読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

「神の箱」をエルサレムに!

サムエル記

ダビデたちの作戦は当たった。
まさか水をくみ上げる細い縦穴を登ってこようなどとは
誰も思わなかったからだ。
もちろん一番乗りはヨアブだ。
後にこの功績が認められ、ダビデ軍の総司令官に任じられました。

こうしてヨシュアの時代以来、
イスラエルの激しい攻撃に屈せずに反抗し続けていた
無敵の要害都市エルサレムは陥落したのでした。*1

ダビデは標高800メートルにあるこの要害に
さらに堅固な城壁を積み上げ、そこを「ダビデの町」と命名しました。
広さは東西120メートル、南北約375メートル
こじんまりとした町だ。


ダビデの快進撃を眺めていたツロの王様が*2
遷都を祝福して王宮をプレゼントしたいと名乗りを上げました。
太っ腹ですね。
ダビデは喜び、イスラエルの民はビックリ。

大きな石が割られ、綺麗に磨かれ、組み立てられてゆく。
室内には杉を使って内装が施され、木材の香りも芳しい。
当時イスラエルには石工も、大工もいなかった。
彼らは家畜を飼い、大地を耕すことしか知らなかった。
ダビデもまた、
驚きと感動のこもった目で出来上がってゆく王宮を眺めた。

自分が王とされたことも、この素晴らしい王宮の主になれるのも、
すべて神様の祝福があったればこそだ。
ゆめゆめ忘れることなく、これからも神様を第一として行こう。
新しい決意に彼は武者震いした。

建物が完成すると、ダビデは家族を引き連れて王宮に移り住んだ。
すでに7人の妻がいたが、王宮に移り住んでからも沢山のそばめと
妻たちを迎え入れたので彼の家族は膨れ上がった。


   ダビデがイスラエルの王になっったぞ!
   ダビデって?!
   あの、アキシ王に可愛がられていた逃れ者のダビデか?
   そうよ。チクラグにいたときからどうも様子がおかしいと思っていたが
   やはり、イスラエルと縁を切っていなかったようだ。
   王様の目が届かない僻地をいい事に、好き勝手なことをしていたようだ。
   わしらは騙されていたってわけだな。
   それにしても、あの戦で彼をしんがりになんぞしなくて良かったよ。
   やっぱり胡散臭いやつだったんだ。
   王様の恩も忘れて・・

ペリシテ人は怒っていた。
彼らはダビデを討ち取ろうとレパイムの谷に陣をしいた。
それを知ったダビデは神様にお伺いを立てた。すると、 
   「彼らをあなたの手に渡す」とのお声。
それでダビデは戦いに応じた。

ダビデの手際の良い戦略に相手はビックリ仰天
彼らの守護神を運び去ることもままならず、戦場に打ち捨てて逃げてしまいました。
二度目の時は、神様のお指図で、敵の後ろに回って攻め、
勝ち戦の勢いで彼らの土地をも奪いとりました。

今だ!!この勝ち戦の高揚感を次のステップへつなげるぞ。
ダビデは尽かさず国家的事業に着手しました。
スローガンは「神の箱をエルサレムに!」

    「神の箱」は祭司エリの時、シロから戦場に担ぎ出されて来たのですが
    この神様の威力は敵国ペリシテ人にも知れわたっていました。
    彼らの心は萎えました。が、
    窮鼠猫を噛むの心境でイスラエルに立ち向かったので、勝ちました。
    ところが、その箱のおかげで不吉なことが次々と起こって、始末に困って、
    「神の箱」を牝牛に牽かせて返しに来るのでしたね。
    それからも色々あって、
    落ち着いた先がキリアテヤリムの丘の上のアビナダブの家。
    あれからすでに7、80年もの歳月が流れ去っていたのです。

ですから民は狂喜して喜びました。
全国から選び抜かれた優秀な軍人を3万人も集め
真新しい牛車も用意しました。
その両脇に祭司アビナダブの子孫のウザとアヒオをつけました。

   この事業は、神様に相談しなかったみたい。
   きっと、神様を驚かせたかったのかも。
   でも、それが・・・ああ、(涙)

いえ、神の箱はしずしずと運び出されたのです。
この日を祝するかのように天候にも恵まれ、
ひと目この豪華な行列を見て、子孫への語り草にしようと
遠路人々が集まり、見守っていました。

     ねえ、ちょっと、なにか?
     何か、おかしくないですか?
     何我です?
     なんでしょう?
     ちゃんと言えませんが、なにか・・

     あ、わかりましたか?
     凄いですね、記憶力がいいですね。

     ひよこは・・ちょっとぉ・・
     なんだろ?何が変なの?


*1:エルサレムの昔の名は「エブス」。そこに住んだエブス人は土着のカナン人の一種族だったとか・・。

*2:現在のレバノン