読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ラハブの後悔


エリコ陥落の勝利にイスラエルの人たちは沸いていた。
約束を守ってくれた二人の青年はあれから
定期的に必需品を運んできてくれる。
彼らの言葉や態度に、勝利の自信が見て取れる。
回を重ねるごとに、お互いの心もほぐれ
宿営内の出来事や、自分たちのことなどを話すようになっていった。

ラハブは救われた喜びの高揚感が治まると
後悔」という引き潮に悩まされた。
                     
イスラエルの神様がいくら素晴らしくても
結局わたしは、友達を裏切り、助けてあげることも出来なかった。
あの時、もっと執拗に誘うべきだったのだ・・
あの部屋はまだまだ空いていたのに・・・
     わたしは、裏切り者・・
     自分のことしか頭になかったのでは・・・
     彼女は、仕事の手が止まると、ぼんやりとそんなことを考えては
     自分を責めずにはいられなかった・・・

                         
そんなある日、黒衣に身を包んだ一人の夫人が、彼女を尋ねてきた。
初めて見る顔だったが、以前あった事があるような気がした。

    「済みません、突然こんな格好でお伺いして・・
     でも、なぜかあなたを尋ねなければと思ったものですから・・
     息子は、あなたのことをよく話していました。、
     なんですか、色々と話を聞いてくださったそうで・・
     有難うございました」

夫人の話から、いつも来てくれる青年の一人の母親であることが分った。
それにしても・・・と、ラハブはいぶかった。

    「私がこんな格好なので怪訝に思われたことでしょう・
     実は・・・・・(-ι_- )
     息子は一週間ほど前になくなりました。」
                                 
夫人はそういうと涙を流した・・・
ラハブははっとして息を呑んだ・・
不意を喰らって吸った空気が、胸の辺りで風船のように膨らんで息苦しい・・
ラハブはそれをはじき出したくて言った。

     「それは、どういうことでしょうか・・
      ついこの間、ここにいらして、
      将来のことなどを話しておられたんですが・・
      なくなったなんて、信じられません。
      一体、何があったのでしょう・・」

ラハブは、おろおろしながら問い返した。
夫人は、こみ上げてくる嗚咽を飲み込むように、二、三度、大きく肩で息をして
黒衣の端をきゅっと握り締めて顔を上げた。

     「そうですか・・
      そんなことまで話していたんですか・・
      家では何も話さなくって・・・」

母親はちょっとうらやましげにラハブを見た・・

    「じつは、エリコにつづいて、隣のアイを攻めることになって・・
     息子はまたスパイの役をかってでました。
     調べた結果、戦力も小さく、
     今回のエリコの戦を知っていて
     戦意を消失している様子・・・・、
     2、3000人ほどの兵士で大丈夫、という結果が出たのだそうです。
     息子も半日もあれば終ると言っていました。
              それが・・・
     半日で終ったものの・
     私たちの負けだったのです・・
     
     戦場では36人も死傷者がでて、
     退散する兵をアイの兵士がシベリテまで追ってきて、
     そこでも大変な被害が出たとか・・

     息子は、責任を感じて飛び出していって   
     シバリムの坂の下の道で倒れたのだそうです」

母親は一気にそこまで離すと、言葉を切った・・・il:i(-ω-`;)ll|
ラハブは思わず母親の傍に近寄ると、その震える肩を抱きかかえた。

     「ありがとう・・・
            あなたに、話したかったんです。
     息子がいっていました・・
     何でも聞いてくれるんだよって・・
     あの子は、私にも話さないことも、あなたには・・・
     だから、私もつい甘えてしまって・・」

母親はちょっと自嘲したように言葉を切った。
    「いいえ、いいのです・・
     わたしも、命を助けられ、父も母も兄弟も一緒です。
     私たちはいま、何も持っていません。
     それでも、この感謝の気持ちを伝えたくて・・・

     ただこうして、時を共有して、
     あなたがたのご親切に報いたいだけなんです。

     よろしければ・・・・どうぞ、聞かせてくださいませんか・・・
     わたしも、あなた様の息子さんのことを、もっと知りたいのですから・・・」

それからひと時、母親はラハブの元にいて、暗くなるのを気にしながら帰って行った。

あの青年はもう二度と戻ってはこない・・
ラハブは青年のはじける笑顔と、眩しすぎる瞳をおもった・・・

それにしても、エリコを攻めたイスラエル
そんなにあっけなく、アイに負けてしまうなんて・・・
ラハブには解せなかった・・・

あの力強いイスラエルの神様は一体どうしたのかしら・・・

見上げれば空には、眩いばかりの星がキラキラと輝いていて
何か、懐かしい人に出会えたようで
ラハブは動くことが出来なかった。


・                      

広告を非表示にする