読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

サウル逝く

サムエル記


  「もちろんです。
   あなたのおっしゃるとおりにいたしましょう」

ダビデは絡みつく人々の視線を
いとも簡単に跳ね除けて
即答した。
小さなざわめきがダビデを取り囲んだが
ダビデは気にしなかった。
肩透かしをくった者たちは、いまいましげに唇を噛んだ。
王は満足そうにうなずくと

   「それでは、私の護衛をしてくれ」

ざわめきは驚きに変わって、王の顔を見つめて静まった。

ペリシテ軍はアペクに集結した。

ある日、それぞれの隊の指揮官たちが、
顔を真っ赤にし、息を荒げて、王の前に立った。

    「王様、あなたの周りにいるならず者は、
     イスラエル人と知ってのことですか?
     あの者は「万人を打った」と歌でも歌われているダビデです。
     聞けば、彼らがあなたを護衛し、我らの後からついて来るとか。
     いけません、危険です。
     彼らが裏切った時のことを考えてください。」

    「まてまて、彼は私の元に逃げ延びて一年以上になるが、
     何一つ落ち度がない。かって敵でも今は仲間だ・・」

    「とにかく、ダビデが後ろからついてくるのであれば、
     我らは安心して戦うことが出来ません。
     返してください。」

彼らの勢いに押された王は、ダビデに言った。

    「残念だが、そう言うわけだ。」

    「王様のために、この力を使うことが出ないのは残念です。
     今日まで、何一つ過ちを犯してこなかったのに・・」

    「そのとおりだ。お前には何一つ手落ちはない。
     無いが、ここはひとまず引き返してくれ
     軍の士気を乱したくないのだ。」

王はダビデに済まなさそうに言った。

      わぁぁぁ・・・よ、良かった〜ぁ・・冷や汗たら〜り・・
      ダビデさ〜ん、あなたも内心ホットしたのでは?
      「いえ、どちらにしても神様の導きがありますから・・」
      本当ですか?
      あのイサクの心境なのでしょうか?*1

次の日早く、ダビデたちは物音も立てずに立ち去った。
彼らの後姿を見送るようにして、
ペリシテ軍はイスラエルの地に進軍して行きました。

そのころサウルは、
昨日聞いたサムエルの言葉と、寝不足と、恐れの中で震えながらも
健気に自国の軍をギルボアに集め、敵と対峙していた。

サウルはペリシテ人の大群が押し寄せてくることを知ったとき
神様にすぐお伺いを立てた。しかし、、
祈りによっても、ウリムによっても、預言者の口を通しても
神様のお言葉を聞くことが出来なかった。

気が狂いそうだった。
頼るべきサムエルは、ラマに葬ったばかりだ。
彼は家来に言った。

    「占い師を探せ!急げ!聞きたいことがあるのだ」

王は青い顔を引きつるようにして言った。
占い師が見つかると、
サウルは王冠を置き、王衣を剥ぎ取った。

二人の従者を引き連れて、怪しげな家に着くと、

   「私のために、術を使って人を呼び寄せてくれ」

女は一瞬顔を隠した。

    「どうして私のことを・・?
     サウル王様は、占いを禁止なさったんですよ。
     もし王様に見つかったら、私の命はありません。
     あなたは私を試しに来たのですか?」

    「いやそうではない。急いでその人の言葉を聞きたいだけだ」

    「だめですよ。私の知り合いはそう言われて騙されて
     追放されたり、殺されたり・・」

     「あなたの命は大丈夫だ。主は生きておられる」

こうした押し問答の末に、主従は女の家に入り
サウルは薄暗い部屋の片隅の椅子に腰を下ろした。

     「それで、どなたを呼び出したいの?」

     「サムエルだ」

サウルは両手を握り締めながら言った。
女は薄いカーテンの奥に消えた。
サウルの肺の中に濃厚な香りが充満し
息苦しさに大きく息を吐き出したとき
ガタ!っと何かが倒れ
女の悲鳴が薄いカーテンを突き破るように響いた。
サウルは瞬時に立ち上がり、
カーテンを押し上げた。

     「だまされた!あんたは王様だ!」

女はサウルを指差して、震える声で言った。

     「何が見えるのだ!言え!」

サウルは押し倒すような声で女に迫った。

     「神のような方が見える!
      白いひげが光っている!
      何か特別な上着が・・・」

その言葉にサウルは、ガバッとひれ伏した。

     「なぜ私を呼び出して、煩わすのだ。」

懐かしい声だった。

     「助けてください!
      もはや私が頼るべき人は、この世に誰もいません。
      神様さえ、私の叫びに答えてくださらないのです。」

     「サウル、私は既にあなたに言ったはずだ。
      そのことが始まったのじゃ。
      あなたには人一倍の信仰心があった。
      しかし、独りよがりのものだったのじゃ。
      あの時、アマレク人を全滅させなかったことが
      その証拠ではないか。*2

