ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

名前は、イカボテ・・・

エリの前にくずおれた兵士は、傷ついていた。

どうした。
目の不自由なエリは状況を読み取ろうと
首を伸ばして耳を澄ました。
「息子は、・・」
と言いかけて言葉を呑んだ。

   「箱が、箱が奪われました!!
    ホフニ様とピネハス様も亡くなられ、
    わが軍は負けました。」

   「なに、奪われた!神の箱がか!・・・」

エリは見えない目を天に向けた。
引き結んでいた唇が緩み、歯の抜けたそこから奇妙な音がして息を止めた。
    息子たちもか・・
肘掛を握る手に力が加わり、太く、青い血管が一瞬、張り詰めた皮膚の下にかくれた。
そうして、腰を浮かそうとしたとき
体のバランスを崩して、椅子が傾いた。

   「あ!!」

言葉と同時に腕を伸ばして、サムエルは駆け寄った。
が、
彼の指先は空気の流れを感じただけで、エリは仰向けに倒れていった。

   グギッ

不気味な音だった。
首の骨が折れたのだ。
体の動きが鈍り、太りだした彼の体重が、
己の首を圧したのだった。


ちょうどその頃、ピネハスの妻は臨月に入っていた。
彼女の耳元に、手伝いの女たちの上ずったひそひそ声が入ってきた。
 夫と舅が死に・・・神の箱が奪われたと・・・。

その言葉で、彼女の腰は突然、
ギリギリと、引き裂かれるような痛みを伴って開き、
男の子を産み落とした。
産後の疲れと心労とで、
心臓は耐え切れず、薄れ行く意識の中で彼女は言った。

    「名前は、イカボテ・・・」
その意味は(栄光はイスラエルを去った)でしたから
心配そうに、彼女のベットを囲んでいた女たちは、思わず顔を見合わせて、
唇を引き結び、うつむきながら、首を振った。

こうして、エリがイスラエルを裁いた40年間は、あっけなく幕を閉じたのでした。

                           
   (夏の終わりの向日葵)
 

  

それにしても・・
気になるのは、「神の箱」。
一体どうなったのでしょうね。


実は・・大変な事が・・