読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

イエス様の愛読書・・・・申命記

創世記は・・・・・選ばれた民イスラエルの始まりについて語り
出エジプト記は・・エジプトからの脱出と、
         一つの国家として組織され、律法を与えられ
レビ記は・・・・・選民として、礼拝の仕方を示され
民数記は・・・・・不信仰によるさすらいの物語でした。

さて、申命記モーセの哀悼の30日間を含めた
         2ヶ月ほどの期間を扱っています。 

これらをモーセ五書と言われているそうですが・・(諸説ありますが)

でも、耳にたこが出来るほどに
   引っかかる言葉は、「主が仰せられた・・」
            「主が言われた・・」
            といった言葉が500回以上も出てくることです
       
モーセの代弁者はアロンでしたが、モーセもまた、
            神様の言葉を取り次ぐ者でした。

そうそう、新約聖書の主役・イエス・キリストは、
             申命記の愛読者だったみたい・
             だって彼は、
             何回もこの書の言葉を引用していますから・・

申命記は創、出、レビ、民、4書を混ぜ混ぜにして、
             ぎゅっと搾って
             エキスを抽出したって感じでしょうか・・

だから、ダブっています。
             あらあ・・、それ聞いたよぉ・・
             またなのぉ・・
てな感じです・・・

でも、この書は、死を意識したモーセの、イスラエルへの遺言書
        モーセ、最後の雄叫びです。

切々と語りかける、彼の民に対する慈しみのメッセージと警告
             こう書くだけでも、胸がぎゅぎゅとしますう〜。p(≧□≦)q     



f:id:pypyhiyoko:20140707121856j:plain


   
大好きだったモーセと別れるのは辛い・・
せめてこの書を通して、彼との短い時を共にしたいと願っていますが・・

さてどうなりますやら・・・





           
 
           
   /span>