読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

アロン、お前もか!!

モーセが選んだ長老70人が直ちに集められ、会見の幕屋の回りを取り囲んだ。
               (といっても二人だけは都合で出席できなかったのですが・・)

モーセが、会見の幕屋の中に入ると、神様は語られました。

       『私は、お前に与えた霊と同じものを、彼らの上にも注ごう』

厳かな神様のお声がなり終わると同時に、会見の天幕の回りが騒がしくなった。
いぶかしく思いながら飛び出したモーセ
長老達が恍惚状態で預言をしているのを見ました。
その言葉は心地よく彼の目頭が潤みました。

        神様ありがとうございます。 (。ゝω・)ノ゛
        彼らと力を合わせてあなたに従ってまいります。
        モーセは腹の底から力が湧き上がって来るのを感じた。

とそこへ、日頃、目にかけていた若者、ヨシュヤが駆け込んできた。

       「た、大変です!!
        エルダデとメダデが宿営の中で預言をしています。
        周りの人たちが驚いて止めに入ったのですが、
        彼らの言葉は止みません。
        彼らが神様に打たれないように、助けてください!!」

若者は一気に喋り捲り、はあ、はあと肩で息をした。。

それを聞くと、モーセは言った。
      「おお、そうか。
       それは止めないがよい。
       神様は彼らをも私の助けてとして選ばれたのだ。
       欲を言えば、
       イスラエルの民全員が神様の霊に満たされて、
       彼らのようになることなのだが・・

       そして、心を一つにして約束の地を目指したいものだ。」

目を上げると
雲ひとつ無く晴れ上がった空の
まぶしい光の中に
大きく翼を広げた鳥が、気流にのって舞い飛んでいた。

そんなモーセを見上げるヨシュアの上には
確信に溢れた指導モーセの影が黒々と覆っていた。


夕暮れになると風が吹き出した。
そしてそれは、暗闇と共に強くなっていった。

ばさばさと風に煽られるモーセのテントに
こっそりと尋ねてきた者がいた。
アロンと彼の姉、預言者ミリヤム。

二人が一緒に、彼のテントを訪ねてくることは珍しかった。

モーセの妻が飲み物を彼らの前に置いて、部屋を出てゆくと
ミリヤムが顔を近づけていった。
    「最近あなたの奥さんのことが、巷で噂になっているのよ。
     聞いてない? 
     イスラエルの指導者が、異邦人の女を妻にしているって・・
     もっぱらの噂よ。
     私も前から気になっていたのよ。*1
     それに・・・    
     今回のこと、なんで一言相談してくれなかったの。

     あれじゃ、アロンが可哀想よ。
     それとも彼はもう役立たずだってわけ!?
     彼は無能じゃあないわ。
     このまま、あなたのスピーカで終らせたくないの。
     分るでしょ?

     今までだって、あなたの耳には入れてないけど色々あって
     みんなアロンが処理してきたのよ。
     今では大祭司としても充分その働きは認められているし、
     神様と民との間を取り持つ者は、あなただけではないの。」

         わたしだって・・と、ミリヤムは思った。
         女預言者としての己の存在も、認めてほしかったのだが、
         それはぐっと飲み込んだ。

    「何かあれば、民は大祭司アロンを頼ってくるのよ。」

ミリアムはうつむくアロンの衣の端を
     引っ張るように締めながら一気に言い放った。ε=(。・`ω´・。) 
    

よりによって、モーセの片腕、モーセの声、
パロ王との交渉から今まで、苦楽を共にしてきた彼
一番モーセを理解し、受け入れていたはずの兄アロン・・

ミリヤムの言葉に反発することも無く、アロンは座り、黙り続けた。

モーセも言葉を挟まなかった。

テントは、ばたばたと風に煽られ、
それはまたモーセの心そのものだった。


ミリヤムは積もり積もったものを
一気にモーセの前にぶちまけると
今夜は遅いからと席を立った。

風が二人の衣の裾を巻き上げた。
二人は黙って裾をしっかりと押さえると、振り向くことも無く闇の中に消えていった。

モーセは腕を組み、
それから右手を立て、
その手の指をおもむろに頬に持っていった。

終始うつむいていたアロンの、薄くなった頭髪の白さが、目の前にちらついた・・・



そんな夫の姿を、仕切りのカーテンの陰から
心配そうに見つめている妻の姿があった。

風はますます強まって、止む気配が無かった。

☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆・    
  
・*1・・あれ?モーセの奥さんはミデヤンの祭司レウエルの娘チッポラだったのでは?
       いつのまにかクシュ(エチオピヤ)人の女」にかわったの?
       死別?離別?再婚?しかし聖書は何も語らず。原語の理解の違いか?
       夫と一緒に桧舞台に立つ女性、夫の影でひたすら支える妻。
       この時代、女、子どもは数えてももらえないので・・・
       チッポラがどうなったか、ひよこは気にしないで進みます。


・・・・・・・・・・・・・・・・

              それにしても指導者は大変。
         やめろ!!降りろ!!は担ぎ上げる前にゆう言葉・・
                いやさあ〜、** さん・・
            (これ、この記事を書いた頃はまだ、自民党が政権をとってて、
             でも、政権が代わったって、言うことはあまり変らないような・・?)
            



              何いってんのよおぉ!!
            台本から離れないでぇぇぇ・・・・( ̄□ ̄#)