ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

さあ、さ〜あぁ、ヨシュア記の始まりだよ〜〜!!

 
                      ↑この絵は文章とは関係ありませんが 
                      藤村実穂子さんで〜す。
                       1月3日(日)
                       ニュウーイヤーオペラコンサート生中継されました。 
                       NHK教育NHKFM




さあぁ〜、さあ、ヨシュア記の始まり始まり〜い・・・
その舞台のカーテンにはこんな言葉が美しく刺繍されていましたよ

      『 わたしはあなたに命じたではないか。
        強く、また雄々しくあれ。
        あなたがどこに行くにも、
        あなたの神、主が共におられるゆえ、
        恐れてはならない、おののいてはならない。 』


偉大な指導者モーセの死は、民の心を動揺させました。
若いヨシュアにはそんな民の心が敏感に伝わってきて
                 キリキリと胃が痛みました。

幼いときからモーセの元で訓練を受けたとはいえ
モーセのように民を導けるだろうか、民の信頼を得ることが出来るだろうか・・
押し寄せる不安に
      ヨシュアは会見の幕屋の前で頭をたれ続けました。

そんな彼に神様はおっしゃいます・・・

      「ヨシュアよ、おまえが生きている間、おまえを負かす敵はいない。
       なぜなら、わたしがあなたと共にいて、
       あなたを見放すことも、見捨てることもしないからだ。

       さあ、強く、雄々しくありなさい。

       あなたは、わたしがあなたの先祖に与えるといった地に
       民を導くために、わたしが選んだ新しい指導者だ。

       勝利の秘訣はモーセから学んだように
       わたしの律法を守って、右にも左にもそれないことだ。
       昼も夜もそのことを忘れるな。

       そうすれば、あなたの道は栄え、勝利を得るのだ」

こうして注ぎ続けられる神様からのお言葉は
       ヨシュアの心と身体とを奮い立たせました。

ヨシュアは天幕を出ると指導者として
             張りのある美しい声で宣言しました。

      「三日のうちにヨルダン川を渡るぞ!!
       我々は行って、戦い、勝利し、その地に住むのだ!!
       これは、神様の約束だ!!」

新しい若き指導者の確信に満ちた言葉は
      集まった人たちに感動を与え、勇気が沸いてきて
      誰ともなしに歓声が沸き起こりました。

これらの人々が民の中に帰って行くと、
      その行く所どこででも
      期待に満ちたどよめきの輪が広がって行くのでした。


    
・・・・・・・・・・・・・・・・・