ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

担出された「神の箱」、 戦場へ行く!

死者約4000人

今、イスラエルはぺリシテ人と戦っています。
結果は芳しくなく、上記のような数字が出てしまっています。
昼も夜も、巧妙な作戦を立て、優秀な戦士を送り出しているのにです。

策は出尽くしたのです。(_ _|||)  
ランプの明かりがゆらりとゆれました。

   「そうだ!神様の箱をもってこよう。
    神様が共に居られれば、臆することはない。
    それを担いで出陣すれば、必ず勝利を得るはずだ!」
   「おお!!そうだ!!」
   「なぜもっと早くそれに気づかなかったのだ」

そのアイデアは、天からのもののように思え、
萎えていた彼らを奮い立たせました。

   「急げ!そうだ、今すぐだ!」

・・・   

   「おお〜い。来たぞ〜、神様の箱だ!」

待ちきれずに、見に行った兵士が駆け戻ってきて叫びました。
素晴らしではありませんか、
ケルビムの羽がきらきら輝いているのが見えてきました。
傷ついた兵士も立ち上がって、喜びの声を上げ、
手を振る者、駆け出してゆくもの、何か太鼓のようなものを叩く者(ノ≧∇≦) 

とにかく、

負け続きのイスラエル軍の中は、一瞬にして、
お祭り騒ぎのようになってしまいました。(*≧艸≦)
みんなの大歓迎の中を、しずしずと運び込まれた神の箱には、
祭司エリの息子、ホフニとピネハスが付き添っていました。


この騒ぎは、すぐに敵の陣営にも知らされました。

   「これは大変なことになったぞ!!」

なぜなら、
イスラエルの神様の偉大さは、周辺諸国に知れ渡っていたからです。
そうです、あの最強のエジプトから
さまざまな業を持ってイスラエルを導き出し、
荒野で40年間もその民を養い、約束の地へと導いた神様です。

ぺリシテ人は頭を抱えてしまいました。( *´ノд`)

    「何を言っているんだ。ここまで勝ち進んできたんだ。
     あと一押しだ。やるしかないぞ!!
     それとも、以前奴隷だったやつらの奴隷になってもいいのか」
    「そうだ、そうだ。今以上に気を引き締めてかかれ!」
    「おお!!」

恐怖に突き動かされたぺリシテ人は、がむしゃらに突き進んで行きました。
   
・・・

どうしたのでしょう?
イスラエル軍の姿が見えません。

あ、ぺリシテ人の兵士がいますね。
ちょっと聞いてみましょう。

    「すみませ〜ん。この戦の結果は・・」

    「はははは。。。。
     イスラエルの神なんて、チョロィものさ。
     どうだい、あれが、彼らの神の箱だ」
    「それで・・ハァ━(-д-;)━ァ...  あの箱はどうなさるので・・」
    「そうだなぁ・・、壊すにはもったいないからなぁ。
     神様が一つ増えたとゆうことで、
     戦利品はエベネゼルから、アシドドに運んで、
     我らの神ダゴン様の宮の端に置くらしいよ」
    「はぁ〜〜。そうですか・・
     それで、あの箱を守っていた人で、
     特別な服を着た人を知りませんか?」
    「特別な服を着た人ねぇ・・
     気がつかなかったけど」

あれぇ・・、ホフニとピネハスは大丈夫でしょうか?
気になりますね。

祭司エリは、道の傍らにある自分の椅子に座っていた。
日の光がまぶしいほどに彼の顔に注がれていたが、
彼の瞳はそれを捉える事が出来なくなっていた。

    「それではお父さん行ってきます。
     私たちが行けば、すぐに戦は終わりますよ」

にこやかに笑いながら言ったホフニの、その言葉が彼の耳元に残っている。

    「祭司様、戦場から使者が戻ってきたそうです」

サムエルはエリの耳元でささやいた。

    「そうか」

エリはもどかしそうに首を動かし、
あたりの気配を読み取ろうとした。
その横顔は、わが子を思う父親の顔だった。