ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

わたしの心は主によって喜び・・・

やっとこさ、子宝に恵まれたハンナは、幼子が乳離れすると、
その子を連れ、夫と共にシロに上りました。

これは特別の旅でしたから、
生贄のための三歳の雄牛一頭を連れ、
小麦粉36リットル、皮袋に詰めたぶどう酒も
供え物として持ってゆきました。

礼拝が終わると、ハンナは祭司エリに言いました。
   「祭司様、私を覚えておられますか?
    以前ここで、子供を授けてくださいと、祈った女です。
    そして、この子がその答えです」

ハンナはサムエルの頭に、そっと手を置きました。
   
   「神様にお約束したように、
    この子は、生涯神様にお仕えするために
    今日、ここに連れてきました。
    祭司様、よろしくお願いいたします」

ハンナはサムエルの肩をそっと押しました。
幼いサムエルは一歩前に進むと、年老いたエリをジッと見上げました。

            ヾ(・д・。)バイバイ

エルカナとハンナは、サムエルを祭司エリに預けると、
もう一度礼拝しました。
そこでハンナは、うれしさのあまり歌いました。 ヽ(゚∀゚ヽ
前回、ハンナが変えられ、愛の人になったって書いたけど・・

このハンナの歌を読んだら・・
ちょっと顔色変わっちゃった。ε=(。・`ω´・。)

     だってよ、「神様によって強められた」ってのは分かるわよ。
     それなのに
     「私の口は敵をあざわらう」って・敵って誰?ペニンナ?
     「うまずめは七人の子を産み」・自分のことでしょ? 
     「多くの子をもつ女は孤独となる」・こっちはペニンナよね。

     なぁ〜にぃ、ハンナってずっと根に持っていたの?
     こわぁぁぁぁあ〜〜。

     なぁんて、読み込んじゃったけど
     後半の賛美は新約聖書の主人公が語った

   「貧しい人たちは幸いだ。」・・・・(なぜ?
   「飢えている人たちは幸いだ。」・・(うそ〜!?
   「泣いている人たちは幸いだ。」・・(やだぁ〜!?
         ルカ福音書6章     (難しい〜)(´Д`)=3
に、似ているんだとか・・
ええ!!このハンナの歌に、そんな高尚な事が含まれてるんだぁ・・・
   (誰かが、後から付け足したとか・・そんな噂も有りですが)

子なしひよこは、もっと心を大らかにして
文章の大意を読み取らなければいけませんね。

この賛美の最後に
    「油そそがれた者」と言う言葉が出てくるけど
             聖書に初めて登場した言葉です。
      
☆○o*:;;;:


       「お前は家を出て、神様のために働くんですよ
」って、
        いい聞かされて育ったとはいえ、
        見知らぬ年寄りに預けられてしまったサムエル坊や・・

       「僕って親に捨てられたんだ・・  (-ι_- ) 」
とか何とか、
                    トラウマとして残らなかったのかしらね?

       三つ子の魂・・・と言うけれど、母親の育て方も良かったでしょうが、
       神様ご自身が、特別に彼を守り育てられたのだから
       そんなことはなかったみたい。


☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆

これからは、彼の働きから目が離せませんよ。