読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

アブネルの思惑

サムエル記


アブネルの怒りはすぐに収まり、その後の動きは早かった。
それは、今まで何度か頭に描いていた事だった。

ダビデとはサウル時代、共に力を競い合い、
お互いに尊敬もし、切磋琢磨した仲だ。
彼だったら、サウル家を絶やすようなことはあるまい。
逃亡生活で練られた統率力と人格、品性、人望、どれ一つあげても
彼こそ次期イスラエルの王としてふさしく思えた。
彼の下でなら、存分に自分の実力を発揮し
国のために働ける。
そう踏んだアブネルはダビデに会見の手紙を送った。


ダビデはその手紙を読んだ。
彼が味方になれば、国の統一も一気に進む。
よし、会おう。
ダビデは即決した。
しかし、はっきりと条件をつけた。

*サウルの娘ミカルを連れてくること。

逃亡生活中にダビデは
二番目の妻、アヒノアムをめとり、*1
才色兼備のアビガイルをも妻としていた。*2
そして、ヘブロンに住んでからも、
次々と四人の妻を迎え、それぞれ一子を儲けたので、
ダビデの子は6人になっていた。

ミカルが再婚したことは知っていたが、ダビデにとって、
彼女を手元に引き寄せることは、当然のことだった。
ミカルはまだ自分を愛している、と思っていたし、
ダビデもまた、彼女を忘れてはいなかった。それに、
イスラエルの王の妻として、ミカルをそばに置くことは
一種の箔付けでもあったし、
イスラエルを惹きつける事にも、一役買うはずだ。
ダビデは極力、同胞との争いを避けたかった。

しかし、彼の顔はさえなかった。
手紙を机の上に置いて、立ち上がったときには
少しばかり眉根を寄せ、
手は無意識に、自慢のひげに触れていた。

ヨアブだ。
彼の側近で、軍の長を務めるヨアブだ。
ダビデの甥で、幼いころより慣れ親しんで、
いつもダビデと共に居た彼だ。
彼は逃亡生活中、片時も離れず、ダビデの右腕として機敏に働いた。
しかし、ヨアブの弟が、アブネルに殺されてからは、
仇は討つ、と、口角唾を飛ばしながら言い続け、
意味もなくサウル家を攻めては、その機会を伺っていた。
ダビデは幾度か、感情に偏りがちな彼をたしなめたが、
こればかりは譲れませんの一点張り。

やばい、両者を今、合わせてはダメだ。
ダビデはすぐさまヨアブを呼び寄せ、
先ごろ小競合いが始まっていた地方の
安平定のため、急遽そこに向かわせた。
これでしばらくは帰ってこれまい。
ダビデは苦肉の策に、頭を掻いた。

アブネルは足を速めた。
イシボセテもすでに了解しての、今回の会見は、
ダビデからの条件をかっきりと満たしていて、
気持ちの良い会合となるだろう。

既に、イスラエルの長老たちや、
サウルの出身部族ベニヤミン人とも話し合っていて、
今や、ダビデを王として、イスラエル統一の目論みに
何の支障もなかった。
良い手土産だ。
彼は、従者をギリギリの20人とした。
                                           
彼はまぶしい日差しに目を細めながら、後方を眺め、
ミカルの輿を確かめた。

ミカルは夫ダビデの逃亡を助けたことで、
父サウルの怒りに触れ
無理やり、
再婚させられたいきさつがある。

はじめ、ミカルは拒み続けたが、
相性が良かったのか、
夫となったパルテエルがやさしかったのか
夫婦仲は良かった。
青天の霹靂。
つつましい二人の生活に、竜の牙が伸びたのだ。
泣きながら妻の後を追いかけるパルテエルを
邪険に押しとどめて
連れ出したミカルのその顔は、終始、無表情だった。    
        (あれ?・・人前に顔さらしちゃあダメだったよね?
               どうして、無表情ってわかったの?・・・
         それは、ひよこさん、あんたの想像でしょ。  
               ははぁ・・そうでしたね。ひよこの想像で〜す。)

輿の上でゆれるミカルの、閉ざされたベールの奥で
彼女は何を思っているのだろうか・・・・
アブネルはちらりと、そんなことを思ったが
前を向いた彼の頭からは
すっぽりと、それらは抜け落ちていた。

そして、
ユダの町、ヘブロンが
赤茶けた丘の向こうに見え隠れしだした時には
南北統一後の、麗しいスラエルの姿と
そのために奮闘した自分の勇姿がダブって、
彼の心は若者のように浮き立った。






*1:ユダの山地の長老の娘。長男アムノンを出産

*2:大金持ちのナバルの妻だった。次男キレアブを出産

広告を非表示にする