読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

言ってくれ、ダビデ。君が言うことは何でもするから・・・

     「お父様、あの人は私に言いました。
         『逃してくれ!さもないとお前を殺す』と・・」

ミカルは恐ろしい形相をした父サウルが怖かった。

     「なんだと、あいつがか!
      王女に向かってよくも言ったものだ!ヽ(#`Д´)ノ
      捜せ、殺してもよい。
      とにかく奴の居場所を見つけだせ!!」

サウルの目が吊りあがった。

一時、王子ヨナタンの説得を、素直に受け入れた王でしたが、
それからも、ダビデに槍を向け、
すきあらば命を、と狙っていたのでした。

昨夜、ダビデが家に帰ると、王の兵隊が彼の家を取り囲んだ。
カーテンの陰から、その人影を見つけたミカルは、
ダビデに言った。

     
「逃げてください。明日にはあなたの命が危ない。
           後は私が何とかします。」

渋るダビデを泣き口説いて、逃がしたのは彼女だった。(/ω\*)
ミカルは急いで寝床に偶像を運び込むと細工を施した。
夜が明けると、王の兵士が乱暴に家の中に踏み込んできたので
ミカルは言った。
 
    「主人は病気で起き上がれません」

しかし、王はそのまま運んでくるようにと命じたので
兵士は部屋に踏み込み、荒々しく上掛けをめくると、
ミカルの細工が現れたのでした。
     「お、お前は、父を欺いてまで奴を逃がしたのかぁ」
      
サウルの殺気だった声が彼女の頭上を飛びます。
彼女は身の危険を感じて、とっさに出た言葉があれでした。
それは、火に油を注ぐ結果となってしまいました。。

ダビデは窓から伸びた綱を伝って飛び降りると、
足は自然とラマに向かいました。
預言者サムエルが居るところです。
彼はダビデの話を聞くとすぐ、
ダビデを伴ってナヨテに行き、そこに住むことにしました。
     「王様、ダビデの居場所がわかりました。
      ナヨテです。
      預言者サムエルが指導する、
      預言者の群れに紛れ込んでいました」

     「よくやった。行け!捕まえて来い!」
王の兵士が勢い込んで飛び出して行きました。。
今のミカルにできる事は、駆け去った兵士たちが残した、
淡い土煙を心配そうに見つめることだけでした。
     
      「申し上げます。
       ダビデを捕まえに行った兵士たちですが、
       預言者の群れに巻き込まれ
       王様のお言葉を忘れたようになって
       一緒に預言をし
       神様を賛美しています。」

      「なんだと、どうゆことだ。
             わしの命令を忘れてだと・・
       引きずって来い、ダビデだ。
       弱腰の兵士もだ!」
しかし、第二弾の兵士たちも、
その後、続いて送り込んだ兵士たちも帰って来ませんでした。
     「一体何をしているのだ!!
      役立たずの兵士らめ!!
      よし、王自ら出かけて行って、
      ダビデの首を跳ねてやろうぞ!!」

サウルは、精兵を選んでナヨテに向かいました。

ところが、ナヨテにつく前からサウルの様子がおかしいのです。
なんと、彼もまた、神の霊に満たされて預言を始めたのです。
ナヨテにつく頃には着物も脱ぎ捨てて、
サムエルの前で預言をし賛美し続けたのでした。

   (もう、王様としての威厳なんかあったものではありません。
    それに、あんなに会いたがっていたサムエルさんが、
    目の前に居るのにぃ・・
    王様の目にはサムエルさんが入らなかったようです。)

気づけば、裸のまま地に倒れ付していたサウルでした。それで、

         
      「王様も預言者だったの?」

っと周りの人はいぶかったのでした。

サムエルと預言者に助けられたダビデですが、
彼はまっすぐヨナタンに会いに行きました。

      
    「王様の思いは変わりません。
     私の命は狙われています」
  
    「父は、何でも私に話します。
     私があなたを気に入っていることも知っています。
     だから、
     だまって事を起こすことはありませんよ。」

    「だから? 
     だから、あなたを悲しませたくないのです。
     この事をあなたには仰らないのです。
     私の命は死と隣り合わせです」

ダビデとヨナタンな顔を見合わせ、それから、
一人は腕を組み、一人はその片方の手を頬に当て、
深いため息をつくのでした。  ハァ━(-д-;)━ァ...

突然ヨナタンが言った。
       
       「言ってくれ、ダビデ。
        君が言うことは何でもするから・・」

ヨナタンは、組まれたままのダビデの腕に手を伸ばした。

              (?? なんか、立場が違うような・・)




・