読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神の箱は天幕の中


神の箱が、特別にしつらえた天幕に置かれると
ダビデは燔祭*1と酬恩祭*2を捧げて民を祝福し
イスラエルの全民衆に
パン菓子一つ、肉一切れ、干し葡萄一房を配った。

大盤振る舞いじゃん! ダビデ王様。
集まった人々は上機嫌で帰っていった。

ダビデも上機嫌だった。
今日の素晴らしい出来事を、妻ミカルと分かち合いたかった。
宮殿に入るとミカルが特別な装いでダビデを迎えた。
綺麗だ! ダビデは彼女を抱きしめようと足を早めた。が、
彼の手は伸びなかった。
ミカルの眼差しは
彼女を包むドレスの色とは不釣合いに彼を拒絶していた。

  「今日のあなたのお姿といったら、
   なんと威厳がおありだったことでしょう。
   酔っ払いの恥知らず、
   そんなおどけた格好で
   民の前に踊り狂われるなんて
   さぞかし喝采をお受けになられたことでございましょう。
   素晴らしいイスラエルの王様ですわ」

ダビデは一瞬耳を疑った。
それでも何事もなかったかのよう窓を背にして立った。

ミカルはその姿に心が震えた。
逞しく成長したダビデ。
イスラエルの頂点に君臨した夫。
まぶしかった。
しかし今のミカルにはそれを素直に喜べなかった。

なぜ?
                    
ダビデに再会したとき、ミカルは別人だと思った。
荒野を駆け巡り、荒くれどもを指揮してきた彼は、
宮殿で立琴を奏で父の気配を恐れていた青年ではなかった。
日焼けした肌は筋力たくましく鋼のように光っていた。
口元を覆う髭は豊かで、一人思案にくれる時、指先がそれをなでていた。
やさしさのこもった眼差しが時折、きらりと厳しい表情に変わるのも驚きだった。

彼女の知らない若い女たちが、
ダビデを取り囲んでいるのも我慢がならなかった。
当時、王としてそばめを持つことは権力の象徴だったし、
近隣諸国と仲良くやってゆくためにも、政略結婚は当然のことだった。
しかし、第一夫人として
それらの女たちをまとめるめてゆく力量は、ミカルにはなかった
自分の娘のような若い女たちと、老いた自分とを比較しては落ち込んだ。

逃亡生活中ダビデは
二番目の妻、アヒノアム*3をめとり、
才色兼備のアビガイルをも妻としていた。
そして、ヘブロンに住んでからも、
次々と四人の妻を迎え、それぞれ一子を儲けたので、
ダビデの子は6人になっていた。

無邪気に駆け回る子供たちの楽しそうな声がわずらわしかった。
子供がほしかった。ダビデの・・
アヒノアムとアビガイルが、
逃亡生活中の苦労話をするのを耳にするのも辛かった。
ダビデが一番苦しんだ時。
それを彼女は知らなかった。
二人の話が羨ましかった。

彼女は自分の中に逃げ込んだ。
ミカルの唯一の砦。
それは第一夫人であることと、サウル王の娘であることだった。
彼女はその砦にしがみついた。

父サウルが次々と妻を迎えてゆくダビデのことを聞いて
娘ミカルを哀れんでか、部下に娘を嫁がせたことも
彼女にとって心のしこりだった。

夫ライシは彼女をいたわり、
やさしく見守っていてくれたが、
所詮王からの下されものだった女を、丁重に扱っているだけだっと思っていた。
夫ライシと引き離された時、ミカルは泣かなかったが、
夫が泣きながら何処までも追って来ていることを知った時、
彼女は泣いた。
心をかたくなにして過ごした歳月、それは元には戻らない・・・。

ダビデは、姉メラブを愛していたのではないだろうか?
そんな思いがずっとあった。
結婚式直前にサウルが式をぶち壊したのだから。

ミカルにとってダビデは初恋の人だった。
本当にそうだったんだろうか?
美しく人々の羨望の的だった姉。
その姉に少しでも近づきたくて、競ったのではないだろうか?
悪い癖だ。

父はそんな娘の心を利用したのでは・・
ダビデは内心、仕方なく自分と一緒になったのではないだろうか?
時々脳裏をかすめ、彼女の心を曇らせた。。

ダビデに再び会える。
しかし、ミカルの心は複雑だった。
激しく恋焦がれ、可憐な乙女の心は今の彼女には過去のものだった。
実際、離れた年月が二人の間に微妙な距離を与えていて
それは埋まらなかった。

   ダビデ、わかって!!

彼女はいつも叫んでいたが、それは声にはならなかった。
だから、ダビデにも彼女の叫びは届かなかった。
彼は忙しかった・・

  「そうのとおりだよ。
   あなたの父上よりも、またその全家よりも
   羊飼いだったこの私を神様は選ばれて、
   この国の王とされたんだ。
   私の踊りは滑稽だったかい。
   王家の娘のお前にはそう見えたかもしれないな。しかし、
   今日の踊りは、お前のためでも民のためでもないのだよ。
   神様に捧げる感謝の踊りだったんだ。
   神様に捧げる踊りなら、我を忘れて何度でも踊るよ。」
   

そういって、ダビデは自室に入っていった。

ミカルはダビデの言葉にハットしたが、後の言葉が出なかった。
ダビデの足音。ドアの閉まる音。それが切なく胸をしめつけた。。。
そうして、召使たちがせわしなく出入りして・・・

静かになった部屋の外にミカルは立っていた。

音を立てずに部屋に一歩入ると(護衛兵はいなかったの?)
穏やかな香料の匂いがたちこめ、懐かしいダビデの体臭を薄めていた。

    あなた・・

唇がかすかに動いただけで、震える指先が自分の頬にふれた。
かすかな寝息が聞こえる。

    ああ〜〜・・・

ミカルはうめくようにため息をつくと、
衣擦れの音も残さずに後ずさって、部屋を出た。


    う〜、ミカルゥ〜・・

その時、ダビデが寝返りを打ちながらこぼした言葉、
それは、誰の耳にも届かなかった。
ダビデ自身にも・・・
         (せめて、そうつぶやいてほしいのよね、ひよことしては・・)


   ああ、ダビデ、ダビデ、、
   神に愛されたあなたは、
   ミカルの残した深いため息の中で安らかに眠る。

ダビデはミカルが好きだった。
しかし、その彼女から冷ややかな目線でなじられると、
たまらない寂しさが彼を襲った。
二人の溝を埋める手立てを知らなかった。
  
   自分がサウル王から逃れた時、
   ミカルをも連れ出すべきだったのだろうか。
   いや、厳しい放浪生活は華奢な彼女には無理だったはずだ。
   あの時、ああするしか方法はなかったんだ。

そのやりきれなさを忘れるために彼は闇雲に働いた。
神様が彼と共に居られたので、
周囲の国々を次々と倒して国を安定させた。
そうして一息つくころになると、なんとなくいこごちの悪さを感じた。
神の箱はまだ天幕の中だった。

ダビデは預言者ナタンに言った。
   
    神殿を建てたいのだが・・


*1:すべて焼き尽くす捧げ物

*2:動物の脂肪を供えた感謝の捧げ物

*3:サウル王様の奥方も同じ名前。

広告を非表示にする