ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

エリヤの神よ!


ビリ! ビリ、ビリッツ!

唇が歪み、奥歯がギリギリとなる。
青筋が手の甲に浮かびあがり、
エリシャは着ていた着物を裂いた。

大きく踏ん張った足元には
師エリヤの外套が無造作に置かれていた。

そのまま、彼は動かなかった。
どのくらい時が過ぎたのだろうか?
とてつもない時間が過ぎ去ったようにも感じたが、
足元の影はさして動いてはいなかった。

腰を折り曲げ、手を伸ばし、
彼は、残されたエリヤの外套を掴んだ。
何か特別な力が
身の内に入り込んでくるのではと畏れたが、
何事も無く、
力んだ腕は拍子抜けするように、
軽々と彼の胸元に外套を運んだ。

彼は踵を返した。
ついさっき、エリヤと歩いてきた道だ。
よく見れば、その足跡が所々に微かに見て取れる。
彼は無意識にそれらの跡を消すまいと足を進めて、
ヨルダン川のほとりに立った。
川は、静かに水を運んでいた。


   アッ!
   帰ってきた!
   お一人だ!

待機していた預言者仲間が
あたふたと、対岸の川岸に駆け寄って来て、騒いでいたが、
エリシャの耳には届かなかった。

彼は足が濡れるのもいとわず、
ずかずかと川岸に降りていった。
川面を照らす陽の光が、挑むように睫の間から刺し貫いて、
エリシャの瞳がギラリと異常に光った。

彼はエリヤの外套でバサリと川面を打った。

恐れがあった。
師はこれで水を打ち、
川をせきとめ、
川底を乾かし、
二人でそこを歩いた。

わたしにそれが出来るだろうか?
師の力の、二倍の力。
それをわたしは継ぐ事が出来ただろうか?
エリヤのようになれただろうか?

彼の手元に水を含んだ外套が戻ってきた。

   ああ、、、、
エリシャの口から失望と落胆と、
悲鳴を押し殺したような呻きがもれた。

彼の目が、何者かを探すかのように、キョトキョトあたりをおよぎ、
それから、
頭上に広がる雲一つ無い空に向けられた。

   エリヤの神よ!
   主はどこにおられるのですかぁ〜〜!

胃の腑の底から搾り出したその言葉は
彼の必死が絡まって、
鮮血が見えるようだった。

エリシャは再び外套を束ねて肩にかけ、
大きく弧を描いて振り下ろした。
裾に溜まった水が、しぶきが、キラキラと彼を包み、
それから水面に飛び散って、
バサリと外套の裾が一瞬、水に隠れた。

   おおっ〜!
   エリヤ様のお力が、
   エリシャ様に引き継がれたぞ!!
   あー!
   川底を歩いておられる!

対岸から見ていた預言者たちに畏れが広がり、
地にひれ伏してエリシャを迎えた。


   お願いです!
   エリヤ様を探すことを許してください。
   お体を引き取って、丁寧に葬らせてください。

   いや、お師匠様のお体は、
   すでにこの地上にはありません。
   天に引き上げられました。
   わたしがその目撃者です。

   そんな・・・・
   信じられません!
   ここに50人もの屈強な若者がいます。
   もしかしたら、
   谷底かどこかにお体があるかもしれません。
   探させてください。
何度かこんな押し問答が繰り返された後、

   エリヤ様のお体を見捨てられるのか!?
   お前はそんなに薄情者なのか!
   見損なったぞ!

とか何とか、エリシャを責め始めました。
それでエリシャは空しい行為だと知りながらも
彼らの意向を酌んで許可しました。

しかし勢い込んで、
必死の捜索を三日間も続けたにもかかわらず、
エリヤの姿を見つけることはかないません。

その報告を聞いたエリシャは、
空しい行為だと言っておいたのに・・・
と、一人呟くのでした。


ひよこも、夢でも見たのでは?って思ったりなんかしたけど、
本当なんだ。
そういえば、以前、エノク爺様も・・

その人、
世界で始めて船を造ったノアおじ様の曽祖父にあたる人で、
365年も生きたのよねぇ〜〜
その爺様も体は天に引き上げられたのだ!

エノクは神とともに歩み、
 神が彼とともに歩み、
 彼が彼を取られたので、いなくなった』

・・・

猛暑続きのこのごろ・・
召されて天に行くのも楽しみだけど、
己の不摂生から時を縮めるのもなんですねぇ・・
水分、塩分、糖分、休養。
おさおさ怠りなきように。
太く短く、細く長く、
生き方色々だけど、
その人なりに十分生き抜いて
ハレルヤ! 
って、駆け昇ってゆきたい。
そうだ! 
飛べるように羽を鍛えなきゃ!!
ひよこの願い。

広告を非表示にする