読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

サムエル死す!


サウルはすっきりとした気分で洞穴を出た。
それから、精兵3000人を整列させて、
谷間の向こう側の道を歩き始めた。

 「サウル王様ぁ〜!」

突然、すずやかな声が辺りに響き渡った。

 「ややっ! その声はダビデ?!」

 「はい、ダビデです。
  これをご覧ください。あなたの衣の切れ端です」

王は目線を自分の衣の裾に注いだ。
周りの兵のどよめきが波紋のように広がった。

 「先ほどの洞穴に私は隠れていたのです。
  そこにあなたが入ってこられたので
  切り取ったものです」

ダビデは両手で切れ端を掲げ直して言った。

  「あの時、王様のお命は、私の手の中にありましたが、
   わたしは手をつけませんでした。
   あなたは油注がれたお方です。
   イスラエルの王は死んだ犬、一匹の蚤を追っているのです。
   どうか、周りの人の言葉に惑わされないでください」

その言葉にサウルの肩が震えた。
大粒の涙が、うめき声とともに溢れ出た。

  「ダビデよ、あなたは私よりも正しい。
   私は今日、あなたが神様に祝福されて、
   次期イスラエルの王だと分かりました。
   どうかその時、
   私の家系を絶やさないでください」

  「王様、私は約束します。
      あなたの家系を絶やしません」
ダビデはヨナタンのことを思って泣いた。

それからです、ダビデとサウルに油注いだ預言者サムエルが
静かに息を引き取ったのは・・・。

イスラエル全土は喪に服し、彼はラマの地に葬られた。
サムエルが去った後も、サウルは彼を師と仰いで
事あるごとに、彼だったらどうするだろうかと思案したが、
サウルの心の病は一向によくならなかった。

*「すっきりした」・・・・「トイレットタイム」でしたぁ。

・・・・・・・・・・・・・




ちょっと尾篭なお話ですが・・・

そんなに古いことではありませんが・・

ひよこが買い物に行く途中にある角っこの交番
親切なおまわりさんがいて、
子供たちもよく立ち寄ったり
挨拶したり・・

その日、ひよこは
交番を左手にして角を曲がり
一歩、二歩,三歩、
もう、交番の裏側

その壁にもたれかかるようにして
「すっきり」
の人が立っていました。

あれって、
子供っぽいいたずら?
スリルに満ちた快感?
権力へのささやかな抵抗?


・・・・・・



広告を非表示にする