読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ラッパの音が響き渡って・・

エホデは走った。
一気に石像のある場所を駆けぬけると、セイラへと逃げた。
そして、エフライムの山地にたどり着くと
用意してあったラッパを吹き鳴らした。

長老はエホデが出発する時の言葉を信じて
この日のために選りすぐりの兵を募り、武器を調え
てぐすね引いて待っていた。
イスラエルの兵士達は待ってましたとばかりにオーオーと
掛け声も勇ましく姿を現し、エホデの前に集まってきました。

    「神さまがともに居られる!
     恐れるな!
     おれに続け!
     勝利は我らのものだ!」

エホデは左手を高く揚げ、集まった人たちを指揮して
山を駆け下った。
ヨルダン川の渡し場を押さえ、それから、モアブを襲いました。
モアブの城では、王様の暗殺騒ぎで、収拾もつかないほど混乱していましたが、
イスラエルが渡し場を押さえたと聞くと、屈強な兵士を差し向けてきました。

しかし、自分たちの罪を悔改め、
神様から許されたイスラエルの民の勢いにはかないません。
この日、約一万ものモアブびとたちが倒されました。

そうして、イスラエル80年間も平和な時代を堪能するのでした。


エホデの後アナテの息子シャムガルも
牛の鞭を持ってペリシテ人600人を殺しイスラエルを災いから守りました。


☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆

さあこれから、士師記の4章に入るわけですが・・
その書き出しが「エホデが死んだ後・・」で始まっています。
エホデの後アナテの息子シャムガルでは?

そうだよね、記者さ〜ん、どうして〜

そこで学者さんたちは、大預言者と小預言者とに分けることに・・
       ・その業績によって
       ・記事の長短によって
       ・記事の内容によって

ということで、シャムガルは3章の31節のみですし
             成敗した人の数は600人
             そして、神様の霊が臨んだとか、
                 神様がやりなさいとか、
                 そんな事が書いてないので・・
小預言者ということになります。
扱いにずいぶんとさがありますねぇ・・・
牛の鞭(突き棒)をもって・・
勇ましく戦ったシャムガル、その雄姿をもう少し知りたいな・・なんて思ったりして"^_^"・ 

それでは、また来週・・