ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

こ、これは、どうゆうことなのさ!

   「祭壇よ、裂けよ!
    その灰は地に落ちよ!」

一人の男が仁王立ちになって叫んだ。
祭壇で香をたいていたヤラベアム王は顔を上げた。
王を見つめる男の目には力があった。

   神の言葉だと。
   ダビデの家にヨシヤという子が生まれる?
   そいつが、この祭壇の上に祭司を乗せて捧げると?

   「なんだ!何を言っている。
    こいつを捕まえろ!」

ヤラベアムはその男を指差しながら大声で叫びました。
そのとたんヤラベアムの顔が恐怖に引きつった。
   
    う、腕が、動かない。

なんとまあ、ヤラベアムの腕が
その指差した腕が、
棒っ切れか何かのように突っ張ったままだ!?

その下で祭壇が音を立てて崩れ落ち
真っ白な灰が彼を包み込みました。

ヤラベアムは支障のない方の腕で
顔を覆いました。

一体どのくらい経ったのでしょうか
ヤラベアムはそっと目を開けました。
うっすらと立ち込める塵の向こうに
その男はまだ立っていました。

   「お願いだ。私の手を元に戻してくれ!」
その男が声を出して祈ると、

   「おお、動く! 元にもどった!
    ありがたい。」

ヤラベアムはさっそく感謝の気持ちをこめて言いました。

   「どうか私のところに来てください。
    お礼をかねて、食事をご馳走させてくれ」

すると男は大きく首を横に振り言ったのです。

   「私は神様のお言葉を取り次いたのだ。
    たといあなたが、宮殿の半分をくださるとおっしゃっても
    私は参りません。
    勿論、飲み食いもしません。
    神様の命令ですから。」

男は迷うことなくきびすを返した。

かっこいい!
思わず声をあげそうになったのは、ひよこだけではありません。
見渡せばヤラベアムの家来たちが見守っていました。
そのとき二つの影が神殿から離れてゆきました。
彼らは飛ぶようにしてべテルの父の家に帰りました。

   「なに、男がか?
    預言者じゃな。
    そのようなことが出来るのは・・
    ロバを用意してくれ。
    その預言者を引き止めよう」

樫の木の下でその預言者は休んでいた。

   「あなたはユダからおいでになられた預言者ですか?
    お噂は聞きました。
    ぜひ、お食事を共にして、
    お話をきかせてくださいませんか?」

預言者はヤラベアムに言ったことを繰り返しました。

   「はて、どうしたものかのう?
    じつは私も神様からお告げを受けましたのじゃ。
    それによれば、
    あなた様を我が家にお招きするようにと
    おっしゃられたのじゃがのぉ・・・」

老預言者は口からでまかせを、少し困ったような顔つきで言ってのけました。

   「なんと、あなたもお告げを受けられたのですか?
    うう〜む・・・・」

預言者は悩みました。
腹の虫がグ〜ッと鳴りました。

    神様のお考えが変わったのかもしれない、
    それでこのお方をつかわされたのかも・・

預言者は老預言者の言葉を信じました。

二人の会話は弾み、
一日中、食べ物を口にしていなかった預言者は
身も心も満たされて、
最後のデザートを食べ終えました。

バタリ! 突然、老預言者のイスが倒れました。

    「神様のお告げじゃ!
     お前は私の命令を破った。
     帰り道でお前の命は尽きる」

何と老預言者が突き刺すような口調で
目の前に座る預言者に言ったのです。

            な、なんでよ! 
            真面目な預言者を騙しておいて
            それわぁ〜。。。。。

でもね、預言者は淡々として
老預言者が用意したロバに乗って
再び出発しました。

     ひ、ひゃぁ!!
     目の前にライオンが!!
     それでわかりますね、
     彼は、噛み殺されてロバの背からおっこって
     息絶えたのでした。

     あああ、どうなってるのでしょうか?

このことはべテルの老預言者に直ぐにつたえられ、
彼はロバの背に乗ると
息子を連れて現場へと向かいました。

    「ああ、わが兄弟よ!!」
老預言者は叫びながら駆け寄って
その体に取りすがって泣きました。

不思議なことですが、
預言者の遺体を見守るかのように
傍らにはライオンが座していて、
預言者を乗せてきたロバが
恐れる様子もなくそばに並んで立っていました。

勿論、老預言者に危害を及ぼすこともありませんでした。
ですから、その亡骸はすぐにべテルの町に運んできて
老預言者の墓に丁寧に納められました。
それから、老預言者は息子たちに言いました。

    「よいな、わしが死んだら
     あの預言者のそばに埋めてくれ。
     神様が彼をつかわして預言をし
     その確かなことを示すために祭壇を壊したのだ。
     恐ろしいことだが、
     あの預言はかならず起こるだろうよ」

・・

あんなことがあったにもかかわらず、
ヤラベアム王の素行は相変わらずでした。
いえ、さらに増幅させていきました。
ほら、あのチラシを見てくださいな。

    求む!求人!
    職種は祭司。

祭司なんて一般の人は出来ないお仕事。
神様とのお約束、忘れてはいけませんよ〜ぉぉぉぉ。。。。



それにしても、
預言者の「無念」が伝わってきません。
ただ、淡々と書き進んでいるだけです。
神様のお言葉を伝える者は
たとえ卑怯者の言葉に惑わされたとしても
弁解の余地なしと
悟っていたのでしょうか?

    それでも、凡人のひよこは
    どうして?なぜ?と叫んでしまう。そして、

老預言者の不可解な言葉・・・?
年甲斐もなく、ただ野次馬根性で
真面目な預言者を死に追いやってしまったのだろうか?

    すべては神様の御心のまま・・と
    優等生ぶった答えを出すと、つまらない。

老預言者に対する神様の始末は・・・・
・・・見当たりません・・・・

預言者は墓に「納められ」、
老預言者は「埋めてくれ」ですって・・・