ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

兄弟対決に・・・

ある日のこと・・
一人のレビ人が従者一人と二頭のロバとを連れ、ユダのベツレヘムを目指していました。
四日前、実家へ逃げ帰った妾を連れ戻すためです。
お妾さんの実家に行ってみると、
そこのお父さんは、よく来た、よく来てくださった、とばかり、
連日連夜の大歓迎。o(*^▽^*)o
もちろん、お妾さんとも仲直り。
あっと言う間に四日目の朝。
今日こそは出発だ、と、早朝から起き出して、ロバの世話などしていると

   「朝餉の準備が整いました。どうぞ召し上がれ」

それでは旅の腹ごしらえを・・と座り込むと、
あ〜〜ら不思議、もう、夕食時に・・・

四日目もずるずると引き止められ・・
五日目もずるずると・・・
          よっぽど居心地がよかったのでしょうか?・

ダメだ!いかん。こんなことでは、と
心を鬼にして、馬上の人ならぬ、ロバ上の人になったときには
すでに日が傾きかけていました。
       (何であんなにもしつっこく引き止めたか???)


日暮れを気にしながら進む道で、従者は言いました。

    「今夜はここに泊りましょう」
    「ここは異教徒の町だ。もう少し進んで、ギブアに泊ろう」

ところが、ベニヤミン部族の村ギブアの広場では、誰も声を掛けてはくれません。

     「今日はこの広場で野宿だな」

と主人が言ったとき、一人の老人が通りかかりました。

    「おや、見慣れない人だが・・どちらから?」
    「ユダのベツレヘムから、
     エフライムの山奥に戻る途中なんですが・・」
    「ここで、野宿を。やめなされ、ここは物騒だ。
     狭いが私の家においでなさい。
     この年寄りもエフライム出身でね。
     そちらの話も聞かせてください」

老人の家で話に花が咲いていると
ソドムでロトが体験したような事が起こりました。
   (山に隠れて三日待ちなさい・・ - ピヨピヨひよこ日記
あの時、ロトは自分の娘を差し出そうとすると、
御使いが止めてくれました。が、今度はそうは行きません。

話しの内容を聞いていたレビ人は、
娘の代わりに自分の妾をドアの外に出してしまいました。
可哀想なのはこの女です。一晩中もてあそばれ
やっとの思いで老人宅にたどり着くと息絶えてしまいました。

レビ人が朝、戸を開けると彼女を見つけました。
そして言た言葉がこれだ。

    「さあ、立ちなさい。出かけよう」
           よくも、よくも、そんなこと言えるわね!!o(▼皿▼メ;)
         寝ぼけてるのかしら
         でなかったら、こんな言葉出てくると思う!?
         ああそうね、まだ王様がいなかったっていうのね。

         この人、彼女の亡骸をロバにくくり付けて自分の家まで
         帰ったそうな。
         少しは良心の呵責を感じたのか、丁寧に葬ってあげる
         つもりなのか・・・

なにぃぃぃ〜〜!!     これはおぞましい事だ!! あんまりだ!!
         ええ、ええ、それぞれ自分の良いと思う通りにしたのでした
         ね。

         レビ人は自分の妾があんなふうにして亡くなった事への
         悲しみや、怒りなんかは無かったのでしょうか?
いえ、      あったからこそ、その振る舞いに・・ですか?

彼は、イスラエル12部族に思いもよらぬ方法で、この事を伝えたのですが・・・
送られてきた物を見て、それぞれの部族はこれまたビックリ仰天。
         そうでしょう、そうでしょう。

     「出エジプト以来、初めてのひどい事だ・・」ヾ(`Д´*)ノ
あっと言う間に、ミツバへと、部族の指導者と武装軍人40万人が集結。
それからもう一度、かの男に事の真相を聞き直すと

     「ギブアの町に報復だ。それが済むまで我々は引き下が
      らないぞ!!」

と、一致団結。
すぐさまベニヤミン部族に使者をたて、悪人を引き渡すように要求しました。

しかし、彼らは応じません。
それどころか、2万6千の兵士をギブアに集め
地元ギブアからも加わったので、2万6千7百人が気勢を上げました。
その中には、左利きの石投げ名人が700人もいました。
腕前は大したもので、一本の髪の毛でも、的をはずすことが無いくらいでした。
            ・・・・・・・・(どの位、離れて?)
      
ああ、とうとう、兄弟対決となってしまうのでしょうか・・
イスラエルの人々は神様の前にお伺いを立てると、
許可が下りました。一番手はユダ部族です。



☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆

ははは・・・
書いてますね。何だ、かんだと言いながら・・
書いてしまうんですねぇ・・・
普段は言葉が足りないよ、何て言われてるのにね。
ピヨピヨ・・・・


広告を非表示にする