読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ああ、勇士たちは倒れ・・


    「なに、王様の最後を・・」
気になっていたイスラエル軍の消息は
唐突に、一人の男によってもたらされた。

敗走するイスラエルの陣営から逃れてきたという、
その男を前にして、ダビデは言葉に詰まった。
ずっと、ずっと気になっていたから・・

高まる感情を抑えつつ、ダビデは言った。

   「それを証明できるのか?」

   「はい、この王冠と腕輪です。
    サウルが身に着けていた物です。」
彼はうやうやしくそれを、ダビデの前に置きながら
言葉を続けた。

   
   「私はギルボア山で、
    たまたま瀕死のサウルに出合ったのです。
    サウルは私に言いました。
    『殺してくれ、アマレク人に見つかる前に・・』
    それで、私が最後の刃を下ろしました。
    三人の王子も戦死しました。
    あなたはペリシテ人に寝返ったと聞いています。
    それで、この良い知らせを伝えるため、
    急ぎ、あなたの所にあがったのです。」

   「あなたはどこの人ですか?」
 
   「アマレク人で、寄留の他国人です。」

   「どうして油注がれた者を殺したのだ?
    あなたの流した血の責めは、あなたにある!

    殺せ!!」

ダビデは、荒々しく席を立った。
    
         この若者、ダビデに取り入ろうと偽ったため、
         自分が手を下したわけでもないのに
         命を絶たれてしまいました・・・

ダビデも周りの者も、
衣を裂き、一日食を断って喪に服しました。

ヨナタンの死。
それは受け入れがたかった。
王子で、ダビデよりも年上、
それなのに二人は、
身分を越えた、愛と信頼の絆で結ばれていた。

それは、ダビデが次期イスラエルの王を示す、
『油注ぎを受けた』と知った後も、変わらなかった。

ダビデはヨナタンから贈られた弓を引き寄せ
その強弓の弦に触れた。

満天の星はダビデの悲しみを知るかのように
いつまでも、フルフルゆれていた。

   「ああ、勇士たちは倒れ
    戦いの器はうせた。」

次々に浮かぶサウル王の長所と、
ふんけいの契りを結んだ、ヨナタンのこと。
そして、
弱体化してゆく、母国イスラエルのゆくすえ・・

ダビデの唇から流れ出た哀悼の言葉、それは、
『弓の歌』と呼ばれ、後世に受け継がれました。

・・・

いまや、永遠に、
サウルの手から解き放たれたダビデ。

彼のゆえに味わった
苦節の逃亡生活の、熱き炉から取り出され、
打ち叩いて鍛えあげられて、
次なる役割のため、
研ぎ澄まされて、

見よ、

すらりと伸びた切っ先の、なんと麗しいことか。
神に愛されたダビデ。
主の剣となりて天翔けよ!!


ひよこが言わなくっても、彼はそうするのですが・・・。

そういえばサウル王様は
「自分の家系を断たないでくれ」って言ってましたっけ、
ヨナタンも言ってましたね。
「自分の名をダビデの家から絶やさないで」って。


サウル家には・・じつは・・
出陣していない四男が居りまして。
城を守っていたのでした。
守っていたとは体裁がいいですが・・

とにかく形だけでも王位をと
優秀な部下が後押しして、サウル王様の跡に据えました。
そうでもしなければ国はがたがた、

でも、ここでサウル家から王が立てられると
ダビデさんが王様になる道はさらに
遠のくのでは?

どうなのでしょうね?