読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ホシャイ、お前は私の息子のところへ行ってくれ。


将軍ヨアブの采配で、親子の溝が埋まったかに見えたその時
ヨアブはアブサロムの中に不穏なものを感じ取った。
きっとまた何かが起こるな・・しかしそれがなになのか?

アブサロムの母はガリラヤ湖東方のゲシュル王家の王女であった。
サウル王の娘ミカルを除くダビデの妻たちの中で
自分は彼女たちとは格が違うと自負していた。
そんな母の元で育った子は、自尊心と優越感の塊に育った。

いつの頃からだろうか、
自分こそ父の後継者にふさわしいと思うようになったのは・・
いや、そんなことを思ってはいけないと、
自分を戒めていたのかもしれない。
それが・・・、
タマル・・・
そうだ、タマルの事件が彼の心にグサリト突き刺さり
混沌としていたあるものがはっきと現れてきたのだ。

二年たって父の出方を待ったが父は動かなかった。
父は何としたのだ。
歳をとられたんだ。
アブサロムは父に失望した。
ならば父に代わって私が彼を罰しよう。
彼は慎重に事を運んだ。

自分が主催した宴会の席で長男アムノンを倒すと、
母方の実家に身を潜めること三年。

子煩悩の父だ。
必ず呼び戻してくれるはず。
彼はそう読んでいた。
案の定父からの使者が来た。

それらの手はずは将軍ヨアブが当たってくれた。
アブサロムはすぐに父に会えると思った。
しかし彼の読みは外れて、二年間自分の家に留められた。
      
ところで、アブサロムの美しさは全イスラエルの中でも秀でていたとか。
   『その足の裏から頭の頂まで彼には傷がなかった』
   と言うのだから凄い。
   彼は年に一度髪を切った。
   髪の重さが一キロ半以上にもなって
   歩くのが困難になるからだとか。
   あの時も刈り込んでおけばよかったのにね。
   (これは後のお話ですが・・・)

   息子が三人、娘は一人。
   その名は「タマル」
   もちろん美少女で〜す。
   ????
   それって、あの妹と同じ名前では?
   妹のタマルが好きだったのか?
   彼女のおかげで大それた事を始めるきっかけが出来たからか?
   ????
彼はその二年間、次なる計画をたてるのに当てた。
長男亡き後、アビガイルの息子ギルアブが控えていたが
彼の影は薄かった。

次なる思案がまとまった。
しかしいっこうに父からの使者は現れず、
熱心に取り持ってくれたヨアブも顔を出さなかった。

手荒な方法だったが彼はヨアブを呼び寄せた。
彼はその方法が気に入った。
事がとんとん拍子に運んで父に会えたからだった。

しかしヨアブはむっとしていた。
自分の畑は焼かれ
ダビデに仕える者なのに、
その息子に仕える者のように扱われたからだった。

そんな事には意に介さず、
アブサロムは自分のための戦車と馬、
その前を駆ける50人の者を備えた。
その立派な列は早朝、門の道の傍らにあった。

そこはイスラエル中から
ダビデ王に訴えを持ってくる人の集まる場所だった。
アブサロムはそこで人々の話に耳を傾けて言った。
   
   「あなたの訴えはもっともだ。
    しかし、王様はどうだろうねぇ。
    あなたがたの訴えに関心を持ってくれる者を
    派遣することさえ怠っているからなぁ。
    私だったら、
    公平に直ちに裁くことができるのになぁ〜」

そういって、親しみのこもった手を差し伸べるのでした。

四年間、彼は熱心にそれをした。
その年の終わりに彼はダビデに言った。
   
   「お父さん、私をヘブロンに行かせてください。
    神様との誓いを果たしたいのです。
   『私がイスラエルに戻れたら、
    ここで礼拝を捧げます
』と誓ったのです」

ダビデは気持ちよく送り出し、王子として相応しく200人もの人をつけた。
父の承諾を取り付けるとすぐに彼は出発した。
同時に密使をイスラエルのすべての部族に派遣して言わせた。
   
   「ラッパが鳴り響いたら叫んでください。
   『アブサロムがヘブロンで王になった』と」

アブサロムは犠牲を捧げ、
ダビデの信任を得ていた議官ギロ人アヒトペルを呼び出した。
こうして彼の率いる徒党は強くなっていった。

   「王様、大変です!」

飛び込んできた男は口角泡を飛ばす勢いで叫んだ。

   「なに! アブサロムがか!」

ダビデの目は一瞬宙を泳いだ。
それから慌しく指示を出し続け
最後、宮殿の管理を10人の妾に委ねた。

王宮を無抵抗で手放すことにしたのだ。
息子と剣を交えるなどは考えられなかったから。

ダビデが進む道々でエルサレムに住む家来たちが
続々と加わって来ました。

親衛隊のケレテ人もペレテ人も駆けつけました。
600人ものガテ人の部隊も来ました。。
ダビデは驚いてイッタイを見た。

   「あなたは昨日私の元に着たばかりではないか。
    わたしは明日をも知れぬ身。
    どうかあなたの兄弟たちをつれて帰ってください」

   「私はもう決めています。
    死ぬも生きるもあなたと一緒です」
ダビデは泣きながらも自分の兵力を把握し、
真実なる者の誰かを知ることが出来た。

祭司ザドクにアビヤタルもレビ人が担ぐ神の箱と共にやってきた。
それを見てダビデは言った。

    「神の箱はエルサレムに残りなさい。
     主の御心ならば、
     私は再びエルサレムに戻るだろう。
     私は荒野の渡し場にとどまっています。
     あなた方からの連絡を聞いてから
     次の行動に移ろう」

彼らを帰すと
有力な議官アヒトペルがアブサロムに組したことを知った。
それは彼にとって痛手だった。
いままで幾多の難問を解決出来たのも、彼の助言があればこそで、

   「神様、アヒトペルの策略を無にしてください」
ダビデは手を首に置き、裸足のままオリブ山を登りながら叫んだ。
山の頂で神様を礼拝し、
山越えしてバホリムに出て、
エリコに近いヨルダン川の渡し場に行く予定だ。

おお、主の山に備えあり。
ダビデは目を見張った。
そこに真っ白な髪を土色に染め、上着を裂き、
杖をついたホシャイが彼を出迎えた。

   「なんと、お前まで来てくれたのか。
    これは神様のお導きだ。
    しかしご老体、あなたは私と行くことは出来ない。
    町に戻るのだ。
    私の息子に仕える振りをしてくれ。
    アヒトペルの計略を止めるのだ。
    彼らの動向を把握したら
    祭司ザドクとアビヤタルとに繋いでくれ。
    彼らの子供たちが私に知らせてくれるから」

ダビデはホシャイが神の使いのように思え、
その後姿を見送った。

・・・
すでに65歳になっていた老いたダビデ
その身を裂くような苦しみがこれからも続きます。
預言者ナタンの
「あなたの家からあなたの上に災いが起こる」との言葉が
現実となってダビデにのしかかって来ます。

自らが撒いた罪の種は、確実に成長していたのです。

そうしたダビデの元に、続々と人が集まってきますが
今日はここまでに。