読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

名門の子・ジムリの虚しい結末・・・

     月明かりの中
      宿営の外の、汚れたものを捨てる場所で人影が動いた。

マントを深々と被っていたが、それは若い女だった。
      彼女は女主人の命令で
      男でも来ることを恐れるこの場所に
      たった一人で来ていた。

女主人の息子ジムリの姿を確かめ
      母親である女主人に報告するためだった。

ジムリは優しかった。
      時おり彼女は
      そんなジムリの視線を感じることがあったが・・
      振り向くと、彼の後姿と残り香があるだけだった

それだけで十分だった。

由緒あるシメオン部族のかしらの一人
      サルの息子は
      召使の自分にとって、かなわない夢だったから・・

そんなジムリが、両親のテントを飛び出したのには分けがあった。

先ごろ、イスラエルの若者たちが
      モアブの娘達に誘われ
      異教の神々の祭りに加わったのだ。
      彼らは行ってはならなかったのだ。

しかし、砂漠育ちの若い彼らにとって
      華美な装いをした若い娘は魅力的すぎた・・
      酒を飲み、偶像に供えられた肉を食い、娘たちを抱いた。
      慌てて夜の道を引き返してきたものの

これは明らかに契約違反
      白黒はっきりさせる神様は怒りました。

こうして、その時の人たちは、人々の面前で処刑されてしまいました。

ジムリの父親はいつも厳格でした。
       この事件の後
       「おまえもあの者たちと一緒だったのか?」
                    としつこく彼に詰め寄ります・・

       ジムリには身に覚えの無いこと・・
       しかし、日ごろの不満がかさなって、テントを飛び出し
       その夜は帰ってこなかった。

モーセや民が泣いていた・・
       民の不始や、自分たちの無力さに・・・・
そしてまた、
       静まらない神様の怒りが疫病となって民を苦しめていたので、
       どうしたらよいのか分からなかったのだ。

よりによってそこに、若い男女が肩寄せ合ってやってきました。

一見睦まじいその後ろ姿・・
       ざわざわと座が揺らめき、絨毯の床が見えると
       二人はその中を無造作に通り過ぎ
       別の部屋へと入って行きました。

と、突然

       また、民の中にざわめきが起こりました。
       今度は、祭司の子のピネハスでした。

あっつ!!彼の手には長い槍が・・

       彼は、若いカップルを追いかけ、奥の薄暗い部屋へと突進しました。


それは一瞬だったので
       会衆の中には、何だったのかわからない人もいました。


ジムリは背中に強い衝撃を感じた。
       目の前のコズビがウッ!!と短く呻いた。
       そして、そのまま二人は床にのめりこんだ。

       温かな鮮血が服を染め、絨毯に広がっていった。

ジムリは遠のいてゆく意識の中で何かを言おうとした・・・
      「と、とうさん・・な・ん・で・・・」

会見の幕屋の中は、人々の悲鳴と足音でひっくり返ったが
       それはもう、ジムリの耳には届かなかった・・

彼女はこれらのことを、切れ切れに巷で聞いた。

そして昨夜、目を真赤に泣きはらした女主人に呼ばれたのだった・・
       息子の亡骸を確かめてきてくれと・・




空が白みはじめてきた・・
彼女は悪臭に胸をむかむかさせながら起き上がった。
    



後日談ですが・・・・
        ジムリと一緒に亡くなったのは
        ミデヤンのかしらの一人、ツルの娘コズビでした。
        若い二人が事切れた時
        猛威を振るっていた疫病が止んだとあります。
とにかく神罰だったわけで・・
        その結果2万4千人が亡くなったそうです。


槍を突き立てたピネハスは、神様に喜ばれて
       「わたしに代わって、わたしの怒りの元を処分してくれた、よくやった」
        というわけで

       『平和の契約を彼に授ける
        その祭司職は永遠に彼と彼の子孫に受け継がれるのだ』
                        とおっしゃっています。

でも、この事件、これで終るわけではありません。

旧約の神様は「目には目、歯には歯」ですからね。

          {{{戦闘準備開始!!}}}
                  となるわけですが・・・

一体、戦争に従事できる男達は何人いるのか。

ということで、第二回目の人口調査をすることになりました。

         以前数えた事がありましたが・・
         あれから色々ありましたから・・

増えたのか減ったのか・・

さて、どうなのでしょう。

          気になりますね・・・・・




聖書にはジムリがなぜあんなことをしたのか書いてありません。
ひよこの推測で〜す。
     思春期の子育ては難しいですが、
     あきらめないで・・