読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

おやつの羊羹の切り方で・・・

ヨシュアは分割のことを考えていましたが、
実は、まだ取るべき地は多く残されていたのでした。

彼はそれが気になっていました。
ある日、彼が静まって祈っていると、神様がおっしゃいました。

   「ヨシュア、残されている地は私に任せなさい。
    お前は土地分割に専念しなさい

すでに ルベン族とガド族と、半分のマナセ族は川向こうの地を譲り受けていました。

レビ族は神様に使える部族として、領地無しと、モーセの頃から決まっていました。
        その代わり、12部族の分割地ごとに置かれる4つの町に住むことと、
                 放牧地を得ることが許されていました。
       その町はまた、殺意なく人を殺してしまった人が、逃れてゆける町としました。

だから実際に、ヨルダン川のこちら、
    カナンに定住する部族は9部族とマナセの半部族ということになります。
大祭司エレアザルと12部族の頭が見守る中、ヨシュアがくじを引いて決めてゆきます。
   (当時大切なことは、くじ引きだったみたい。もちろん神様が見守っておられました)
 
ユダ部族はヨセフの祝福のゆえに(臨終の時の祈り)
               全ての部族に先立ってくじを引きました。
     その引き当てた土地は広大でした。
     (ユダの地ベツレヘムは・・・後の新約聖書の中で脚光を浴びる)

     ユダ族エフンネの子のカレブは前回の記事のように、
     ヨシュアから確約を取っていましたから
     強豪のアナキ人を追い払いました。
     そうして、デビル(旧キリアテ・セぺル)にも手を伸ばしました。

     このとき彼は疲れちゃったのでしょうか、
     なんと、この町を攻め取った者には、娘アクサを与えようと公約しました。
     そしたら彼の弟の子が、まんまと?アクサを手に入れてしまいました。

     「結婚のお祝いに泉をくださいな」アクサは父カレブに言いました。
     これは、夫になったオテニエルの入れ知恵でしたが・・

     「よしよし、上の泉と下の泉を、記念としてあげよう」
     カレブは上機嫌で言いました。

       
次に、ヨセフ部族(エフライム・マナセ)がくじを引きました。 
     エリコと川辺の土地。西は海を境とする起伏と木立の多い一帯が当たりました。
     彼らは不満でした。ヨセフは一つのくじしか引かなかったからです。
     我々はヨセフの長子、その子孫にこれっぽちの土地ですか?!o(`・∧・´)o
     と彼らはヨシュアに詰め寄ります。

それでヨシュアは言いました。
     山や丘はまだ手付かずだ。開墾して土地をひろげ、
     敵が攻めてきたとき、地の利を生かして戦えるではないか。
     鉄の戦車を持つカナン人に、お前たちの力は小さいというのか。
     彼らを追い払い、向こうの端まで自分のものとしなさい。
          
     ヨシュアに促され、ヨセフ部族は果敢に戦い抜き、鉄の戦車を粉砕しました。
     生き残ったカナン人は後に使役されるようになりました。

そうそう、マナセの娘たちも土地をもらったのでしたね。(*^-゚)v                 
結果、ユダ部族は南部に・ヨセフ部族は北部に・・と分割地が定まったわけですが・・



おやつの羊羹の切り方で兄弟げんかが勃発するように・・
後々さまざまなことで彼らはぶつかり合うことになります・・o(▼皿▼メ;)      
まだまだ、分割は続きます・・・



。...............

創世記49:ヤコブ最後の祈りより

ルベンよ、わが長子
わが勢い、わが力のはじめ。
しかし、もはやすぐれた者ではあり得ない。
・・・・・・・
ユダは、ししの子
わが子よ、あなたは獲物をもって上って来る
杖はユダを離れず・・
・・・
もろもろの民は彼に従う。