読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ボアズの畑で・・


    「お母さん、未亡人や、異邦人や貧しき者のために
     落穂ひろいが出来るんですって。
     わたし、親切な方の畑に行って来ようと思うのですが・・」

ルツの言葉にナオミの胸は詰まった。
息子さえ元気だったら、こんなことをさせなくても済んだものを・・
そう心のうちで思いながら、日が昇る前に、嫁のルツを送り出した。

ルツは迷うことなく、前日探し当てた畑へと向かった。
働いている人たちの顔は穏やかで、楽しそうだったから・・・
案の定、すぐ落穂を拾わせてもらうことができた。

男奴隷が大麦を刈り、女奴隷がその麦を束ねてゆく。
その後に残った穂を、拾わせてもらうのだ。
ルツは一生懸命彼女たちについて回った。

そんなルツの姿に気づいた人がいた。
ベツレヘムから見回りに来た畑の主人、ボアズだ。

    「あの娘はどうした?」
    「最近、モアブから姑についてこの地にきた未亡人のルツです。
     今朝、『落穂を拾わせてください』とやって来て、ご覧のとおりです」
    「あの娘か、うわさは聞いている」

ボアズはしばらくルツの姿を見ていたが、つかつかと彼女に近づいていった。

    「落穂は拾えるかい?
     遠慮は要らないよ。刈入れが終わるまで、ずっとここで拾うといい。
     若者たちにも話しておくから、喉が渇いたら、みんなと同じ水を飲みなさい。」
    「ありがとうございます。こんな異邦の女に優しいお言葉・・あなた様は?」
    「わたしはボアズだ。お前のことは聞いている。
     イスラエルの神様がきっと良くして下さるだろうよ」

ルツはボアズの言葉に涙ぐんだ。

太陽は中天に輝き、ルツは女奴隷たちの端に隠れるようにすわった。
すると、ボアズが声を掛けた。

    「さあ、ここに来て一緒に食事だ。」

そういって、彼女のために麦粉のパンや炒り麦を取り分けてやった。
その量は、彼女がお腹いっぱい食べても有り余るほどだった。

午後の作業が始まるとボアズは奴隷たちに言った。

    「あの女に親切にしてやりなさい。
     落穂もわざと落としてやりなさい。
                    (ちょ〜っと〜、やりすぎではぁ?)
そんなわけで、その日集めた麦の穂を打つと、36リットル枡に一杯になった。
ルツは急いで町に帰り、ナオミにそれを見せ、昼の残り物を一緒に食べた。

     「美味しかったよ。それにしても、よくこんなに集められたものだね。
      一体どこの畑に行ったんだい」

ナオミは不思議そうにルツを見つめながら言った。

     「ボアズさんの畑です。奴隷たちも穏やかで、・・
      今日は、ボアズさんがお見えになっていて、
      とっても心の大きな、お優しいお方でした。
      それに、収穫が終わるまで、落穂を拾っても良いんですって」

     「おお、神様・・・」ナオミは思わず目を閉じて言った。

     「ルツや、その方はわたしたちの親戚だわ。これも神様のお導き。
      その方の言われるように、その場所で拾わせていただきなさい。
      お前は若くて綺麗で、そのうえ未亡人だ。
      他所に行って危険な目に遭うともかぎらないからね。」

彼女は両手を胸の上で握り締めた。

     「さあ、神様に感謝を捧げましょう。
      親戚のボアズさんのためにもね」

その日、二人の女の胸の中では、それぞれの思いを込めて
新しい希望の光が差し込んでいた。o(^O^*=*^O^)o

・・・・



ボアズはルツのことを知っているって言ってた・
当然ナオミのことだって知ってたはず・・
ナオミだってボアズのことを知ってたはず・
なのに、帰って来ましたって、知らせなかったのか?
そしたら、ルツが苦労して働き場所を探す必要なんか無かったのでは?
先祖の土地を売り払って出てゆくとき、何かトラブルでもあったのだろうか?




☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆
「祈り」と「希望」、これはいつも対になっていて、
祈りは常に、希望に向かって立ち上ってゆく光。
希望の無い祈りはありえないし、祈りの伴わない希望は、むなしい。
祈りに偽りがあってはならないし、希望は祈りによって、より美しく輝く光。

「祈りと希望」が出会ったその時、新しい現実が始まる。
それは時に喜ばしく、悲しく、人を傷つける。

「祈りと希望」

ひよこも、はやく大きくなりたいと思う反面、その先には、
美味しそうに照り輝いたローストチキンの姿が現実に迫ってくる。

だから時に、ひよこにとっての「祈りと希望」は、
空想の世界を一人さまようことで、良しとしているところがある・・・


・・・

空想癖のあるひよこ
これは「罪」なのか?



・・・

広告を非表示にする