ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

アロンの後を引き継ぐ者は・・

イスラエルの民は40年間荒野を歩き回り、世代交代が行われてゆきました。

新しい年になって彼らはチンの荒野につき、
カデシにテントを張ったときには、40年間の終りのほうでした。

そして、そこで女預言者ミリアムが息を引き取りました。

そのころ、また、水不足に見舞われ、
例のごとく民は、指導者モーセの元に押し寄せました。
そして例のごとく、嘆き悲しみ、怒りと不満を吐き出しました。

モーセはアロンと共に会衆の前を去り、
会見の幕屋の入り口にひれ伏すしか、なすすべがありません。

すると神様は会衆を集めるようにいわれました。
人々が集まると、

人々の目の前で水が出るように、岩に命じなさいと言われました。

モーセは神様の杖を手にし、民の前に姿を現すと、
人々は次々に声を荒げ、彼らを罵った。

普段は温厚なモーセの手がその時、ぷるると震えた。
悲しみと怒りの、ない交ぜになった彼の瞳の中に、
一瞬、荒野の陽射しが白く虚ろに思えた。

そうして、大きな岩の前に来ると、
会衆に向って叫んだ。

     「愚かな民よ、聞くが良い。
      何時まで我々が、
      あなた方のために水を出さなければならないのか!!」

モーセが渾身の力をこめて岩を打つと
打たれた岩の窪みが、じわりっと黒く変色し
ぽたぽたと水が滴り出した。

人々の目がその窪みに吸い寄せられ、
息を凝らしてみつめていると、
水はさらに大きく湧き出し、ざあざあと小気味良い音を立てて流れ出した。

会衆の間にどよめきが起こり、
民は今までの暴言を忘れ、ひんやりとした湧き水に、我先にと手を伸ばした。

民の狂喜の雄たけびの中で、モーセとアロンの心は凍りついた。

なぜなら神様が二人に聞えるように言われたのは、
      『お前達は、約束の国に入ることは出来ない。』と言うものでした。

なぜ、なぜ、なぜなのだ!!

モーセの頭の中をその言葉がこだましました。

     『モーセ、お前は今までよくやって来た。
      しかし、今の態度はどうした。
      わたしは、岩に向って命じなさいと、言ったはずだ。

      それをお前は、自分の力で水を出すかのように声を張り上げ、
      挙句に怒りをこめて岩を二度も叩いた。
      彼らの喉の渇きは止んだが、
      彼らは、わたしが聖なることを、学び損ねたのだ。

      わたしはお前に言ったはずだ。
      わたしの言葉に従うなら、必ず約束の地にみちびこうと・・・』

モーセとアロンは乾いた地にへたり込むように膝をつき、両手をついた。
ゆるゆると目の前がぼやけてくると、深く刻まれた両の目じりから
ぽとぽとと涙が流れ落ちた。
それから、
腹のそこから、ごぼごぼと湧き出て止まない涙を、ぐっと唇で抑えると、
彼らは喜びわめく民を背にして、会見の幕屋に戻っていった。


カデシにいる間に、モーセはエドムの王のところに使いを出した。
エドムの祖先はエソウとヤコブなのです。
それで使者はこう言いました。

     「王様、私どもとあなた様の祖先は兄弟でした。
      わたし達の先祖は事情があって、エジプトへ行き、
      奴隷にされてしまいました
      しかし、あまりの苦しさの中から、
      神様に祈ったところ、神様が助けてくださって、
      エジプトから出ることが出来ました。

      今はこの隣のカデシにテントを張っています。
      どうかこの国を、通り抜ける許可を頂きたいのです。
      農地を荒らさないように十分気をつけます。
      もちろん、井戸水も飲みません。
      どうしても必要な時は代金をはらいます。
      ただまっすぐ通り抜けさせてください。」

しかし許可は下りませんでした。
それどころか、国境には大軍を配備され、守りを強化されてしまいました。

それで民は、カデシからホル山に移りました。

エドムとの国境で神様はモーセとアロンに言いました。

     『彼の息子、エルアザルを連れて、ホル山に登りなさい。』

二人にはそれが何を意味するのか分っていました。
だからアロンは自分の身の回りを黙々と整理し、
それぞれ息子たちに伝えるべきことを伝えました。

そうして、親しい人たちと別れの挨拶を交わすと、
息子エルアザルを伴って山に登りました。


遠ざかってゆく三人の後姿を追いながら、
アロンが死ぬなんて民には信じられませんでした。

山の頂で神様を礼拝していると、神様が語り掛けられました。
そのお指図に従って、
      モーセは、アロンの着ていた大祭司の服を脱がせ、
      息子エルアザルに着せました。
      新しい大祭司の誕生です。

儀式は終りました。
すると、まるで夢見るようにアロンは息を引き取ったのです。

二人はアロンのなきがらを丁寧に葬ると、
黙って山を下りました。

下山した二人の姿を見て、民はアロンが本当に死んだのだとわかり、
騒然としましたが、静かに30日間喪に服したのでした。
    ・