読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ヨナタンの遺児、王宮へ

ヂバは恐ろしさに胸が押しつぶれそうだった。
サウル家が滅びてから、
息を潜めてひっそりと、生き延びてきたというのに
ダビデの家来に見つけられてしまったからだ。

彼らのヂバに対する扱い方は丁寧で、
それもまたヂバに大きな不安を与えた。
その上、宮殿の厳かさに圧倒され、
今彼はダビデ王の足元、
その床に額をこすりつけていた。

  「お前がヂバか?」

  「はい、ヂバでございます。」

  「そんなに硬くならなくてもよいぞ。
   私はサウル王様との約束を果たしたいと思っているのだ。
   どうだ、サウル家の者でまだ残っている者はおるのか?」
ヂバはグッと喉が詰まった。
本当だろうか?
甘い餌で釣っておいて、まさか・・
本当に根絶やしにしてしまうのではないか・・
そんなことが一瞬頭をよぎったが
ダビデ王の言葉も眼差しも穏やかだった。
ヂバはためらいがちに言った。

   ヨナタン様のお子が一人・・」

   「おるのか!!」

   「はい、豪族マキルの家に身を寄せておりますが・・」

   「名は、名は何と申すのだ」

   「メピボセテにございます」

   「そうか、生きて居ったか」

ダビデの声が明るく響いた。

メピボセテはすぐにダビデの元に連れてこられた。
彼は一人では歩けなかった。
ヂバの話によれば、
ヨナタン戦死の報にあわてた乳母が、抱きかかえていた彼を落として
両足を不自由にしてしまったという。
そのとき彼は5歳だった。

ダビデはそんなメピボセテを見て目頭が熱くなった。
なんとヨナタンにそっくりではないか。
ダビデはしばらく言葉につまり、
懐かしい友を見るようにメピボセテに目を注いだ。

   「恐れなくてもよい。
    私はギベアにあるサウル家の所有地をあなたに返そうと思う。
    それと、これからはエルサレムに住んで、
    私の食卓で一緒に食事をするのです」

メピボセテは一瞬何のことかと思った。
それから大きく深呼吸をして言った。

   『あなたは、しもべを何とおぼしめして、
    死んだ犬のようなわたしを顧みられるのですか』

   「これは、あなたの父ヨナタンと私の約束なのです。
    それからヂバ、お前はギベアの主人の土地を管理しなさい。」
ヂバには15人の男の子と20人の僕がいた。
思いがけないダビデの言葉に彼の胸は躍った。

   「ありがとうございます。
    あなたのおっしゃるとおりにいたしましょう。」

そう言ってから膝をつねった。痛かった。
ヂバはもうこそこそと隠れて息を吸う必要は無かった。
以前のように仕える主人が与えられ
その土地を任されたのだ。
ヂバはメピボセテに別れを告げて外へ出た。

家族のもとへ向かう道々、
ヂバの心も体も
雨上がりの草木のように瑞々しく若返ってくるのがわかった。

一度死んだような命だ。
これからは悔いのないように生きて見せるぞ!!

あの角を曲がれば、
子供たちの笑顔が満ち溢れる家が見えてくる。
彼はその子供たちのためにも、もう一度頑張ろうと思った。



ヂバさん、よかったですねぇ。
だけど、欲に目がくらむというか・・
大変なことをやってくれましたね。

そのことは後ほど・・

その前にダビデ王様までが大変なことを・・
ああ・・・どうしよう。。。。。