読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

これはダビデのぶんどり物だ〜!!

サムエル記

サウル王が倒れた!!

その知らせは、谷の向こう側や、ヨルダン川の向こう側にいたイスラエル人を
我先にと、町を捨てて逃げださせた。
それを見たペリシテ人は、すぐに、その町に入って住みつきました。。

翌日、
ギルボア山に横たわるサウルと、三人の王子の遺体は発見され
サウルの首は掻き切られ、
王の鎧はアシタロテの神殿に、感謝の報告と共に奉納され
彼らの遺体は、べテシャンの城壁にさらされました。
そのことは朗報としてすぐに、ペリシテ人の全地に伝えられました。

ヤベシ・ギレアデの住民が、それを知ったとき、

    取り戻そう。
    王様のお体をなんとしても。

悲しみの中から声があがり、勇士たちは立ち上がり 
危険を顧みずに夜通し歩いて、
サウルと、その三人の息子たちの遺体を取り戻しました。
それから、ヤベシの大きな柳の根方にその骨を葬り
7日間断食し、喪に服したのでした。
彼らは、サウルがしてくれた恩義を、忘れてはいなかったのです。*1

もちろん、ダビデたち一行は、まだそれを知りません。
ペリシテ軍から除け者にされ、三日間かけて
たった今、
妻子の待つチクラグに戻ってきたばかりですから・・。

しかし、彼らがそこで目にしたものは
信じられない光景でした。

町は焼かれ、くすぶる煙の中に
愛する者の姿はありません。
すべて捕虜として、連れ去られた後でしたから。
アマレク人の仕業です。

ダビデの従者たちは、やり切れない矛先を
彼に向け、石で殺してしまえと、殺気だちました。

ダビデはすぐ、アヒメレクのエポデに頼りました。
    
   「彼らを追いなさい。
    あなたは追いつける。
    連れ去られた者たちは、全員、助けることが出来る。」

神様の答えが出ました。
ダビデは自分を励まし、600人の従者を説得し
休むまもなく、アマレク人の後を追いました。

ベソル川まで来た時、
疲れきって川を渡れない者が、200人も出てしまいました。

ダビデは迷うことなく、200人をそこに置き、先を急ぎました。
それにしても、目の前に広がる荒野の、
何処へ行けばいいのでしょうか?
ダビデは迷いながらも、進む道を選びました。

すると、一人の男が、土塊のように、うずくまっているではありませんか。。
聞けば三日三晩、何も口にしていないとか・
彼を介抱し、言葉を聞けば

   「私はエジプト人で、アマレク人の奴隷でした。
    このところ、戦続きで
    私は病気になり、主人は私を捨てました。」
    
    「それで、チクラグも襲ったのか?」
    
    「はい」

    「よし、私たちを、その軍隊の所に案内できるか?」
    
    「ぞうさもないことですが、
     私の命を守ってくだされば・・」
その男の案内で、場所はすぐに知れた。
アマレクの兵士は美酒に酔いしれ、醜態をさらし
勝利の大宴会を開いていました。

決着はすぐつきましたが、
400人の若者は、らくだに乗って逃げ去りました。
それでも、奪われたものはそっくり取り返し、
彼らの家畜も奪ってきました。

    「これはダビデのぶんどり物だ〜」
    「これはダビデのぶんどり物だ〜」

先頭を行く者たちに、そんなふうに叫ばせながらの行列だったので、
縁沿いの人々は驚いて家から首を出し
常日頃いじめられていたアマレク人に、勝利しての帰りだと知って
歓声を上げ、手を振ってダビデ一行を労いました。

川が見えてきました。
200人の兵士たちも、ダビデたちを迎えました。
ダビデは気前よく、彼らにも、ぶんどり物を分けてあげました。

     「え!待ってください。
      彼らは、何の働きもしていませんよ!」 ( ̄□ ̄#)

当然、こんな意見が飛び交いましたが

     「これは、主が与えてくださった物だ。
      行った者も残った者も、平等に祝福されるべきだ。」

と、ダビデは主張し、それは、
それからのイスラエルの麗しい定めとなりました。

気配りのダビデは、逃亡生活中に世話になった町の人々にも

     「これはぶんどり物の一部で、神様からの贈り物で〜す」

と愛想よく言って分配しました。(ダビデって気が利く〜う・・・)( ゚^∀^゚)σ

逃亡生活4年ともなると
彼はその土地の隅々まで知り尽くし、
味方としての、ユダの人々の心をつかみ、
敵の内情までも、がっちりと知り尽くしていました。

サムエルの予言が
現実味を帯びて光りだしたのは
ダビデが、
サウル王の悲報に接してからですが、
その以前から、着々と地固めがなされていたのです。

人間的にも、ぐっと成長したダビデの、これからが見ものですが、
勢いに乗った人間には、また誘惑がつきもの
ダビデはどう対処して行くのでしょうか。

次回は、いよいよ「サムエル記 下」に突入です。

*1:アモン人ナハシがヤベシ・ギレアデの住民に難問をふっかけた時、サウル王様が危機一髪で助けた。