ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

またまた、モーセは語る・・

    「天よ、耳を傾けよ、わたしは語る

モーセイスラエルの人々に向って
流れ出る泉のように語りだした・・・

それは美しい調べのある歌のようでした

モーセは紅海を渡ったとき、勝利の歌を歌いましたが・・

ここでは40年の経験を振り返りつつ・・

さらに、神様の偉大さと愛
       忘恩と不忠実の報いについて
                  付け足しました。

 「主は言われる
    わたしの教えは 雨のように降り注ぎ
    わたしの言葉は 露のようにしたたる・・

    若草の上に降る小雨のように
    若草の上にくだる夕立のように・

    われらの神に栄光を帰せよ
    主は岩、そのみわざは完全で
    その道はみな正しい
    偽りのない本当の正義の神様

    鷲がその雛を呼び起こし
    その子の上に舞いかけり
    翼を広げて彼らをのせる」

しかし、忘恩はすぐさまイスラエルを覆いつくし
征服した地の偶像に跪いて力を弱めてしまうのですが・・・。

そんな民に神様は言われます。

    「お前たちが信じた神々はどうした
     助けてもらえ・・」と・・

民が悔改めて、本当の神様にたち返ると・・・
直ちに神様は、敵の手から民を救い出されます。

   「わたしこそ神
    わたしのほかに神はない
    わたしは殺し、また生かし
    傷つけ、またいやす・・・


民よ!
主をほめよ!!

モーセは言った。
  この言葉はあなたがたにとって、大切な言葉だ。
  これはあなたがたの命だ。
  この言葉を守っていれば
  ヨルダンを渡っていった地で、長く平和に暮らせるのだ。
  夢ゆめ忘れるなよ。


モーセヨシュアは神様の言葉を全て語り
   その言葉を書いて民に渡しました。

その時モーセは、食い入るように相手の目を見つめながら
            書物を手渡たしたのだった・・

それは彼の命を凝縮したもののように思えたからでした。

もはやバトンは手渡したのだ・・
軽くなった両の手を静々と頭上にかざした時

穏やかな霞のような雲の中から
         神様の招きの声が聞こえてきて・・

彼は素直に頬を濡らした・・・(´;д;`)