ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

彼らがその先祖の神、主を頼んだから・・

   う!! 

アビヤ(ム)は言葉を失ってゼマライム山頂で
吹き上げてくる強風の中に立ち尽くした。

風が運んでくるのは敵のざわめきで、
それは足元からぞろぞろと這い上がって来て
彼の体は全身鳥肌が立っていた。

父の代から今まで、北イスラエルとの小競り合いは続いていたが
イナゴの大群のように押し寄せて来たことはなかった。
それが王位を引き継いで三年目、
彼の眼下には、今まで見たこともないような光景が広がっていた。

対峙する山肌は敵兵で覆われ、地肌が変わって見えた。

   数は?! 敵兵の数は!
 
   80万かと・・

   我らは?

   40万です。

   少ない! 半分ではないか!
   
イスラエルがそろえた兵は大勇士と呼ばれる
特別な部隊だった。

後ずさる彼の背を、見えない何かが押しました。
すると、アビヤ(ム)の腹の底から声が湧き上がってきて、
彼の意思を越えた度し難い力で、
それは唇を突き破って出た。

    ヤラベアムよ! よく聞くが良い。
    お前たちは「塩の契約*1」を忘れたのか!
    イスラエルの国はダビデの子孫が受け継ぐものぞ。
    ダビデの子、ソロモンの家来だったヤラベアムよ、
    お前はどこの骨ともわからぬ輩を集めて
    神が定めた王に背いたのだ。

    お前たちが拝んでいる金の子牛は偶像だ!
    若い雄牛一頭と、雄羊7頭で、職を得たならず者が
    主が定めたレビ人と祭司を追い払い、
    聖務を行うなぞ言語道断!

    我々は神様の教えに則り、神様が選ばれたレビ人と祭司が
    日ごとにお勤めをきっちりとしているのだ。

    我々は真の神様によりすがる。
アビヤ(ム)は日ごろの不信仰を棚に上げて大声で呼ばわった。

    ヤラベアムよ、聞こえるか!
    わが父レハブアムはあの時兵を出さなかったが、
    彼は、若くて意思が弱かった。だが、
    
    私はちがう。

    見よ!! ダビデの神が今我らと共におられる。
    真の神こそ我らの頭だ。

    ラッパを吹き鳴らせ〜!
アビヤ(ム)は右の手を高々と上げながら叫んだ。
するとにわか造りの祭壇の、一段高い所から
祭司たちは一斉にラッパを吹き鳴らした。

ヤラベアムは笑った。

   何をほざくか、若造め!
   その人数では勝ち目はないぞぉ〜。
   一寸の虫にも五分の魂かぁ?
   いい度胸だ。
   意地と根性を見せたつもりだろうが、
   お前が見るのはこれだ!!

   後ろだ!!    
   
ユダの兵はぎょっとしてクビを捻ると、
なんと、そこにヤラベアムの伏兵が詰め掛けていた。

   絶体絶命!!
アビヤ(ム)の体は凍りついた。
その時彼の心は、一瞬ストーンと納まるべきところに納まった。
一点の曇りもないその心に神様は応えられた。

祭司は必死でラッパを吹き、兵はノドが切れるほどに声を張り上げ
「窮鼠猫を噛む」の思いで、山を駆け下り、
うねり来る敵兵の中に飛び込んでいった。

この地上では死んだら生き返ることはないのだ。
死に物狂いで剣を振り回し、棒を突き出し、
必ず愛する人の元に帰るのだと念じながら。

気がつけばあたりは静けさを取り戻し、
累々と散らばる屍の中に
返り血を浴びた兵士が
どす黒く濁った血の海に半ば酔ったように揺れながら、
定まらない眼差しで佇んでいた。
横たわる者、約50万人。

この奇跡的な勝利は
彼らがその先祖の神、主に頼ったからでした。

この時ユダは、勢いに任せて北進し、
べテルとエシャナと、エフロンの町々を取った。

これでユダの人々は真の神様に立ち返ったかとゆうと、
そんなこともなく、喉元過ぎればなんとかで・・の譬よろしく
性懲りもなく元の生活へと戻っていったのでした。

アビヤ(ム)は、妻14人をめとり、息子22人、娘16人をもうけた。
そして、大勝利が自分の手柄であるかのように錯覚して、
ますます高慢になってゆきました。

それは目に余るほどで、預言者イドがたしなめたほどでした。
たぶん・・・・・。
・・・・・

ちょっと先読みしすぎたかも?



預言者イドって何者?


*1:アロンとその子孫に約束された聖務と報酬など。レビ人と祭司についての神様の約束