読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ヨセフの名も知らない王がたてられて・・

                         

「はじめに神は天と地とを創造された。・・」
これは、聖書のはじめの文章です。
とてつもなく大きな想像力を必要とする文章で始まっています。

自然界が創られ、そしてアダムとエバが創造されました。
このまま行けば神さまと素晴らしい関係が続いていったのですが・・・

神さまとの約束を破ってしまった彼らを待っていたのは、厳しい現実でした。
楽園を追い出され、罪に罪を重ねてゆく、アダムとエバの子どもたち。
その末裔は、
なんと大洪水によって滅ぼされます。

そして新たな神さまとの契約がなされました。
それがアブラハム、イサク、ヤコブの家系でした。
神さまとの新たな約束とは、
『この民は大いに繁栄し、約束の地へ、連れて行こう』
と言うものでした。

創世記はヤコブの子ヨセフから、ヨセフの11人の兄弟に受け継がれたところで終っています。
死してなお彼らの望みは、
民は繁栄し、乳と蜜との流れる地へ導かれるという揺ぎ無い信仰でした。

当初エジプトへくだったヤコブたちは70人そこそこでした。(以後、イスラエル人)
その小さな群れがヨセフの偉大な功績によって優遇され
見る見るうちに、人も財も増えてゆきました。

その間にも舞台は回っていたんですねぇ。

いまや優遇してくれたパロ王も、ヨセフの名を知る者も絶え、
純粋だったイスラエル人の信仰も薄れていました。
しかし増え続けるイスラエル人の勢力は
エジプト人の脅威でもありました。

新しい王が立てられるとすぐに、
彼らの力を削ぐために重労働によって苦しめ
あげくは生まれた子どものうち、
男の子は皆、殺すようにと命令を下しました。

そんな暗い時代に、
あるイスラエルの家庭に
とっても可愛らしい男の子が生まれたのです。

両親は喜びと悲嘆の中で
パピルスで編んだ小舟を作りました。

幼子はとてつもない不安を感じ取って
ちっちゃな手を握り締めて泣き出しました。
いとし子の泣き声を耳にした時
若い母親にある閃きが与えられました。



(T_T)/~~~・・・・・

無常にもナイルは絶えることなく流れ続けています・・・・・
幼子を思う母の閃きとは何か?