読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

破ってはならないものは・・

サムエル記

   
   「わあ〜ぃ!行列が近づいて来たよ。
    きらきら光ってらぁ。
    箱の上で天使が翼を広げてるよ。
    凄いなぁ。僕、こんなの見たことないよ。」

   「まぶしいのぉ・・すべて金で出来ているからのぉ。
    あの箱には、わしらの歴史が入っておるのじゃよ。  
    ほれ、坊主いってみい。
    あの箱の中味はなんじゃ?」

   「知ってるよぉ〜。
    ええっと〜、マナだろ。金のつぼに入ってるんだ。
          それから杖だね。アロンの芽が出た杖だ。
    それから〜・・・」

男の子はうつむいて三つ目の指を折ろうとしましたが、
折れません。

    「ほほぉぉ・・それからなんじゃ?
     これこそ一番大切なものじゃぞ。」

    「ええ〜とねぇ・・うう〜ん・・なんだっけなぁ?」

男の子の目の前で、琴と立琴と手鼓と鈴の音が一段と大きく響きました。
賛美と感謝の歌が男の子の耳をふさぎます。
感動してその子がおじいさんの手を握り返した時でした。

    モォ!牛が鳴き
    牛車がきしみ
    ギギギ〜ッと神の箱が動きました。

    あっ!!わっ!!きゃ〜ぁぁぁあ!!
神の箱を目の前にした人たちは驚きの声を上げて、
思わず前にのめりながら手を差し出してしまいました。
荷車が道に突き出た石に乗り上げて、神の箱が動いたのだ。
まして、脇にいたウザは当然のごとく神の箱を押さえました。

   そうでしょう。そうでしょう。
   そうしなけれはバランスを崩した神の箱は
   ひっくり返って落っこちてしまったはずですから。

ほっ!安堵のため息が水喪を渡る風のように静かに広がりました。が、

    ガガガガ!! ビキイイイイ〜ン!!  
    ピカリ!!  
    稲妻が走りウザの手を打ちました。

あの静けさはまやかしでした。
あっとゆうまに神の箱の周りは騒然となったのです。
ウザが見るも無残な姿で倒れています。
    そういえばモーセの時代、アロンの息子たちが
    礼拝の手順を間違えて神様に打たれたことがありましたっけ。*1

男の子は目玉が飛び足すほどビックリして立ちすくみました。
すばやく老人が彼を抱きかかえ、膝をついてうずくまりました。

   ダビデが来ました。
   現場を見た彼はビックリ仰天、
   何てことだ!!
   下がれ!!近づくな!神様が怒られた!!
   今日の行進はこれまでだ。

ダビデは神の箱を持ち帰る勇気が萎えました。
それでガテ人オべデエドムの家に急きょ運ばせました。
その場所って、アビナダブの家よりも遠い所だったらしいですよ。
ダビデの慄く様が伝わってきますね。

三ヶ月たってみると、驚きです。
オべデエドムの家は見る間に栄え、
彼のなすことすべてが祝福されていったのでした。
その報告に、「神の箱をエルサレムに」
再びダビデの心に火がつきました。

もちろん、前回のような失敗は許されません。
彼は神様の規則を丁寧に読み直しました。

   最初っからそうすべきでした。
   てゆうか、祭司は知ってたはずなのにね。
   時が流れてしまうと、
   記憶は薄れ、規律も緩んできてしまうのでしょうか。
   それともダビデが出しゃばり過ぎて、王様ですからね・・
   口を挟むこともはばかられたのかしら・
   勢いのある人のそばにいると、
   その渦に呑まれてしまうのかも・・

とにかく万全を尽くして
再度、神の箱を運び込むことにしました。

それは前にもまして華々しく素晴らしい行列になりました。

今度は牛車でなく祭司が神の箱を担ぎます。
ダビデはその行列が六歩進んだ所で
感謝の捧げ物をささげました。

いよいよエルサレムに神の箱を納めることが出来る!!
ダビデは興奮し、自然に手足が舞い踊り、
賛美の歌が唇から漏れ、神の箱を自ら先導しました。

前にも増す沿道の人々はそんな王様に親しみを覚え、
彼らも踊りだしてしまうほどでした。

やっと、エルサレムが見えてきました。
ダビデはさらに激しく踊りましたので
エポデの紐が解けて胸がはだけ、
衣の下の逞しいその体は日の光を受けて
うっすらと透けて見えたりなんかして・・・

   きゃーぁぁぁ!!
   素敵〜ぃ!

沿道の女たちは興奮し、
甲高い声ではやし立て、手を振りました。


そんな晴れがましい場所から一歩も二歩も引き下がった所で
冷ややかな目線でそれを眺めている人がおりました。

それは誰?
誰なんでしょう。。。。。?

・・・・・・続きは次回へ。。。。。


エポデって祭司専用の服で、祭司しか身につけられなかったのでは?
当時、王様は祭司をも兼任してたのかな?
でも初代の王様サウルは、祭司のすることをしてしまって、
サムエルに怒られてたような気がするんだけど・・・?


ひよこの物差しなんかも、しょっちゅう長さが変わっている気がする。
その時の気分で・・
でも、神様が定めた規則は
気分で変えて良いってものではないらしいですね。
厳し〜〜ぃ。

ウザが何かしましたか?
支えなかったらひっくり返ってしまったものを
支えて何が悪いのよぉ〜〜って、思っちゃうけど
そうじゃあないみたい。

「触るな」っていったら「触ってはいけないのだぁ」
たとえそれがひっくり返って粉々に壊れても、
物でなくって
「言葉」「約束」、それを壊してはいけないのですね。
イスラエルと神様とは「指きりげんま」の仲なんですね。
うそついたら(破ったら)******飲〜ます。指切った!!
なんですね。本当に。

そうでした。坊やが思い出せなかった後一つのこと、それは、
二枚の石板に書かれた「十戒」でした。

*1:ナダブとアビフ