読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

宮本武蔵

吉岡道場との試合を控えて、不覚にも古釘で足を傷つけた武蔵。
膨れ騰がった足を引きずり京を目指しながら、彼は悩んでいた。
絶対に勝つという心の備えができていなかったのだ。
自分はまだまだ未熟だ。
兵法者として天寿を全うするまで勝ち抜くことが大切だ。
それゆえに、勝つという確信が欲しかった。

突然、古楽の調べが彼を刺激した。
それは神宮に仕える巫女たちの調べで、そこは巫女たちの住む館だった。
彼は館の内に荷物を預けるようにおき、目の前の鷲ヶ岳の断崖を登り始めた。
そして、夜明け前の荘厳な景色の中で確かな手ごたえを掴むのだった。

そのころ、館では見慣れない大小と風呂敷包みを、お通は胸に抱えていた。
それが武蔵のものとも知らずに・・・。

お通は禰宜に世話になりながら、巫女たちに笛を教えていたのだ。
この日、禰宜神領郷士がお通を館に置くことに反対している事を告げる。
汝はもう男を知らぬ清女ではない。神地を穢すものだというのだ。

その言葉を聞きながら、お通の目には、口惜しげな無念の涙が光るのだった。
しかしまた、たびに馴れ、人に馴れ、古い恋を心につけて世間をさ迷っている女を・・・
世間がそう見るのは当たり前かもしれないとも思った。
しかしまた、処女が処女でないといわれることは、忍び難い恥辱をあびたように身がお顫くのだった。

こうしてお通はまた、当てのない旅にさまようしかなかった。

その彼女の脇を、片足を引きずりながら武蔵が通り過ぎていった。



      ・・・・・・・・・・「宮本武蔵」第三巻  講談社

広告を非表示にする