ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

それは、神様からのお言葉だ・・・

サムエルは眠い眼をグリっとこすって、立ち上がった。
祭司、エリが呼んでいる。

最近、とみに目の衰えが目立つエリが、何かの用を頼むのだろう。
サムエルは走った。

   「祭司様、お呼びですか」

暗闇の中でゴソリと音がした。

   「なに、わしが呼んだと?
    夢だな、
    さあ、帰ってゆっくり休むのじゃ」

エリの言葉に、そうかもしれないとサムエルも思った。

サムエルは今、神様の箱が置いてある神殿で寝ていた。
帰ると、寝床はまだ暖かく、彼を待っていたかのように優しく包み込んだ。
すぐに軽い寝息がもれた。
その眠りを再び、エリの声がやぶった。ように聞こえた。
サムエルは駆けた。

   「祭司様、私です」
   「またお前か。
    気が高ぶっているのじゃろう。
    明日も朝が早い。
    休め、休め、体が持たぬぞ」

寝ていなかったのだろうか、エリの声はすぐ返ってきた。

サムエルは眠たかった。
何も考えないで、すぐ横になった。

まぶたが鉛のように覆いかぶさって
彼の体は、闇の中に転がり込んで、沈んだ。

はっ! 寝過ごしたか!?
彼は飛び起きた。少しばかり心臓がドキドキする。
あたりはまだ暗かった。
実際、ほんの一瞬、
睡魔の渦に巻き込まれて底まで沈み
ほっとひと息、吹き出すようにして、目が覚めたのだったが、
その眠りが深かったので、随分と時が流れたような気がしたのだ。

彼の眠気は去った。頭がすっきりした。
祭司様だ!
サムエルはパンパンと頬を軽く叩くと走り出した。

エリは寝ていなかった。
あの子が母親に手を取られて来てから、もう10年にはなる。
私が歳を取るはずだ・・
それにしても、今夜のサムエルは・・・と、
いぶかしく思い巡らしていると、突然、彼の心は波打った。
    おお!!これは、・・もしかしたら・・
エリはゆるゆると寝床から上体を起こし、
何かを捕らえようとして、きょときょとと、霞のかかった目を動かした。

   「ああ、サムエルか、私のそばまで来ておくれ」
   「はい、祭司様。お呼びですね。御用は何でしょうか」
   「いや、いや、わしは呼ばなかったぞ。
    それよりも、よくお聞き。
    今度、お前の名前が呼ばれたら、すぐその場で言いなさい。
   『しもべは聞きます。主よ、お話ください』とな」

   
あれから、やはり、自分の名が呼ばれた。
    エリに言われたように答えると、
    彼の耳に、実に恐ろしい言葉が飛び込んできた。

サムエルは、目がらんらんと冴えて何度も寝返りを打って
もう今夜は眠れないと思っていた。
それなのに、
白々とした朝の澄み切った空気を吸って目が覚めた。
エリの顔を見るのが辛くて、時間がずるずると過ぎていった。

    「サムエル!」

エリの声だ。
サムエルは意を決して、彼の部屋へ入っていった。
エリの目がたちまち彼を捉えた。

    「さあ、私の目をしっかりと見るのじゃ。
     私は何を聞かされても驚きはしない。
     神様がお語りになられたことを、すべて聞かせておくれ。
     もしお前が意図的に言葉を濁したら、
     神様がお前を重く罰せられるように」

            (可愛そうなサムエルちゃん、・・)

その内容は、以前、エリが神様の御使いから伝えられた内容と同じでした。
エリは目を閉じて、軽く頭を振りながら聞き終わると、

    「言いにくいことを、よく話してくれた。
     それは、神様からのお言葉だ。
     神様の良しとされることが行われますように・・」

と言って、サムエルをいつもの務めにもどした。

それから主はシロでサムエルに語られ、
サムエルは神様のお言葉を人々に伝えた。
まだ若いサムエルに人々が真剣に耳を傾けたのは、
常に神様が、サムエルと共に居られたからでしょうね。

こうして、彼、サムエルの名が、
北はダンから南のベエルシバまで、
イスラエルの人々に知られるのに、時間はかかりませんでした。