読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

デリラ、銀貨に目が眩む!


デリラはサムソンの体を七本の真新しい弓弦で縛っていた。
お酒を飲ませながら聞き出した彼の力の秘密、
それがこれだったのか。
それにしても、と彼女は思った。
大切な秘密を、こんなにもあっさりと話すものだろうか・・

ガザで商売女のところに泊まり、ペリシテ人に取り囲まれた彼。
夜中に起き出して、無傷のまま通り過ぎ、
その町の門をねじりとって、山の上に運んで捨てたという。

今、弓弦で、ぐるぐる巻きにしたこの男に、そんな怪力があるのだろうか・
デリラは不思議な気持ちで、サムソンを縛り上げた。

サムソンが彼女のところに来るようになるとすぐ
ペリシテ人の話題になり、
なんと、領主たちが彼女のところに足を運んでこう言った。

     「サムソンから怪力の秘密を聞き出してくれ。
      うまく行けば私たちはそれぞれ、
      銀1100枚ずつをあなたに渡そう。
      彼はわれらの民を沢山殺しているのだ。」

彼女はサムソンのことを嫌いではなかったが、
同胞のためだっと言われると断れなかったし、
報酬も気になった。

      「サムソン!! 来たわよ!ペリシテ人が・・」

デリラの声に、サムソンはガバっっと飛び起きた。
すると彼女の目の前で、
はらはらと弓弦が切れて落ちた。