読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神様のお言葉をお忘れか?


アハブ王は手入れの行き届いた王宮の庭で、
地続きのブドウ畑を見ていた。
以前その畑を見学したが、
日当たりもよく、そこから眺める景色は格別だった。
ほしいなと彼は思った。

突然、王はフルフルと首を振った。
それから、あごの下のたるんだ皮膚を右指で摘み寄せた。
頭から離れないのだ。
あの預言者の言葉が頭の中を駆け廻って。

あの男は勝利の美酒に満たされていたわしの顔に
冷水を浴びせたのだ。
あいつは凱旋してくるわしを道端で待っていた。
顔に包帯を巻いたその男は、敬謙に膝をかがめて言った。

   王様、王様、私は戦に行った者ですが、
   ある人が私に言いました。
   『この人を守りなさい。
    彼がいなくなれば、
    あなたの命か、銀一タラント*1を支払うのだぞ。』
   私は一生懸命、彼を守っていましたが、
   戦が激しくなって、
   つい彼から目を離してしまいました。
   そして気付けば、その者の姿も見当たりませんでした。

   なんだ、言われたことを守れなかったのか。
   決まっていることだ、
   命で支払うのがいやだったら、銀で支払うしかあるまい。
その男はわしからその言葉を引き出すと、
突然、背筋をピンと伸ばし、
スルスルと包帯をはずした。

ウッ!と言って王は首をすくめた。
目の前を小さな虫が横切った。
彼は無造作にそれを払ったが、
それでも虫は、かすかな羽音を立てて、
王の周りを飛び続けた。
うっとおしかった。

   あのブドウ畑はエズレル人ナボテの土地か・・
   
   彼の命の変わりにあなたの命を
   あなたの民は彼の民にかわる。

アハブは繰り返し耳に響いてくるその言葉を
追い払うすべを知らなかった。


あの預言者が目に包帯を巻いていた裏には
こんな事情がありました。
その預言者は仲間の一人に言った。

   私を殴ってくれ。

   え、どうした。そんなこと突然言われても・・
   とてもできないよ。

   これは主の言葉だったんです。
   あなたはそれに聞き従わなかったのでライオンに殺される。
そうして、そのようになった。(そんなぁ〜〜〜)

その預言者は別の仲間に言った。

   わたし顔を殴ってくれ。
次の男は何も言わずに手を振り上げた。
頼んだ預言者の体が横っ飛びに吹っ飛び、
彼の目は赤く腫上がったので、
彼はその上に包帯を巻いた。

それから道端でアハブ王の来るのを待っていたのだ。

アハブはなおもブドウ畑を見ていた。
そうして、頭の中では、
何度も何度も、包帯を巻いた預言者があらわれて、
ハラハラとそれを解きながら
あの言葉を繰り返しているのだった。



   彼の命の変わりにあなたの命を
   あなたの民は彼の民にかわる。


アペクからの帰り道は勝利の高揚感に溢れ
王はうきうきとしていた。

   やっ、おまえは。

   私がわかりましたか。
   王様、神様がおっしゃった言葉をお忘れか?
   主は言われます。
   私の言葉をひるがえしてあなたはべネハダデを助けた。

   
   彼の命の代価を、
      お前の命で支払うのだ。
   イスラエルの民もまた
      彼の民と代わるのだ。


アハブは驚き恐れ、深い悲しみが彼を襲った。そして、
王をも恐れずに言い放った預言者の態度が気にくわなかった。


   鬱々とした心のままに、彼は思った。
   今日こそあの畑を手に入れよう。
   きっと立派な菜園が出来るはずだ。
   

彼は身近な家来を引き連れて、
直ぐ隣の敷地、ブドウ畑の細い道を登っていった。

その足取りは登るほどに軽やかになり、
忌まわしい預言者の言葉も途切れていた。

   相手もすぐには首を立てには振る舞い。
   ナボテの言い値で買いとってやろう。
   それに、もっと広くて、よいぶどう畑を用意してやってもよいのだ。

ナボテの心は堅かった。

   いくらあなた様のお申し出でも、出来ないものは出来ません。
   ここは先祖伝来の地です。
   いくらお金を積まれても、
   もっとよい畑を頂けても
   どうにもなりません。


ナボテは、王の言葉を跳ね除けた。
宮殿に戻る王の足は重かった。
一足ごとに、ナボテに対する怒りがこみ上げてきて、
そして、王としての自分の立場や権威の低さにうなだれた。

王宮の階段を登る、萎れた青菜のような彼に、
更なる重石が圧し掛かってきたのは、
フェニキア人の妻の、
冷ややかな眼差しが脳裏をかすめたからで、
めまいと吐き気が一挙に襲ってきて、
食事もとらずにベットにもぐりこみ、
海老のように丸まって目を閉じた。

妻イゼベルは衣の裾をひるがえして、夫の寝室に足を運んだ。
入り口で少し立ち止まり、ズカズカとベットに近づいた。
薄暗い部屋の中央にあるベット。
その上のこんもりと膨らんだそれを、憮然とした面持ちで眺めおろして、
夫に聞こえるように、大きなため息をついた。

彼女はベットの脇で、男のように両足を踏ん張って腕を組み、
形のよい下唇を、きゅっと噛んで突き出しだ。



*1:60万円