ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

まずいぞ、このままでは・・・


ダビデを崇拝してやまないウリヤは
早くダビデに会いたかった。

いつも気高く、人民にも兵士にも優しく、
しっかりとした信仰にたって
イスラエルを導き続ける王様は、彼の誇りでもあった。

サウル王による迫害のさなかでも
ダビデの態度は変わらなかった。
いや、だからこそ、
泥沼に咲く真白き花のように麗しく輝いていた。
その頃彼のもとに集まった者たちは
手のつけようもない荒くれ男やひねくれ者
社会からのはみ出し者が多かった。
そんな彼らをいつの間にか規律ある兵士に整え
最強の軍団へと鍛え上げた裏には
彼らの心を掴み、ダビデ様のためなら
この命だって惜しくはないと言わしめてしまう
不思議な魅力を彼は持っていたのだ。

彼の指は力強く剣を握り
それを振り回せば誰も近づけなかった。
かと思えば、
月の光の中で琴をつま弾く姿は
妖精のように美しかった。
放浪生活の中でその音色は、
幾たびか彼らの心を洗い、その目を潤ませもした。

ウリヤはそんな荒くれどもの姿も、
忠誠を尽くしだした彼らの姿も、目の当たりにしていた。
彼自身も、
気さくに気配りの言葉を投げかけてくれるダビデに
ますます傾倒していった。
だから今回、
ダビデ王様から直接招待されたと聞いたときには
飛び上がらんばかりに興奮し喜んだ。
名誉なことだと思った。

彼は服の塵をパンパンと払い落とし、顔を拭いた。
王宮の前で上を見上げると、
その威厳に満ちた建物が息苦しいほどに彼を圧した。
ウリヤは大きく胸を張って息を吸い込んで、
ゆっくりと、その階段を上っていった。

ダビデは機嫌よくウリヤを迎え入れ
その足元近くまで招き入れた。
ウリヤは王に深々と敬礼をした。

  「よしよし、そんなにかしこまらなくてもよぞ。
   お前のことはヨアブからの報告で聞いておる。
   こたびも大きな働きをしてくれたそうだな。
   それで今回特別に休暇をとらせることにしたのだ。
   お前の妻も寂しがっているに違いない
   家に帰ってゆくっり休むがいい。
   なぁに、心配は要らぬ、
   お前が好きなだけ休むがいい」

王様の寛大な思し召しにウリヤはビックリ。
以前、もっと大きな働きをした時もあったのに
どうして今回にかぎり?
それにまだ戦は終わっていない。

彼は少し合点が行かなかったが、静かに頭を下げて退出した。
驚いたことに彼の後には、王様からの贈り物を運ぶ者がついたのだった。

ウリヤはしばらく歩いたが、家には帰らず引き返した。
そして、城兵たちのたまり場に行き
王様からの贈り物のうち彼らと分けられる物、
食べられる物は共に分け合って食べ、戦談義に花を咲かせた。
ウリヤはその夜、彼らと共に寝た。

ダビデは気持ちよく目が覚めた。
これでよし。
ウリヤは家に帰り、妻と共に一つベットの中だ。
これで腹の子が誰の子かなんて疑ったりもしまい。
ダビデは大きく伸びをして、起き上がった。

窓から差し込む陽の光が、久しぶりに彼の心を和ませた。
朝の身支度を整え終ったころだった。

   「なに、ウリヤが家に帰らなかった!」
王の眉根が不機嫌に盛り上がった。
なんと融通の利かないやつなのだ。
せっかく用意してやった楽しみをフイにするなんて。

   「そうか、わかった。
    今日の朝食はウリヤととろう。」

ウリヤは昨日のままの着古した兵服のまま現れて言った。
    
   「王様、このような見苦しい格好であなた様と同席し
    朝食まで与りまして恐縮です」

   「何かまわぬ。その姿こそ王の兵士。
    お前たちのおかげで
    わしはこうしてここに居れるのだ。そうだ、
    今晩も一緒に、夕食をとろう。
    戦の様子を詳しく聞きたいのでな」
その晩の夕食は豪華でした。
上等なワインを勧めさせながら、王は言った。