      今、私があなたに告げることは
      悲しい言葉しかないのだよ。
      あなたとその家族は明日、私のところに来る。
      イスラエルの軍勢もペリシテ人の手に渡る。」

絶望だ!サウルの意識は耐え切れず、途絶えて床に倒れた。
その音に、二人の従者が飛び込んできて、王の体を支えた。
女は冷たい水を、半ばこぼすようにして渡しながら、
哀れみのこもった声で言った。

      「一日中、何も口になさっておられなかったとは・・
       このままではいけません。
       どうぞ、一口パン食べて、力をつけてください」

      「いや、だめだ!何も口にする気はない」

サウルは首を振った。
しかし、従者も女も強いて勧めたので、サウルは黙ってしまった。
女は、従者の目の奥を見つめ、うなずくと、
その部屋を出て行った。
彼女の足は、可愛がっていた子牛の方へと急いだ。

女が部屋のドアを開けた。
色よく焦げ目のついた種入れぬパンと、
香ばしいにおいを湯気にいっぱいに絡ませた煮物を器に盛って
サウルたちの前に置いた。
たちまち部屋は、心地よい温もりと、香りに包まれ、
彼らはその器を空にすると、その家を離れた。

空を見上げれば、満天の星々がぼやけて見えた。
主従は黙って道を急いだ。
サウルはこれが、最後の食事だ、と、覚悟を決めた。

朝餉の準備の煙が絶えたばかりだとゆうのに、
かすかに小競合いの声が聞こえてきた。

サウルは静まって、兜の緒を締めた。
剣の柄に置く手に力がこもる。

   「良いか、最後まで
    王家の者として恥じることのない戦をするのだ」

サウルは息子たちの顔をじっくりと眺め、戦の指図をした。*3

あっとゆう間だった。
潮のごとく押し寄せたペリシテ軍に、イスラエル軍は飲み込まれ
多くの者がギルボア山を最後の血潮で染めた。

王子たちの血も流されると、
標的はひとつに絞られた。
サウルは果敢に立ち向かい、敵方に多くの負傷者を出させたが
時間の問題だった。
いかに気丈に振る舞い、最後の意地を通した所で
体力の消耗いちぢるしく、
兜の重みをずっしりと肩に感じて片ひざをついた。

気づけば、幾筋もの矢を身に受け、
ざくろのように切り開かれた刀傷からは
絶え間なく血が噴出して、
道に真っ赤な花を咲かせていた。

    「もはやこれまでだ!!
     剣を抜いて、わしを刺し殺せ!」

サウルは血に染まった顔を従者に向けて叫んだ。
年若い従者は、プルプルと身震いするばかりで
言葉を失って後ずさった。

     「無割礼の者どもに、討たれてなるものか!」

彼は滴る血を左手で拭うと、
若者の持つ自分の最後の剣を引き抜いた。
きらりと天を突くそれは、
一点の曇りも無くサウルの姿を捕らえた。

彼は、はっと息を呑んだ。
その姿は、今までの彼の人生と重なった。

    ああ・・

と驚愕の声を発して、
サウルは剣を引き寄せた。

血走った白目の中に、潤んだ瞳が彼を見つめた。

    神様〜〜。
    私を、この汚れた私を清めてください。

涙が落ちた。

ぼやけていた己の姿が、
鋼鉄の研ぎ澄まされた静けさの中に捕らえられて泣いていた。

忘れていたその澄んだ輝き、
すっくと天を見上げた潔さ
風を捉えて歌っているようだ。

サウルの中に、油注がれた日の無垢な心が蘇ってきた。

    サムエルよ、私は今、お前のそばに行く。
    どうか、神様に
    この愚かな私を執り成して、許しを請うてくれ・・

彼は剣を立てると、
そのすらりと伸びた切っ先に、己の身を預けた。
やっと出合えたその、
純な心を見失うしなうまいと
彼は、自らの時に、どどめをさしたのだ。

真っ赤な血の海を逃れた切っ先が
日の光を求めて伸びて
きらりと光る。
何かを、見送るようにして
フルフル振るえていた切っ先が止んだ。

若い従者はそれを見届けると、
遅れまいとして、彼の後を追った。

梢を渡る風の歌が
穏やかな日差となって
主従の背中をなでて行った。


ああ、これが見目麗しく、人々が願望した、
初代イスラエルの王様の末路でした。

ちょっと現場を書きすぎたけど・・
王様は、油注がれたときの
純粋な心に戻っていた、と・・・

願望です、ひよこの・・・






*1:イサク・自分の一人息子を生贄としてささげた。が、危機一髪で、代替の子羊が与えられた。

*2:神様はアマレク人を全滅させ、その戦利品にも手をつけるなとおっしゃったのに、サウルの勝手な解釈で、自分の目に良い物を残し、神様に捧げようとした。

*3:サウルの息子:ヨナタン、アビナダブ、マルキシュア

広告を非表示にする