読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神さましかおられません

サムエル記


    『あなたは私たちを拒まれ
     私たちを破り
     怒って、
     私たちから顔をそむけられるのですか』

外敵に次々勝利していった無敵のダビデでしたが
忘れられない戦もありました。
上の詩はそのときのダビデの苦悩を表した言葉の一部です。

それはダビデが北の方で敵と対戦中のことでした。
戦況は芳しくなく、
いつダビデ軍が押し捲られてもおかしくない状況でした。
そこに息せき切って使者が飛び込んできました。

    
    「敵が南方より攻め寄せ
     イスラエルの町々を襲っています」

手薄になっていたのだ。
時間がかかりすぎていたのだ。
そこを突いて南からエドム人が攻め上ってきた。
軍隊の大半が北に集められていましたから・・

このときのダビデの苦悩は大変なものでした。
神さまはイスラエルを見捨て、
この国を真っ二つに裂き、
民の口に恐れの酒を注いで酔わせ、
心揺さぶり、
まとまりかけた国家を砕かれるのでは・・。
何が神さまのお怒りにふれてしまったのだろかと
自問自答する中で、
ダビデは幻を見、
必死にまさぐる手が探り当てたのは、勝利の旗、確信でした。。

    シケム、スコテ、ギレアデ、マナセは依然として、わたしのもの
    ユダからは王が生まれ、エフライムからは勇士が誕生する。
    モアブは私の召使、
    エドムは奴隷となり、
    ペリシテを倒して勝どきをあげさせよう。

    ああ神さま、
    あの堅固な町エドムに私を入場させてくださるのは
    そうでした、神さましかおられません。
   
    神さまの助けがあれば、勝利は間違いなしだ。
    よし、神様から与えられた勇気によって、勇ましく働こう!!

ダビデは祈りの場から勢いよく立ち上がり
ヨアブに南の地の平定を託しました。

ダビデの祈りを聞かれた神様は
ヨアブとともに居られたので、
彼の働きは凄まじく、思いもかけない大勝利となりました。

詩篇60篇はそのときのダビデの祈りです。


外敵を平定したダビデは内政を固め、王国の基礎を固めたと以前も書きましたが
もう一度・・・
    それは以下のとうりでした。
    
    軍の長には・・・ヨアブ(ダビデの妹の子・軍司令官
    史官には・・・・ヨシャパテ(ダビデ王の顧問、最高の文官)
    祭司には・・・・ザドグとアヒメレク(アヒメレクの子アビヤタル?)
    書記官には・・・セラヤ(国務大臣のような地位)
    ケレテ人及びペレテ人の長には・・・・べナヤ(ダビデの親衛隊長)
    大臣には・・・・ダビデの子等(書記官のたぐい?)

    
国の安定は、王様の心もおおらかになるもので、
神さまから神殿建築の許可はいただけませんでしたが
次なる思いがわきあがりました。
サウル王との約束です。
王子ヨナタンとの約束です。
さて、サウル家の家系はどうなっているのでしょうか・
ダビデは早速調べにかかりました。