ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

汚れた人の友達も汚れた人、その汚れた人の友達も汚れた人、その・・・????

これで契約の箱には以下の三つが保管されました。

==== 一番最初にマナの入ったつぼが納まり ====
            (「これは何だ?」とは・・何だ??)                                                http://d.hatena.ne.jp/pypyhiyoko/20100807/p3
==== 二番目に 契約の板が納まり
            (全ては設計図どうり)                                                       http://d.hatena.ne.jp/pypyhiyoko/20100808/p13

==== 三番目に芽の出たアロンの杖が納まりました。 ====
            (芽を出したアロンの杖)                                                      http://d.hatena.ne.jp/pypyhiyoko/20100820/p1
              ・・・・・・・・・・・・


さて、神様はあらためて民に、祭司職は誰なのかを、はっきりと示されました。

また、大祭司アロンには、今一度、きちんと復唱なさいました。
   アロンは神様からのお言葉を心に刻み込みました。

   自分が特別才能があったからでもなく、自分の手柄ではなくて、
   神様からの一方的な選びによって任命されたのだ、
   ゆめゆめ驕ること無かれ。

そして、それは自分だけでなく、
   祭司として任命された子供たちにも、その子供たちにも
   はっきりと伝えておかなければならないことでした。

それから神様は、汚れに付いてふれました。
   これも前に語られたことですが・・
   まさに、ねずみ講ですね。

   ひとりの人が汚れる。
    →その人の触ったものが汚れる・・
     →人も、服もドアも、食器も・・・
       →それらに触った人も汚れる・・ 
         →それを清める人も汚れる・・
            →結局みんな汚れてしまうんです・・

だから、汚れから遠ざかっているはずの祭司も汚れているのですね。

神様と契約を結んだ民は
           わたしの規則を守るなら、
           かならず乳と蜜の流れる地へ導こう・・・)
  その契約の内容を守らなければならないのです。

それが、守れない。
そのために清めの執り成しをするのが祭司の役
     その祭司も自分のために清めの供え物をしてからでなければ
        清めの執り成しが出来ないのですね。
    
                    ::::::::::::

  神様なんか知らなくったて、
    若いときは、若くなっくっても、自分てなんて嫌な人間だろう・・
          汚いんだろう・・
          なんて思ったりもするものですよね。しない!!て人もいるけど・・
                
                だからって、自分で死じゃあダメ!!
                あなたの命は、神様からの授かりもの
                あなたの命であって、あなたのものではないのです。
                その時がくるまではね。
                死はかならずやってきますから・・
                安心してください。
                それまでは、命を大切に。

もしあなたが、本当の神様に出会っているんだったら・・
           もぉなおさらのこと・・
            それでも苦しかったら、
           旧約聖書を飛ばしちゃって・・

           新薬を飲みましょう。

           いや、
           新約聖書を、もう一度、じ〜くりと読みましょう。

そして、イスラエルの民が待ち望んでいた、「ふくおん」
                    の意味を探し出しましょう。

「ふくおん」とは何ですか?
       あっつ!!しまったあ・・・、

= 良き訪れ・・「福音(ふくいん)」です。 =
            良き訪れって?・・・
                       :::::::::::::

彼らは「福音」を知らなかったのです。
だ〜から、
   たいへんなのです。

道は険しそうですが・・
    この民の歩く道筋をもう少したどってみようと思います。