ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

従うことは犠牲にまさる・・・

サムエルはサウルに言った。

    「神様からのお言葉だ。
     アマレク人を罰せよ。
     彼らはお前たちの先祖が約束の地に行く途中、
     領内を通過することを拒んだ。さあ、一人残らずだ。
     牛も、ロバもすべての家畜もだ」

そこでサウルは、21万の兵を率いて、アマレク人の町を取り囲んだ。
しかしそこに、イスラエルに親切だったケニ人がいたので、
彼らは事前に逃れの道を用意してあげた。

彼らが逃げ終わると、サウルは直ちに攻め寄せて行った。
王アガグを生け捕り、他の人々はすべて倒し
火を放った。
家畜も次々と倒していったが、
兵士はその中から、上等な羊や牛を持ち帰った。

   「どうかこれらを神様に捧げてください」


夜、サムエルは祈っていた。

   「私はサウルを王にしたことを後悔している。
    サウルは私に背いている。
    わたしの言葉に・・」

サムエルは神様のお言葉に驚いた。そして夜を徹して、神様と語り合った。
次の日、サムエルはサウルを訪ねようとすると

   「王様は今回の戦にも勝利なさって、
    カルメル山に自分のための記念碑を建てられて
    すでにギルガルへ戻られました」

と、告げる者があったので、ギルガルへ。

サウルは上機嫌でサムエルを迎えた。

    「サムエル様、お言葉通りアマレク人をたおしました」
    「言葉通りだと?
     あの羊や牛の鳴き声はなんだ?」
    「あ、あれは、最上のものだけを連れ帰ったのです。
     神様への感謝の捧げものにするためです」

サウルはサムエルを、そこへ案内しようと指先を伸ばしたとき

    「サウル、忘れたのか!
     私はすべて滅ぼせと言ったはずだ。
     怒っておられるぞ、神様は!」

サウルはビックリして振り返った。

    
     「待ってください。
     アガグ王と、あの家畜以外はすべて滅ぼしました。
     連れ帰った動物たちは、民が望んだことなのです」
    「神様は上等な捧げものよりも
     そのお言葉に従う者を喜ばれるのだ。
     自分では小さいことだと思っても
     あなたはイスラエルの王様だ。
     神様はあなたに使命を授けて油を注がれたのですぞ」
    「ああぁなんとゆうことを・・
     私は罪を犯しました。
     この罪を許していただくために、お執り成しを・・」
    「もう、遅い!遅いのだ!!
     お前は、王位から退けられた」

荒々しくきびすを返して帰ろうとするサムエルに、
取りすがったサウル。
彼はひざまずいて、その衣の裾をつかんだ。

     「ま、待ってください。私は罪を犯しました。
      しかし今、あなたにこんな形で帰られては、
      王としての私の立場がありません。  
      どうかどうか、
      指導者たちが待っている場所までご一緒ください」

サウルは、サムエルの衣をつかんだまま言った。
それでサムエルはしかたなく、彼に従った。
会衆の前に来るとサムエルはサウルに言った。

      「アガグを連れてきなさい。」
アガグはこれで命拾いだと思い、それが顔にも表れていた。
そんな彼に向かって、サムエルの言葉は厳しかった。
彼がアガクの罪状を会衆に聞こえるように言い終えると
アガクの命はその場で絶たれ
会衆の戦勝の喜色は、一瞬で失せた。

それからサムエルはラマの自宅に帰り、
サウルはギブアに戻っていった。
その後二人は、二度と会うことはなかったとか。

でも二人とも、
それぞれの思いで、こだわって
互いに相手を思っていたみたい。

・・・

人間的には、あまり憎めないサウルですが
そう、悪い人間ではなかったと思うのよね。
彼は彼なりに一生懸命やってたし。
サムエルに責められれば、素直に罪を認めて許しをこうし・・
王様なのに・・・

サムエルの衣をつかんで離さなかったサウルの
我を忘れての行動には、ちょっと、じゅわ〜んです〜。
けど、どっか歯車が・・・・

彼は神様の言葉に従いながら
ところどころ、
自分の気持ちをはさんで行動して・・

     
     『エホバ その言にしたがふ事を 善(よみ)し給ふごとく
      燔祭(はんさい)と犧牲(いけにえ)を善し給ふや
      夫(それ) 順(したが)ふ事は 犠牲にまさり
      聴く事は 牝羔(めひつじ)の脂にまさるなり』



雨が降っています。
カラスが鳴いています。
寒いです。
サウル王に、突然、冬の季節が・・・


次回はいよいよ少年ダビデの登場です。
クリスマスの主人公のパパは、由緒正しいダビデの家系で〜す。