読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ソロモン様は生き字引

今日は数字の羅列になりそうな気がする。
数字は・・あまりなじみがない。
肌に合わないのだ。きっと。
計算をしようとすると、頭が真っ白に塗り替えられる。
不思議です。不思議な現象です。

ソロモン様は、お父上の政権をそっくり引き継いだとはいえ、
やっぱり自分の周りは、自分の色で塗り替えたいもの。
彼の高官(閣僚)たちはこうでした。

   祭司・・アザリヤ(ザドクの子)
   書記官・・エリホレフとアヒヤ
   史官(記録作成と古文書保管の長官)・・ヨシャパテ
   軍の最高司令官・・べナヤ
   祭司・・ザドクとアビヤタル
            (この祭司は軍付属の祭司か?)
   代官の長(国務長官)・・アザリヤ(ナタンの子)
   祭司(宮廷つきの祭司で王の相談役)・・ザブデ(ナタンの子)
   宮内長官・・アヒシャル
   徴募の長(労務長官)・・アドニラム

それにしても王家の食料って凄いですね。
イスラエル全土を部族に関係なく12に区分けして
そこに一人ずつ代官を置き、
その人たちが一ヶ月ずつ食料を備えたんですって。  

一日分・・小麦粉1万800リットル、
     大麦粉・2万1千600リットル、
     牛舎で太らせた牛10頭、
     放牧地で太らせた牛20頭、
     羊100頭、
  その他、時に応じて・・
          雄鹿、かもしか、子鹿、肥えた鳥など・・。

今はまだエジプトのお姫様を奥様に迎えただけですが、
平和外交を推し進めたソロモン様は
政略結婚を積極的に行って、
後にはなんと、まあ! 本当?
700人の奥様と、300人のそばめがはべっていたとか。
当然跡継ぎと呼ばれるお子様方が加わるわけで・・
それに加えて付き人やら、何やかやと含めれば・・
どのくらいの人たちだったか・・
頭が真っ白になりますね。

ソロモン様もすべてがそろった世に生まれてきましたから
節約なんてけち臭い(けち臭いなんてそんなぁ・・)考えはお持ちにならず
対外貿易などによる経済活動を活発化させ、
経済を豊かにすることに専念しました。

それに、ユーフラテス川からペリシテ人の地、
さらにエジプトの国境の地まで支配していましたから、
そこに住む人たちはソロモン様が存命中は
たくさんの貢物を納めていました。

戦がないのに軍事費だけは膨れ上がっていました。
イスラエルの城壁の強化。
要害の町も建設。
戦車にそれを引く馬4万頭、騎兵1万2000人。、
ダビデ王様のように戦うためではなく
威嚇のための軍備でしたが。

ソロモン王様の知恵は周辺諸国のどんな学者よりも優れ
彼は3000の箴言(格言)と1500首の歌を詠み、
あらゆるものに興味を持ち博学でした。
お若いのに生き字引だったわけですね。

ですから周辺諸国の王様方からは
助言を得ようと使者が送られてきました。
ちょっと気が早いですが・・・
神殿が出来上がった後、
あの有名なシバの女王様も噂を聞いてやってきたんですってね。

え!二人の間にお子が!?
噂の域をでませんが・・・

後ほどもう少し、
女王様のことでおしゃべりさせてくださいな。