    「せっかくわしが家に帰るようにと言ったのに
     なぜ帰らなかったのだね。」

ダビデは相手の顔色を盗み見するようにして言った。
ウリヤは口元に運んだワイングラスをテーブルに戻し、
その手をひざに置いた。

   「王様、あなた様のご好意はありがたくお受けいたしました。しかし、、
    一兵士として思うに、今の私にはそれは出来ません。
    神の箱も仲間の兵も王様のご命令に従って戦い
    夜露にぬれて休みます。
    それなのにどうして私だけが体を清め、
    清潔なベットで妻と共に体を温めあうことが出来ましょうか。
    たとえ王様のお勧めでもそればかりはお許しください。」

馬鹿なやつめが。その石頭を割ってやりたいわ。ダビデは心の中で毒づいた。
頭をひねったわしの計画が、めちゃめちゃだ。
今もあの女の腹の中で、わしの子が大きくなっているのだ。
これはまずい、まずいぞ。
このままでは、部下の兵士が戦場に出かけている隙に、
その妻を寝取った王ということになってしまうではないか・・
わしの顔に泥を塗るきか・・・どうしたものか・・?

ダビデは盛んに酒をウリヤに勧めさせながら考えていた。

   「王様もうだめですよ。
    これ以上飲んだら、
    自分の足で歩いて帰れなくなってしまいますから・・」

ウリヤは顔を真っ赤にさせながら言った。
ダビデは彼のことなど考えていなかった。
それで、ウリヤの言葉にひどくビックリしながら彼を見た。
やれやれ、きゃつを家に帰すことはあきらめた。
どんなに言ったところであいつは帰るまい。
それなら別の手だ、!!
キラリとアイデアが浮かび、
卑劣な思いが彼の心を捉えたが、彼はそれに気づかなかった。
   
   「そうか、そうか、今日はここまでとしよう。
    明日はヨアブのもとに帰るがよい」

次の日の朝、ダビデは一通の手紙をヨアブ宛に書き
二日酔いで青白い顔をしているウリヤの手にそれを持たせた。

ヨアブはウリヤの手から王の書簡を受け取った。
それを広げた彼の顔色が瞬間曇った。
ヨアブはそそくさと書簡箱の中にそれをしまいながら
さりげなく言った。
   
   「ウリヤ、ご苦労だったな。
    王様はお前に何か言ったのか?」

   「それが・・・
    王様は私に家に帰って休めと言われました。
    私もその気になったのですが・・
    仲間のことを思うとそうもなれず・・
    一晩、城兵と共に過ごしましたら、
    朝食に招かれ、夕食にも招待されました。
    上等なワインをたくさんいただきまして・
    明日は帰ってよいと」

    「それだけか? 何かご気分が優れないとか・・?」
    
    「いえ別に・・・。ただ、何時になく饒舌で、
     始終笑顔がたえませんでしたが」
ヨアブは頭をひねった。
いったい何があったのだ。
忠実で優秀なウリヤ。逃亡生活中も共に苦楽を共にした彼。
今回手柄こそ上げたものの、何の落ち度も見当たらない。
宮殿で何かあったに違いない。
ウリヤが言いたくないだけかもしれない。

そこに慌しく兵士が駆け込んできた。

    「ヨアブ様、敵が城門から打って出ようとしています。
     あそこの門には
     アンモンの勇士がたくさん控えています」

    「よしわかった!
     ウリヤ!旅から帰ったばかりで大変だが、
     加勢に行ってくれ」

    「はい!」
ウリヤは気持ちのよい声を張り上げて、駆け出していった。
ヨアブはすぐに指示書をしたためると、
飛び込んできた使者に手渡した。

    「勇士ウリヤを先頭に立たせよ!
     彼の援護をするな!」

ヨアブはダビデから来た文面そのままを書いたのだ。

一人になると、
おもむろにダビデの書簡を取り上げ
机に広げると腕を組み、
小首を傾けながら乾いた唇を噛んだ。

彼の周りを飛び回る一匹のハエ
そのかすかな羽音が急に愛おしくなった。