読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

あなたが一緒でなければ、私は家には帰りません!


    ハクチョ〜^^^〜〜ン!!!

部屋の中に可愛いくしゃみが七回も続いて、
子供が、ベットの上で目を開けた。
エリシャは部屋のドアを開けてゲハジに言った。

   母親を呼んできなさい。!!
転げ落ちるようにゲハジが階段を駆け下りると、
入れ替わるように母親が、裾を足に絡めながら駆け上って、
開かれた入り口で一瞬、足を止めた。

薄暗い部屋の、
あのベットの上に横たわっている子供と
目が合っった。

    あぁぁぁ〜〜!
彼女は両手で空を引き裂くような勢いで突き進んで
へなへなとベットの脇にひざまずいた。
握り締めた息子の手は暖かく、
子供の顔がかすんで見えなかった。

   ママ! 

戸惑いを含んだ声で、子供は上半身を起こした。

   ママ!どうしたの?泣かないで。

息子の可愛い右手がさし伸ばされて、
埃に汚れた母親の頬に触れ、流れ落ちる涙を拭って
心配そうに覗き込んだ。

   さあ、抱き上げてあげなさい。

エリシャが優しく言った。

彼女は身を起こしてベットに座ると、息子をひざの上に抱きかかえ、
ゆりゆりと体をゆすりながら、その柔らかな頬に顔を押し付けた。

    この涙はね、あなたが元気になってうれしくって・・
彼女の頬にまた新たな涙が流れた。

    よかった。よかったわね。
    
    僕、お父さんの畑に行ったんだよね。
    そしたらさ、頭が急に痛くなって、

    大変だったねぇ。
    あんまりあなたが痛がったので、
    すぐにお父さんが、家に連れ帰るように言ってくれたのよ。
    あなたが家に帰ってきたときには・・

彼女は言葉を止めた。

    僕は、家に帰ってきて、
    お母さんの顔を見たところまでは覚えているんだ。
    だけど、その後は・・

    そうね、その後はね、
    ママがこの部屋まで、あなたを運んできたのよ。
    だって、あなたの体がだんだん冷たくなってきちゃったんだもの。
    それでね、ママはエリシャ様のことを思い出したの。
    あなたの病気を治せるのはあの方しか居られないってね。

あの時、彼女は自分の腕の中で息を引取った息子の、
その命を取り戻そうと、
大声で息子の名を呼んだ。
まだ幼いその体を揺り動かした。
閉じられた瞼。力なく開いた唇の隙間から
何か話しかけるかのように健康的な前歯が見えた。
しかし、意識は戻らなかった。

彼女はエリシャの部屋に息子を運び、
このベットに寝かせたのだった。

そうして、あたかも息子が寝ているかのようにして、
そっと部屋を出て、
ゆっくりとドアを閉め、鍵をかけたのだった。
それから踵を返すと、
すでに帰宅していた夫を呼んで言った。

   あなた、私にロバ一頭と、しもべを貸して下さい。
   エリシャ様の所へ行ってまいります。

   今日はついたちでもないし、安息日でもないぞ。
   今日でなければだめなのか?

夫はいぶかしく思いながらも、彼女の願いどうりにしてくれた。


ひぇ〜〜!どうなってんのぉ?
息子が亡くなったってこと、旦那様は知らないの?
そういえば、「息子の様子はどうだ?」とか聞いてないじゃぁ。
仕事が忙しくて忘れた?
ページ数が足りなかったのか?

なんで彼女が、
『夫を呼んで、言った』わけ?

ええっ!! 夫婦仲、大丈夫だろうねぇ??
フムフムフム・・っと、
推理作家まがいのことに思いが動いてしまう。
と、止まれ!!
何にしてもです、旦那様の影が薄すぎぃ〜〜!
がんばれ!旦那様!!

