ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

約束守れば祝福を、破れば・・・

先週はお祭り騒ぎになってしまいましたが・・
             (わたし一人かもしれませんが・・・)

それらはみんな、神さまとの契約を守った場合のこと。

違約したときは大変ですよ。
人々が平和だ、平和だと、飲み食いし、
浮かれて神さまとの契約から離れていった場合・・
    
     あなた方の罪に対して七倍も重く懲らしめると
     神さまはおっしゃっておられます。

     地を潤していた雨は
     鉄の様になった天からは降ってきません。
     地は青銅のように堅くなって、種まけど実らず・・

これでも人々が懲りなければ・・
肥沃の三日月地帯に移り住んだのもつかの間
再び周りの列強国に攻められて散り散りにされ
奴隷生活に逆戻りです。

民はどんどん少なくなっていってゆきます。

残された民が
   「おれたち、何でこんな目に合うんだ?」って首をかしげて

神さまとの契約を思い出し
己の罪を告白し
           『罪』の一番は『偶像礼拝』です。
          神さまは十戒の中で一番最初に言われましたし
          耳にたこが出来るほど何度も繰り返しておりましたね。

    
悔い改めて神さまに立ち返った時
再び神さまの祝福の契約は押し進められてゆくのです。

    CO2の排出量が増えるのも・・
    増えちゃだめ!!増えちゃだめ!!
    わかちゃいるけど止められない・・
    これが現状ですね。

イスラエルの民もそうなのです。

罪→苦しみ→悔い改め→祝福→罪→苦しみ→悔い改め→祝福

ころころ転がるボールのように繰り返してしまいます。

そんなどうしようもない民を神さまは罰してはおられましたが、
               見捨てたわけではありません。

なぜなら、日々奉げられる不完全な生け贄によらない

全く新しい完全な奉げ物を用意なさっておられたからです。

といっても

それはまだまだ、ず〜とず〜っと、ずっと先のこと・・・・






次回でいよいよレビ記ともお別れ。

        ヾ[・c_,- ]ババィ 
レビ記
選民イスラエルの生活の基盤となる法律の書でした。

聖なる神さまのみ前にぬかずくためには
   清められた生活が必要。
   それは、不完全な人間のゆえに
   絶えることのない血、生け贄を要求する書でした。

シナイ山の裾野に天幕を張って
彼らはこれらのことを学びました。