ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

この子が乳離れするまでは・・


  「では、行って来るよ」
夫エルカナは彼女にそう言い残すと、家族を連れて出て行った。
シロに上って礼拝をするために。

それは彼と、その家族にとって自然のことで、楽しみでもあった。。o(*^▽^*)o
昨年まで、ハンナにとっては辛い期間でもあったが、
今は事情が変わっていた。

   早いですぅ・・
   あれから一年経って
   ハンナの祈りは答えられ
   彼女の胸には幼子が眠っています。

彼女が家族と一緒にシロに上らなかった理由ですか・・。

 覚えています?
 昨年、泣きながら祈った彼女のことを。
           祭司エリの言葉を・・

 ・・そして彼女は悲しみと苦しみのすべてを
       自分で負うことをやめました。

 結果、彼女の心には安らぎが与えられ、
    こだわりの扉のかんぬきが取り払われ
    彼女本来の優しさが花開きました。
   
    彼女はその家の太陽になり
    夫婦仲はさらに円満になって.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
       ・・・・
 
赤ちゃんの名前は「サムエル」

   
            あの時、「男の子を授けてくださったら、
            神様あなたにささげます」って祈ったんだよね。

            ああ・・あんなこと口走らなければ良かったのに・・
            なぁんて思っているのはひよこだけですね。
彼女は敬虔な信仰の持ち主でしたから、
そんなことは毛筋ほども考えなかったと思いますよ。
それどころか、その子が乳離れするまで
       (三歳か四歳くらいまで)、
神様からの授かりものと心得て、大切に大切に育てたんです。

待ちに待った初めての子だし、可愛くってたまらなかったと思うよ。
だから、時間が足りない。一時も無駄に出来ない
幼くして母親から離される子のことを思うと・・・
ある面、やっぱり辛かったと思うよ。

とにかく、
親元から離れても自立出来るだけの精神力と、
神様に対する敬虔な心とを、
乳房からほとばしり出る乳に託して注ぎ込んだと思うのです。

だから、
    「この子が乳離れするまで、シロには上りません。
     乳離れしたら、共に行ってこの子を神様にお捧げいたします」

と言うハンナに夫エルカナも

     「お前のしたいようにしなさい」

というだけでした。
      
      こんな大切なこと奥さん一人で決めていいの?   
      って思っちゃいますが、
      事の成り行きは聞かされていたのでしょう。

子供の成長なんてあっという間、
次回はいよいよ、サムエルちゃんも歩いてシロへ行きますよ。




・・・
おさかなが〜〜〜消えてしまった。
・・・
お絵かき色々↓
http://oekakiiroiro.blogspot.com/2011_08_12_archive.html