ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ヘテ人ウリヤを家に帰せ!


ダビデ王様はどこ?

彼は自室にこもっていました。
身の回りの世話をする家来や召使たちは
口数少なく物音を立てないように気を使い
時々離れた物陰で、
さもありなんとうなずき目配せをしています。

こんな王様今まで見たことありません。
自信に満ち溢れた物腰と、精悍な眼差しは、
時に空飛ぶ大鷲のように鋭く、人を射殺すほどの力がありました。
その立ち振る舞いも麗しく、
イスラエルの女たちは、彼の姿を死ぬ前に一目見たいものだと
うわさしあったほどでした。
もちろんひよこだって・・・

ああ、どうしたことでしょう・・・・

あ、もしも〜し、つかぬ事をうががいますが
王様はどうなさったのでしょうか?
それに皆様も・・
あ、わたし、怪しい者ではありません。
見てのとおりのひよこです。
ひよこが話をするのが怪しいですか?
世の中色々ありますから、ひよこが話したからって怪しまないでくださまし。
ほら、どこから見ても善良なひよこでしょ。
おいしそうだ、な〜んて目で、見ないでくださいましね。
毒がありますからね。
本当ですからね。食べたら死にますからね。
そうゆうわけで、見た目無害なひよこなのです。
そうそう、昨夜、誰か尋ねてきませんでした?

   ちょっと、あんた何を詮索してるのさ。
   でもね、ホンと、ビックリしてるのよ。

ええわかりますとも、そのお顔の色を見れば・・

   でしょ。
それで?

   あの女、何と言ったと思う?
さあ・・?なんでしょう?

   ウリヤの妻バテシバの召使なんだけど・・
   奥様が妊娠したってゆうのよ。

まあ、それはおめでたいことで・・

   それだったらいいのだけど・・
   そうじゃないから、ああぁ・・

そうじゃない!? てことわぁ・・・・。
   ・・・・・

   あ、そうそう、ここではなんだから、あのドアの陰に・・

ええ、そうですね。ここで立ち話も・・

ひよこの胸はざわめきだしました。
    (たしかご主人のウリヤさんは、今、ヨアブさんの指揮の元
     アンモン人と戦っていて、
     やっとラバを包囲したとか。
     ひと段落着いたのでもどってきたのかしら?
     でも、そんな気配はなかったようだけど?
     だとしたら、奥様のお腹の子は?)

   二ヶ月前のことだけど、王様が屋上で夕涼みがてら
   外の景色を眺めていらしたら、
   なんと、女が水浴びをしていて、それが王様のお目にとまってしまって。
   調べたら、自分の部下の奥さんだったってわけ。

え!水浴び姿をですか!?

    王様もそこまでにしておけばよかったんですが、
    夕食に誘われて・・

綺麗な方だったんですか?

   それはもう、月の光のように清楚で。
   でも、その光の中に何か人を虜にしてしまうような
   口ではうまく言えないわね。
   とにかく遠め見で見ても、王様を虜にしてしまったわけだから・・

美女が水浴びですかぁ・・絵になりますね。
後世の人がいくつも絵を描くわけですね。
              *1
 
  え!何のこと?

いえ、何でもありません。
それから王様はあのように沈み込んでしまわれたんですか。

   そうなの、お食事もお召し上がりにならないので
   どうしたものかと・・

それは心配ですねぇ・・

   あら、もうこんな時間だわ。
   こんなところで油を売ってては・・
   そうそう、今のこと、ここだけのことだから、他言は無用ってことで。

ぁ、どうもありがとうございました。
もちろんです。私の口は堅いのです。
鳥のくちばしですから。安心してください。

ひよこも怪しまれないようにすぐ宮殿を出たのですが。
後から聞くところによると、
王様は突然立ち上がってお元気になられ、
なにやら一通の手紙をしたためると、、
将軍ヨアブの元に届けさせたそうです。


「親愛なる私のいとこ将軍ヨアブよ。
 ヘテ人ウリヤに休暇を与えて家に帰せ。」

ヨアブは定期的に戦場報告をダビデにしていました。
ヘテ人ウリヤはダビデが放浪生活のときからの戦士で、
勇士だったから、今回の戦場でも数々の功績を挙げていたので
ヨアブはその記事に目を留めたのだろうと思いました。
それにしてもなぜ彼だけを?
ヨアブはウリヤを送り出してからも首をかしげました?

そして今、ヘテ人ウリヤはエルサレムに戻ってきた。
柔らかな春の日差しが彼を包んでいる。
その顔には一点の曇りもなく、
その足は迷うことなくダビデのいる王宮へと向けられていた。


   

*1:ヤン・マセイス ユディトの「ダビデとバテシバ」、レンブラントの「バテシェバ」