はははぁ、なんちゃってね。。
ここでは二人とも仲良しで〜す。
信頼しあい、尊敬しあっていま〜す。
短所を長所に変える魔法の目を持っていて、
労わりあい、優しい言葉かけも出来る、
成熟したご夫婦ってことで行きます。

だからこそですよね。旦那様の心配がわかるわぁ。
だってさ、カルメル山とシュネムの距離よね。 
聖書の付録の地図で見ると、直線で60km以上あるみたい。
                      どうですか?
最近は、
エルサレムからカルメル山まで日帰りバス観光ができるそうですが、
シュネムはそのちょうど中間くらい。
バスがそのころあれば、すぐ行って、帰ってこれるでしょうが・・・。

昔の日本人は健脚で、
32〜40kmを約8〜10時間で歩いて行ったとか・・・

彼女は、彼女はですよ、ロバに乗って行ったんですよね。
従者に手綱を握らせて。
ただ気ばかりあせっていたのではないかしら?
それに山伝いに行ったのか?
いったん海沿いに出て、海岸伝いにいったのか?

とにかく日帰りなんて出来っこないっちゅうの!!
だからこそ、エリシャさんたちを泊めたわけでしょうからね。

ただただ、子供を助けたい。
母親としての一心が、髪振り乱して、行っちゃったわけだ。
でね、エリシャさんが気づいて、

    おや、どうしたのだ、
    シュネムの女主人がやってくるぞ、
    ゲハジ、急いで出迎えに行ってきなさい。

てなわけですね。

    奥様お元気ですか?
    ご家族の皆様にお変わりありませんか?

    まあ、お出迎え、ありがとうございます。
    はい、私も夫も子供も元気です。
    でも、急用ができまして、
    エリシャ様にお取次ぎを願います。

彼女は、例の笑顔で微笑んだものの、
すぐに険しい顔になったのを見て、
ゲハジもただならぬものを感じ、
口をつぐんだ。

彼女はエリシャの姿を認めると、急に走り出し、
ひれ伏して、彼の足元にすがりつき、泣き出した。

    あっ! ああ〜っ! な、なんてことを!
    これ!やめなさい!!
    先生、済みません。

ゲハジは慌てて駆け寄って、
女主人をエリシャから引き離そうと手を伸ばすと、
エリシャは静かに言った。

    このままでかまわない。
    彼女の感情が静まるまで待つのだ。
    神様は彼女の苦しみを、まだ私にお告げにならないから。

ひとしきり涙を流した彼女は、
自分の状態に気づいて、慌てて身を引いた。
そうして乱れた服をもどかしく整えながら言った。

    エリシャ様、あなた様が私に子供が与えられるとおっしゃられた時、
    私は、「おからかいにならないで」と申したはずです。
    ですのに・・・

女の目から再び涙が溢れてきて、言葉が途切れた。

    ゲハジ!!
    この私の杖を持って急いでシュネムに行きなさい。
    幼子の上にこの杖を置いて祈るのだ。
    途中で知り合いにあっても挨拶をするな。
    

ほ、凄い!
彼女の言葉で、わかっちゃいました。
エリシャ様ってやっぱり凄い!!

ゲハジは慌てて、エリシャから杖を受け取ると、
あわただしくシュネムに向いました。
その後姿がまだ消えないうちに女は言った。
    
    エリシャ様!!
    あなたが一緒でなければ、私は家には帰りません!

女の決心が固いことを知ったエリシャは、旅支度をはじめた。
二人が道半ばまで来たとき、
ゲハジが青い顔をしながら帰ってくるのに出くわした。

    だめです! 子供はピクリともしません。
その言葉に、女は慌てなかった。
ただジッとエリシャを見つめ、
エリシャはまっすぐ目をシュネムに向けて、
再び歩き出した。

エリシャは、
シュネムの子供が横たわる部屋に一人で入り、
戸を閉じて、主に祈った。
そして、子供の上に覆いかぶさった。
しばらくすると、小さな体に温かみが戻ってきた。
エリシャは起き上がり、
部屋の中をゆっくりと歩き回りながら祈った。
それから再び子供の上に身を横たえたとき、
「クッチュン」と子供が小さなくしゃみをした。  

エリシャはニコリと笑って、立ち上がった。
すると、子供は続けざまに七回もくしゃみをして、
不思議そうにエリシャの顔を見上げたのだった。

ゲハジは自分の力のない信仰のゆえに、
頭を下げるしかありませんでした。
そして、心、新たに入れ替えて、
エリシャに従い学ぶ決心をしたのでした。

でもね、彼、エリシャさんの顔に泥を塗って、
とんでもないことになっちゃうのです。
それは後ほど。