読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神殿建築始まる

若き王ソロモンの指揮のもと、神殿建築が本格的に始まったのは

エジプト脱出の480年後、
ソロモン王在位4年目のジフの月(2月)のことでした。

ソロモンは父ダビデが残した膨大な財産に目を通し終わると、
ツロのヒラム王に神殿建築のための
資材やら人材やらの協力を求めました。

この王様はダビデのファンで
ダビデ亡き後、直ぐソロモンの元に弔問の使者を遣わし、
若きソロモンとは
父ダビデにもまして親交を深めた間柄でした。

そんなわけでソロモンは
父ダビデが切望していた神殿建築のことを
いち早くヒラム王に話し、支援を求めたわけです。
すると王様は大変喜び、
惜しみない協力を約束してくれました。

ヒラム王の所にはレバノン山からの豊富な水源を持っていて
立派な山林があり、その技術も抜きん出ていました。
その技術をイスラエルの民は持っていません。
それで資材を得るための木こりの要請をし、

     
   「それらの賃金はあなたの言うままに支払いましょう」

と、ソロモン様は太っ腹なところを見せました。

    おっしゃ〜!
    ひよこ舞い上がって、高賃金を吹っ掛けちゃうからね。
    ヒラム王様もそうでしょう?
    二代目ボンボン、
    財布の紐も弛んでるみだいだし・・
    と考えるのはひよこだけのようで・・・

    
   
   「いやいやこれは亡きダビデ様の遺言なれば
    何で賃金なぞ頂けましょうや。
    無償でやらせてください」

とか何とか・・・
二人のあいだでシーソ遊びを少ししたと思うのですが、お立会い!

   
   「それではこういたしましょう。
    代金代わりに食料ではいかがかな」

   「それは妙案、
        毎年、小麦720万リットル、
        上質のオリーブオイル、7200リットル
    を喜んでお納めいたします」
成立相成って、ソロモン王様のさわやかな笑顔が輝きました。
ヒラム王は亡き友ダビデの面影の残るその横顔を
満足そうに眺めました。

ソロモン王様は、早速全国から強制労働者3万人を確保し、
一ヶ月一万人を交代でレバノンに送り込みました。

その他に以下の人たちを確保しました。
         荷を運ぶ人、7万人
         石を切る人、8万
         工事監督、3300人

切り出した材木はヒラム王側が筏をくみ
地中海沿岸をソロモンが指定した場所まで海路で運び、
陸路はソロモンが担当しました。

それらの資材は直接現場に運ばず、
その場所近くで形づくられ
現場では微調整をするだけでしたから
神殿建築の場所は、静かでゴミも出ませんでした。

神殿建築予定地はその昔神様の命により
アブラハムが息子イサクを捧げようと登ったあのモリヤの山です。*1
小高い丘をけずり
その土をダビデの建てたエルサレムとの間の谷に置きました。
神殿建築の作業で出た不要な石なぞも、そこの埋め立てに使いました。

そのおかげでエルサレムは今までよりもずっと大きく立派になりました。

広告を非表示にする