どっと押し寄せる安堵感に、彼女は涙を流しながら叫びました。

     「あなたこそエル・ロイ(わたしを顧みられる神)です」

ハガルは主の使いの言葉を胸に、
主人のもとに戻り、辛さを耐えて男の子を産みました。
名はイシマエル(神は聴いてくださる)

アブラム86歳の初子でした。

・・・・
音声、ありま~す!!
http://www.youtube.com/watch?v=AzYs7AyP6hQ



(●^o^●)*****
           サライの苦肉の策から、
           ギクシャクしてしまったアブラム夫婦、
           いったいどうなるのでしょうか?
           それに、イシマエルですが・・
           すべての兄弟に逆らって生きるんだって・・
                    彼はアラブ人の祖先・・


あなたの家庭が平和でありますように・・